Foovo Deep

モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コストの1/100削減を見込む

 

オランダの培養肉企業モサミートと同社のパートナー・投資会社であり水産飼料大手Nutrecoは、EUから助成金を受けたことを発表した。

この助成金は培養肉の開発において最も高価とされる培地コスト削減の研究開発に対するもので、約200万ユーロ(約2億6000万円)となる。

Nutrecoはオランダを拠点とする動物・水産飼料の大手企業で、モサミートの主要出資者となる。2社が培養肉開発の主要課題の1つである、生産コスト削減に取り組む共同プロジェクト

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  2. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  3. スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開…
  4. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…
  5. SuperMeatの培養肉試食に特化したレストランがオープン|顧…
  6. イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供
  7. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  8. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…

おすすめ記事

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP