ロボット

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

>> <<

 

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフォームを発表した。

このプラットフォームは、自動化されたロボットメイクラインで、レストランが追加のスペースを設けることなく、食事をすばやく正確に準備し、スタッフがより重要なことに注力できることを目的としている。

Hyphenのロボットメイクラインは、デジタル注文、在庫管理まで行い、1時間あたり350食を生産できる。

Apple、Sweetgreen、SpaceX、Tesla、Uber、Instacart、Postmatesなどの企業のロボット工学、フードサービス、フードテック技術によって構築され、今年冬にアメリカ全土に展開される。

出典:Hyphen

わかりやすいイメージとしては、サラダなどトッピングを選べるカウンターで注文する場合を想像してもらいたい。

通常は、スタッフが指定されたトッピングをプレートに取りわけてくれる。Hyphenのロボットメイクラインでは、カウンター内部で、カウンターのトレーから材料が自動的にプレートに割り当てられる。これにより、レストランのカウンターでの取り分け作業を増やすことが可能となる。

Hyphenのロボットメイクラインは、取り分けミスや作業中の汚染がなく、レストランの既存のメイクラインと簡単に交換できる。

 

モジュラー式であるため、レストランのスペースに応じて設置するロボットメイクラインの長さを変えることができる。モジュールは用途に応じて複数用意されており、加熱モジュール、ラベル貼り付けモジュール、ドリンクモジュールなどを組み合わせることができる。

レストランの作業から人を除くのではなく、スタッフが重要な「おもてなし」により時間を費やすことを目的としている。

Hyphenのロボットメイクラインの導入初期費用は1万ドル。設置後の利用料金は公開されていない。

出典:Hyphen

今後数ヵ月かけて、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、フェニックスに導入される予定。

海外メディアThe Spoonの報道によると、パートナー企業8社と契約しており、うち7社はファストカジュアルレストランとなる。

HyphenはもともとOno Foodという社名で、ロボットフードトラックを運営していた。

このトラックは移動する自動スムージー製造トラックで、新鮮で手頃なスムージーを一般の人々に届けることを目指していた。しかし、発売から数ヵ月で新型コロナウイルスが発生し、操業停止を余儀なくされた。

出典:Hyphen

共同創業者・CEOのStephen Klein氏は新型コロナウイルスがレストラン業界にとって何を意味するか考え、ビジネスモデルの転換を決意した。

クランチベースによると、Hyphenは2018年にDaniel Fukuba氏Stephen Klein氏が立ち上げたカリフォルニアのスタートアップ企業。

直近の資金調達は2020年8月のシードラウンドで、調達総額は1000万ドル(約11億円)となる。

 

参考記事

Ono Food Rebrands as Hyphen, Launches Makeline Food Assembly Robot to Work in Tandem with Humans

Hyphen Launches the World’s First Robotic Makeline—Allowing Restaurants and Foodservice Operators to Make Meals Within Seconds

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Hyphen

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…
  2. Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBar…
  3. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  4. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  5. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  6. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  7. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.9億円を調達

「10年前にテスラが登場したとき、テスラは車を持つ人すべてをターゲットにはしていませ…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP