代替プロテイン

スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売

 

スイスの小売大手ミグロスが植物性のゆで卵の発売を発表した。ミグロスの子会社ELSAによってスイスで製造されるビーガンゆで卵は今月よりスイスの小売で販売される。

ビーガンゆで卵は「The Boiled」という名称で、ミグロスのプラントベースブランド「V-Love」の1つとして販売される。主原料は大豆で、14の素材を使用している。

ミグロスの複数店舗で今月より販売され、1パック4個入りで4.4スイスフラン(約548円)となる。ミグロスで販売される動物性卵は6個入り2.95フラン(約367円)で、「The Boiled」は約2倍高い価格となる。

出典:ミグロス

「The Boiled」を実際に食べた人は、「驚くほど本物と似ているが、(白身は)タンパク質の硬さが異なり、やや噛み応えに欠ける。黄身の部分は小麦粉のような柔らかさ、粘り気があり、紛らわしいほど似ている」とコメントしている。

ミグロスは昨年プラントベースブランド「V-Love」を展開、植物ベースのひき肉、ナゲット、カルパッチョから世界初となるひよこ豆ベースのヨーグルトまで幅広く展開している。

最近では植物性代替食品だけでなく、ジボダン、ビューラーと共同でチューリッヒに培養肉工場の建設を発表するなど、細胞農業製品の参入も進めている。

出典:ミグロス

今回発表したビーガンゆで卵について、ミグロスは「世界初」だとコメントしているが、シンガポールのOsomeFoodがマイクプロテインを使ったビーガンゆで卵をミグロスに先立ち発売している。

GFIが発表したアメリカ市場のデータによると、植物性代替卵の市場シェアはまだ小さいが急速に伸びており、2019年から2020年にかけて売上が約2.7倍に伸びた。

代替卵の代表格とされるアメリカのイート・ジャストが開発した代替卵JUST Eggは、今年上半期までの時点でアメリカの2万箇所を超える小売で販売されている。同社は先日、ヨーロッパにおける代替卵製品の販売許可を欧州食品安全機関(EFSA)より取得、来年半ばよりヨーロッパの複数国でJUST Eggの販売を開始する。

参考記事

Migros Launches Plant-Based Hard-Boiled Egg. Watch This Video To See How It’s Made

Switzerland’s Largest Retail Company Migros Launches Plant-Based Boiled Egg

Die Migros präsentiert das erste Ei auf Pflanzenbasis – wir haben es probiert

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ミグロス

 

関連記事

  1. 培養肉企業MeaTechがベルギーに培養脂肪のパイロット工場を建…
  2. GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工
  3. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  4. Wilk、細胞培養乳脂肪を使った「世界初」のヨーグルトを開発する…
  5. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  6. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…
  7. 動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億…
  8. ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来…

おすすめ記事

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

Nowadaysが約9億円を調達、健康的な植物性チキンナゲットの展開を加速

「普段買い物をする消費者は、『動物福祉や持続可能性などについて関心を持っている』…

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と植物性マグロの販売を拡大へ

植物由来や細胞培養の代替シーフードを製造するアメリカのFinless Foods…

ベースフードをお試しした感想⇒継続決定【まずいは嘘】|口コミ・評判

話題の完全栄養食ベースフード(BASE FOOD)のスタートセットを試してみまし…

植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性の伸びるチーズと霜降り肉技術の使用権を獲得

Motif FoodWorksは植物肉・植物チーズをより本物に近づける技術の独占…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP