Foovo Deep

米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開発

 

アメリカのバイオテック企業Checkerspotは微細藻類の発酵により、ヒト乳脂肪を模倣した成分開発における「画期的な成果」を「Frontiers in Nutrition」に発表した

論文は、「微細藻類の発酵によるヒト乳脂肪類似体の開発と大量生産(Development and large-scale production of human milk fat analog by fermentation of microalgae)」というタイトルで発表された

Checkerspotが開発したのは、OPO1,3-ジオレオイル-2-パルミトイルグリセロール)というヒト乳脂肪に存在する重要なトリアシルグリセロールの類似体だ。これを、独自に開発した微細藻類株で生成することに成功した。

Checkerspotの研究成果を理解する前に、まず脂肪であるトリアシルグリセロール(TAG)母乳におけるTAGの独自構造について見てみよう。

ヒト乳脂肪の構造の再現が難しい理由:sn-2

出典:Checkerspot

TAGはシンプルにいうと脂肪だ。体脂肪の主成分であり、エネルギー貯蔵や、体温の維持、外部からの衝撃に対し体を守る役割を果たしている。

TAGはもちろん母乳中にも存在し、トリグリセリド、トリアシルグリセロールとも呼ばれる。

TAGは、グリセロールという化合物に3つの脂肪酸が結合した構造をとっている。3つの脂肪酸が結合する場所は下記の通り、sn-1(α位)sn-2(β位)sn-3(α位)と呼ばれる。

Foovo作成

今回のニュースのポイントは、β位(sn-2)だ。

私たちの生体内には、脂肪酸が結合するα位(sn-1、sn-3)、β位(sn-2)を区別する働きがある。例えば、α位に結合している脂肪酸は吸収されにくいのに対し、β位(sn-2)に結合している脂肪酸は吸収されやすいというように。つまり生体には、TAGに結合する脂肪酸の位置を区別して、一部の脂肪酸のみを分解するという特徴がある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Checkerspot

 

関連記事

  1. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  2. 乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業…
  3. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  4. 中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット…
  5. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  6. Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを初発…
  7. 二酸化炭素を使用して代替脂肪を開発するスウェーデンのGreen-…
  8. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsが資金調達難で事業を停止

培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsが今月、資金調達難から事業を停止したこ…

CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品の開発を加速

魚介類の培養肉スタートアップCellMEATは今回、シリーズAの投資ラウンドを終…

再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養肉」をテーマに集結

先月開催された第21回日本再生医療学会総会では初の試みとして、「培養肉開発の現状…

オーストラリアのVowが約67億円を調達、来年始めにシンガポールで培養肉発売へ

オーストラリアの培養肉企業Vowは、シリーズAラウンドで4920万ドル(約67億…

砂糖削減・代替砂糖ソリューションを開発するスタートアップ企業13社まとめ

砂糖の過剰摂取による健康上の不安から、砂糖のイノベーションに取り組むスタートアッ…

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP