代替プロテイン

インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

 

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズが、新たにインポッシブル・ソーセージを小売で販売した。

新商品インポッシブル・ソーセージは、クローガー、Ralphs、King Soopers、Fred Meyer、Safeway、Albertsonsなどアメリカ全土の小売で取り扱われる。インポッシブルフーズの新商品が小売に導入されるのは、インポッシブル・バーガー以来。

インポッシブル・ソーセージは塩味(Savory)、スパイシー(Spicy)の2つの味があり、1個約400gあたり5.99ドル。既存の豚肉ソーセージと比較して、カロリーは30%、総脂肪は47%、飽和脂肪酸は43%カットされている。

出典:インポッシブルフーズ

2020年CESで初発表されたのち、去年にはスターバックスやバーガーキングのメニューに採用されていた。競合のビヨンドミートもソーセージ商品を販売しているが、インポッシブル・ソーセージはひき肉タイプで、あらかじめ形状が整われていない。

製品名にソーセージとあるが、味付けされた「ひき肉」に近い。

同社は、ひき肉タイプのソーセージがないことが「市場の空白」であると考えた。製品の形状を限定しないことで、煮物やサンドイッチなどさまざまな用途が広がると考え、ひき肉形状にしたとしている。

インポッシブ・ソーセージは、畜産と比べ生産に使用する土地が41%、水が79%少なく、排出される二酸化炭素量は71%少ない。

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズの代替肉には、「ヘム」という遺伝子組み換え技術を活用した独自成分が含まれている。「ヘム」は植物肉を「血の滴る」植物肉に変えるコア成分であり、同社の代替肉を本物に近づけるうえで重要な役割を果たしている。

しかし、製造に遺伝子組み換え酵母を使用しているため、欧州や中国など規制の厳しい市場への参入障壁となっている。こうした現状から、当面はアメリカ市場での展開に注力し、年末までにアメリカ国内の販売箇所を13,000店舗に増やす考えだ。

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズは7月に新商品チキンナゲットを発表した。チキンナゲットは秋にレストランで提供された後、スーパーなど小売での展開を開始する。チキンナゲットは白身肉のため「ヘム」は使用されていない。年内には同社の商品ラインナップは、バーガー、ソーセージ、チキンナゲットとなる。

インポッシブルフーズは2016年にレストランで販売後、全国規模のハンバーガーチェーンであるバーガーキングのパテとして採用された。現在は、アメリカの2万箇所を超えるスーパーで販売され、5カ国に進出している。

オーストラリア、ニュージーランドへの進出準備も進めており、今後数ヵ月以内に上場すると予想されている。

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズの創業者・CEOのパトリック・ブラウン氏は、独自成分「ヘム」を他社へライセンス供与する可能性もあることに以前、オンラインイベントで触れている。

現在、ヘムを他社へ販売しないのは余裕がないからであり、

「全体的に植物肉の入手のしやすさ、競争性を加速させるためにできることがあれば何でも喜んでやるし、今後数年以内にこの方向へ舵を切ったとしても全く驚きではない」

コメントしている

一方、培養肉についてブラウン氏は、否定的な見方を貫いている。

 

参考記事

Impossible Foods Launches its Plant-Based Impossible Sausage at Retail

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:インポッシブルフーズ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-…
  2. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】
  3. 代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販…
  4. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…
  5. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  6. ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売
  7. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…
  8. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…

おすすめ記事

培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

オランダの培養肉企業モサミートが、培養脂肪用培地のコストダウン成功を発表した。…

韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得

韓国の培養肉スタートアップ企業であるSpace Fは、パートナー企業の4社ととも…

MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩「MicroSalt®」を開発

アメリカ人は1日平均3.4gの塩分を摂取しているといわれる。これはFDA…

バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが約3.5億円を調達

スペインのスタートアップ企業であるCocuusは、プレシリーズAで250万ユーロ…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP