Foovo Deep

モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コストの1/100削減を見込む

 

オランダの培養肉企業モサミートと同社のパートナー・投資会社であり水産飼料大手Nutrecoは、EUから助成金を受けたことを発表した。

この助成金は培養肉の開発において最も高価とされる培地コスト削減の研究開発に対するもので、約200万ユーロ(約2億6000万円)となる。

Nutrecoはオランダを拠点とする動物・水産飼料の大手企業で、モサミートの主要出資者となる。2社が培養肉開発の主要課題の1つである、生産コスト削減に取り組む共同プロジェクト

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Food…
  2. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  3. 3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津…
  4. 細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァー…
  5. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  6. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  7. アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、…
  8. 代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、…

おすすめ記事

代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出

植物ベースの代替卵を開発するイート・ジャストがアフリカ市場へ進出した。南…

Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧州で発売

3Dプリンターで代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが、欧州…

プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDIBLE Eats

食事で使用されるプラスチック製品を減らすために、食べられるスプーンが登場した。…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでのテスト販売を目指す

韓国のスタートアップ企業SeaWithは、2022年末までに培養肉のテスト販売を…

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/06 19:36時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(10/06 13:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/07 05:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(10/06 15:37時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP