Foovo Deep

精密発酵により代替タンパク質を開発する企業23社

 

微生物発酵は、代替タンパク質における第3の柱として注目される。発酵ベースのタンパク質開発に取り組む企業は2019年、2020年の2年で特に急増しており、51社中、半数以上の28社が過去2年に登場した。

この2年、発酵タンパク質企業が増えている 出典:GFI

 

国別ではアメリカ、イスラエルにスタートアップが集中している(GFIのリストには日本企業はない)。

出典:GFI

 

これらの企業は、従来の発酵技術、バイオマス発酵、精密発酵を活用した企業をまとめたものとなる。この3領域において、近年、特に注目されるのが精密発酵技術といえる。上記グラフの51社中、23社が精密発酵企業となる(本記事では23社を紹介)。

精密発酵とは、微生物を「生産工場」として目的のタンパク質を生成させることを指す。

Rethink Xの報告書は、精密発酵を含む食のイノベーションによって、2030年までに牛製品の需要は70%落ち込み2035年までに80%~90%減少すると予測。

出典:Rethink X

2030年までにアメリカの家畜牛数が半減し、ほかの畜産市場も同様の軌跡をたどるとしている。一方で、精密発酵産業が2030年までに最低70万の仕事を創出すると予想している。

Rethink Xが報告する精密発酵が畜産にもたらすインパクトの詳細については別記事で改めてまとめることとして、本記事では現在、世界に登場している精密発酵のスタートアップ企業をまとめた。

 

より詳細な、網羅された情報をお求めの方はこちらをご確認ください

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

  1. 培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月…
  2. 奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き…
  3. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  4. Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内の…
  5. 藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Food…
  6. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…
  7. ScaleUp Bio、微生物発酵の商用施設についてシンガポール…
  8. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチーズを開発

シンガポールを拠点とするSophie’s BioNutrientsは、微細藻類を…

Wilkが細胞培養による乳脂肪を使用したヨーグルト開発に成功

細胞培養によりヒト、動物の乳成分を開発するイスラエル企業Wilk(ウィルク)は、…

韓国政府、2022年の国家計画に培養肉のガイドラインを追加

韓国の食品医薬品安全処が、国家計画に初めて代替タンパク質に関するガイドラインを盛…

スペインのLibre Foodsが菌糸体由来の代替鶏胸肉を発表、2024年に発売へ

菌糸体を活用して代替肉を開発するスペイン企業Libre Foodsは先月、欧州初…

廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、スケールアップを前倒しで完了

代替タンパク質などの必需品を持続可能な方法で生産するアメリカの気候テック企業Hy…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP