代替プロテイン

スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売

 

スイスの小売大手ミグロスが植物性のゆで卵の発売を発表した。ミグロスの子会社ELSAによってスイスで製造されるビーガンゆで卵は今月よりスイスの小売で販売される。

ビーガンゆで卵は「The Boiled」という名称で、ミグロスのプラントベースブランド「V-Love」の1つとして販売される。主原料は大豆で、14の素材を使用している。

ミグロスの複数店舗で今月より販売され、1パック4個入りで4.4スイスフラン(約548円)となる。ミグロスで販売される動物性卵は6個入り2.95フラン(約367円)で、「The Boiled」は約2倍高い価格となる。

出典:ミグロス

「The Boiled」を実際に食べた人は、「驚くほど本物と似ているが、(白身は)タンパク質の硬さが異なり、やや噛み応えに欠ける。黄身の部分は小麦粉のような柔らかさ、粘り気があり、紛らわしいほど似ている」とコメントしている。

ミグロスは昨年プラントベースブランド「V-Love」を展開、植物ベースのひき肉、ナゲット、カルパッチョから世界初となるひよこ豆ベースのヨーグルトまで幅広く展開している。

最近では植物性代替食品だけでなく、ジボダン、ビューラーと共同でチューリッヒに培養肉工場の建設を発表するなど、細胞農業製品の参入も進めている。

出典:ミグロス

今回発表したビーガンゆで卵について、ミグロスは「世界初」だとコメントしているが、シンガポールのOsomeFoodがマイクプロテインを使ったビーガンゆで卵をミグロスに先立ち発売している。

GFIが発表したアメリカ市場のデータによると、植物性代替卵の市場シェアはまだ小さいが急速に伸びており、2019年から2020年にかけて売上が約2.7倍に伸びた。

代替卵の代表格とされるアメリカのイート・ジャストが開発した代替卵JUST Eggは、今年上半期までの時点でアメリカの2万箇所を超える小売で販売されている。同社は先日、ヨーロッパにおける代替卵製品の販売許可を欧州食品安全機関(EFSA)より取得、来年半ばよりヨーロッパの複数国でJUST Eggの販売を開始する。

参考記事

Migros Launches Plant-Based Hard-Boiled Egg. Watch This Video To See How It’s Made

Switzerland’s Largest Retail Company Migros Launches Plant-Based Boiled Egg

Die Migros präsentiert das erste Ei auf Pflanzenbasis – wir haben es probiert

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ミグロス

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉企業MeaTechがベルギーに培養脂肪のパイロット工場を建…
  2. 代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foods…
  3. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  4. モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コス…
  5. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  6. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  7. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…
  8. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…

おすすめ記事

Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達

上海のHaofoodはピーナツタンパクを用いたビーガンチキンで、350万ドル(約…

Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の試運転をスタート

培養肉用の足場を開発するエストニアのGelatexは先月、ナノファイバー材料の開…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

分子農業(Molecular Farming)とは、植物を「バイオリアクター」「…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP