Foovo Deep

オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン

 

オーストラリアの培養肉スタートアップVowは、年間30トンの培養肉を生産できる同社初の工場を開設した。「Factory 1」と名付けられたこの工場はオーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー郊外のアレクサンドリアに位置する。

Vowは100倍の培養肉を生産できる「Factory 2」の建設準備も進めており、「Factory 2」は2024年に稼働する予定だという。

Vow、南半球最大の培養肉工場をオープン

「Factory 1」のオープニングにはニューサウスウェールズ州財務相のMatt Kean氏が参加した。Vowによると、この工場は南半球では最大規模の培養肉工場になる。

畜産による温室効果ガス排出や土地利用がもたらす環境負荷を軽減するため、国内外で培養肉の開発が進んでいる。多くの培養肉企業は、牛肉、豚肉、鶏肉を開発対象としているが、Vowはカンガルー、アルパカ、ヤギ、スイギュウなど一般には食されない種の培養肉を開発している点で他社と一線を画している。

同社は一般に食される畜産肉が動物全体の0.02%に過ぎないことに着目し、これ以外の動物でもベストな食体験を実現できる可能性があると考えている。これまでに、ヤギ、豚、カンガルー、ウサギ、子羊、アルパカを使った料理のデモンストレーションを実施している。

Vowの共同創業者Tim Noakesmith氏は、「当チームは非常に美味しい最初の製品を開発しました。今、それを大規模に生産する能力があります。1ヵ月後に世界に向けて発表できるのが楽しみです」とコメントしている。

最初の製品は培養ウズラ肉か

カンガルー肉をつかったシュウマイ 出典:Vow

Vowの最初の製品は培養ウズラ肉になる可能性がある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Vow

 

関連記事

  1. ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設
  2. 高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Te…
  3. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  4. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…
  5. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  6. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  7. 代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発…
  8. パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-serv…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

インテグリカルチャーが培養フォアグラの開発に成功、試食を実施

培養肉を開発する日本のインテグリカルチャーは今月、アヒル肝臓由来細胞を培養した培…

Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉工場建設へ

世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポール企業Esco Asterが、20…

ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチミツの開発とターゲット市場

「地球上からミツバチが消えたら、人間は4年しか生きられない」というアインシュタイ…

FAOとWHOが培養肉の安全性に関する新レポートを発表

国連食糧農業機関 (FAO)と世界保健機関 (WHO)は今月、共同開催したウェビ…

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自己認証を取得、乳製品では3社目

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyがアメリカ食品医薬品局(FDA)の…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP