Foovo Deep

米Jellatech、細胞培養によりヒトコラーゲンの開発に成功

 

細胞培養によるコラーゲンを開発する米Jellatechは今月、独自の細胞株から、三重らせんで生物学的に同等かつ機能的なヒト全長コラーゲンの開発に成功したことを発表した

Jellatechは昨年6月、ウシ全長コラーゲンの生産に成功した。ウシコラーゲンの成功から8ヵ月後、Jellatechはヒトコラーゲンを細胞培養により作り出すことに成功した。

現在流通しているコラーゲンは牛、豚、家禽、海洋生物由来であり、牛由来のコラーゲンの割合が最も多い。コラーゲンは、食肉処理場で発生する副産物を原料に作られており、家畜や水産資源がコラーゲンの原料供給を支えていることになる

Jellatechは細胞農業により、天然コラーゲンの生産プロセスから動物を排除し、より持続可能でスマートな高品質コラーゲンの生産を目指している。

プレスリリースによると、ヒトコラーゲンは、組織工学、関節炎治療、再生医療、ダーマルフィラー(皮膚充填剤)、バイオ3Dオプリンティングなど、生物医学・臨床分野で幅広く使用されている。

創業者兼CEOのStephanie Michelsen氏 手にしているのは細胞培養ウシコラーゲン 出典:Jellatech

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Jellatech

 

関連記事

  1. イスラエルのBELIEVER Meats、アメリカで世界最大の培…
  2. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  3. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…
  4. 【現地レポ】精密発酵乳タンパク質を使用したミルクを試食@シンガポ…
  5. 米Pairwise、アメリカ初のCRISPR編集食品を発売
  6. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  7. ユニリーバのBen & Jerry’s、アニマルフリー…
  8. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメ…

農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが約24億円を調達

農業廃棄物をアップサイクルしてさまざまな成分に変えるComet Bioがシリーズ…

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月開催

今月7日、培養うなぎの開発に取り組む北里大学海洋生命科学部の池田大介准教授にFo…

菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprouts Farmers Market全店舗に導入

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは、アメリカのスーパーマーケ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/22 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP