代替プロテイン

Oatlyがオーツ麦由来のソフトクリームをイギリスで発売

 

オーツミルクで有名なスウェーデン企業Oatlyは今月、イギリスでソフトクリームの発売を発表した。

Oatly Vanilla Soft Serve」はオーツ麦をベースとした液体製品で、ソフトクリームマシンに注いで使用する。Oatly Vanilla Soft Serveソフトクリームは今年4月、ロンドンコーヒーフェスティバルで初めて発表された。Oatlyによると、オーツ麦由来のソフトクリームは、「冷たくクリーミーな食感」で、大豆や動物成分は含まれていない。

現在、The Breakfast ClubFortnum & Masonなどで販売されているほか、ルイス・ハミルトン氏やレオナルド・ディカプリオ氏が支援するプラントベースバーガーショップNeat Burgerや抹茶バーのJENKIでも使用されるという。

Oatlyは今年5月、「他の地域での取り組み、マーケティング、製品イノベーションを優先する」ため、イギリスにおけるアイスクリーム容器から撤退することを発表した際、今年後半にソフトクリームを発売することを発表していた。

Vegconomistの報道によると、Oatlyは今年夏、新製品をイギリス全国へ展開する計画を立てているようだ。

オーツ麦由来のクリームチーズを全米で発売

出典:Oatly

Oatlyは今月、オーツ麦をベースとしたクリームチーズをアメリカで発売した。乳製品を一切使用せずに、「従来のクリームチーズの風味と際立つ美味しさを備えている」とOatlyはプレスリリースで述べている。

アメリカの研究開発チームが1年以上かけて開発したもので、本物のクリームチーズを可能な限り模倣した植物性クリームチーズとなる。

Oatlyクリームチーズは今月から今年後半にかけて、全米の小売店で販売される。

「Oatlyは常に、美味しいプラントベース食品を提供する最前線に立っており、今回の新製品も例外ではありません。アメリカで新しいクリームチーズを発売できたことを非常に嬉しく思います。アメリカは、より多くのプラントベース食品を食べる機会を消費者に提供するという当社の目標を拡大するだけでなく、オーツ麦製品の多様性とチャンスを証明しつづけています」

(Oatly北米代表のMike Messersmith氏)

 

参考記事

Oatly Launches Oatly Vanilla Soft Serve Ice Cream Into UK Food Service

Oatly Launches New Plant-Based Cream Cheese in the US

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Oatly

 

関連記事

  1. 中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barn…
  2. ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設
  3. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  4. 中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培…
  5. Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使…
  6. 培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼…
  7. レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmen…
  8. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM

デンマークのフードテック企業FÆRMは、伝統的なチーズ製造プロセスと酵素の力で、…

MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プラント建設を年内に開始

イスラエルの培養肉企業MeaTechは、子会社のPeace of Meatが新た…

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech …

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP