代替プロテイン

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

 

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁獲量の生産量に余裕がある状態」の割合が7%しかないのに対し、「上限近くまで漁獲され、これ以上の生産量増大の余地がない状態」が59.9%、「過剰漁獲」が33.1%を占める。

つまり、水産資源の約90%が完全に利用されているか枯渇しているか、または乱獲されている

持続可能な状態にある海洋水産資源(グラフの青色部分)は、1974年の90%から2015年には66.9%まで落ちており、減少の一途をたどっている

このままではいずれ水産物が獲れなくなる可能性があり、海洋のプラスチック汚染問題に加えて、水産資源の枯渇は深刻な問題となっている。

こうした持続不可能な生産システムに歯止めをかけるために、世界各国でスタートアップ企業が動き始めている。

その1つが、今回紹介する代替魚の代表プレーヤーGood Catchだ。

6つの豆タンパク質から代替魚を開発

出典:Good Catch

Good Catchは2016年に設立されたアメリカのスタートアップ企業で、植物ベースの代替魚を作ることで「犠牲なき水産物」を提供したいとしている。

Good Catchは

●細長く刻まれたツナ(Naked in Water、地中海、Oil & Herbsの3つの味)

●クラブケーキ(カニ肉をパン粉、牛乳などと混ぜて作るアメリカ料理)

●バーガー用のフィッシュパテ

 

の3商品を開発している。

すべて100%植物材料を使っており、クラブケーキとフィッシュパテは冷凍食品だ。

主原料は下記の6つの豆植物を使っている。

えんどう豆

大豆

ひよこ豆

レンズ豆

そら豆

白いんげん豆

 

同社ホームページによると、6つの豆タンパク質を独自の比率でブレンドすることで、水産物そっくりな食感を再現しているという。

フィッシュフリー・代替魚と聞くと、魚由来の有用な成分であるDHAなどが含まれないと思うかもしれないが、しっかり入っている。

Good Catchは海藻由来の藻類オイルから、DHAとオメガ3脂肪酸を抽出している。

6つの豆タンパク質をブレンドすることで食感を再現し、魚由来の有用成分も含んだ製品は、現在、米国・カナダ・ヨーロッパで販売されている。

2020年にカナダ・欧州へ進出

出典:Good Catch

2020年はGood Catchにとってニュースの連続だった。

2020年1月にイギリスの小売大手テスコ300店舗で販売を開始

同年10月には、カナダの大手小売Loblawsを含む640店舗で取り扱いを開始。カナダで2番目に大きいスーパーSobeys450店舗にも導入予定であることを発表している。

また、アメリカの100%プラントベースのレストランVeggie Grillと提携し、Good Catchの代替ツナを使ったメニューを販売した。これはGood Catchが飲食店と提携した初の事例となる。

出典:Good Catch

12月にはオランダ・スペインへ進出

オランダ最大のスーパーマーケットAlbert Heijnをはじめとする70店舗、スペインのスーパーマーケットSanchez Romeroで販売を開始した。

欧州進出に先立ち、自社のECサイトもオープン。これにより、米国全土でGood Catchの代替ツナをネットで購入できるようになった。

ECサイトでは現在、代替ツナのみを販売しているが、今年中に他の製品の取り扱いも開始する予定だ。

Good Catch はさらに、米オハイオに約4000㎡の生産工場を建設し、全面稼働している。

この工場では代替ツナ、クラブケーキ、フィッシュパテなどを製造し、さらなる代替魚の需要にこたえるとしている。年間1億ドル(約100億円)の事業収益を生み出すと予想される。

このほか、Good Catchの親会社となるGathered Foodsは、昨年3月に北米最大の水産物加工会社Bumble Bee Foodsと提携を発表

この提携によって、Good Catchの商品がアメリカ、カナダでさらに多くの消費者にリーチできるようになった。

このように、2020年は国内外の販売ルート拡大で躍進が続いた。

これまでに5回の資金調達ラウンドを実施

Good Catchはこれまで5回の資金調達ラウンドで総額5070万ドルを調達している。

主な出資者には、アメリカのベンチャーキャピタルRocana Venture Partners、代替製品に力を入れるベンチャーキャピタルStray Dog Capital、動物農業を代替するサービスに投資するNew Crop Capitalなどがいる。

代替タンパク質市場では、代替魚が占めるシェアはまだ全体の1%にすぎないが、ざっと数えるだけで25社のスタートアップが代替魚の開発に取り組んでいる

この中には、スウェーデンのHookedのようにレストランでの販売を開始するとしている企業もある。

日本では代替肉という言葉を耳にすることが増えたが、「代替魚」「フィッシュフリー」という言葉は聞く機会はほぼない。

刺身発祥の地・日本からも代替魚に取り組む企業が増えてくれたら嬉しい。

 

参考記事

Good Catch’s Vegan Seafood Expands to Europe

Good Catch Foods Opens 42,500 Square Foot Plant-Based Seafood Facility

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Good Catch

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  2. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  3. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  4. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  5. イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場…
  6. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  7. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  8. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…

おすすめ記事

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP