セミナー

【5/17】廉価な成長因子を開発するスタートアップNUProtein社セミナー開催のお知らせ

 

本セミナーは終了しました

セミナー視聴をご希望の方はこちらの記事よりご確認ください。

 

 

食料危機、環境問題の解決として注目される培養肉には世界的に注目が集まっており、昨年には過去最高の14億ドル(約1740億円)の投資が集まった。

培養肉の生産では、細胞の増殖、分化に必要な成長因子が高額なことがボトルネックとなってきた。成長因子の低コスト化・大量生産に焦点をあてるスタートアップは増えており、その1社が徳島を拠点とするNUProtein(エヌユープロテイン)だ。

NUProteinは製粉所で発生する小麦胚芽を活用し、従来の3000分の1の製造コストで成長因子を製造する技術を有している。

第5回Foovoセミナーでは、NUProtein代表取締役の南賢尚氏と徳島研究所研究員の板谷知健氏をお招きし、成長因子で海外進出を狙う同社の取り組み、今後の事業展開、技術的な強みなどについてお話いただく。

 

■セミナー概要

テーマ:コムギ胚芽由来の廉価な成長因子の提供による培養肉・魚肉産業への貢献

日時 2022/5/17(火)10:00-11:00
場所 オンライン(Zoomウェビナー)
対象 Foovo会員の方

 

■当日の流れ(予定)

10:00~10:05 開始の挨拶:Foovo佐藤

10:05~10:35 NUProtein代表取締役・南賢尚氏講演(30分)

10:35~10:45 NUProtein研究員・板谷知健氏講演(10分)

10:45~11:00  ZoomQ&Aによる質疑応答

 

■登壇者

NUProtein株式会社 代表取締役・南賢尚氏

名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学、経営学修士

関西家電メーカーにおいてSDカード、DVD、Blu-ray等の技術開発と異種業界を含めた標準化活動、ライセンスボディー運営の経験を活かし、無細胞タンパク質合成系を共創主体のプラットフォーム技術として世界展開を目指す。

 

NUProtein株式会社 研究員・板谷知健氏

名古屋大学理学研究科生命理学専攻博士後期課程単位取得満期退学、農学修士

生化学・分子生物学の知識を活かし、コムギ胚芽抽出液を用いた成長因子の合成・開発を担当。培養液のコストの大部分を占める高価な成長因子を廉価に提供することにより、様々な培養肉の生産を介した持続可能な開発目標に貢献することを目指す。

 

■参加方法・ご連絡事項

●Foovo会員限定のセミナーとなります。

●セミナー参加のための会員登録は13日(金)中にお願いします

●会員の方には4月末までに質問用アンケートをお送りしますので「セミナーでいちばん知りたいこと2つ」をご入力ください(任意)。事前質問はセミナー前にゲストに共有します。

●開催前日までにメールで参加URLをお送りします。

●リアルタイムで見られない方向けに開催後アーカイブ配信します(2週間)。

 

これからFoovo会員にお申込みされる方はこちらからお願いします。

※現在会員の方は別途の手続きは不要です。

 

■主催

主催・運営:フードテック専門メディア「Foovo」(Foovo合同会社)

 

セミナーに関するお問い合わせは下記までお寄せください。

contact@foovo.co.jp

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約…
  2. 細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2…
  3. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  4. Motif FoodworksがSolar Biotechとの提…
  5. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  6. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  7. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  8. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…

おすすめ記事

培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金を調達、仏政府も支援

培養フォアグラを開発するフランス企業Gourmeyが1000万ドル(約11億円)…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Cultureが約28億円を調達

アニマルフリーなモッツアレラチーズを開発する米New CultureはシリーズA…

精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotechと提携、アニマルフリーな乳タンパク質の生産を強化

精密発酵によりアニマルフリーな乳タンパク質を開発するFormoは、バイオテクノロ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/25 19:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/26 13:10時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/26 01:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/26 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP