代替プロテイン

UPSIDE Foodsが米レストランで培養鶏肉の販売を実現

 

UPSIDE Foodsは今月1日、アメリカ、サンフランシスコのレストラン「Bar Crenn」で培養鶏肉を販売した。同社は先月、GOOD Meatと共に米国農務省(USDA)から培養肉販売に必要な最終承認を得ており、これが初の消費者向け販売となった。

歴史的な発売イベントには、UPSIDE Foodsがより良い未来を促進するという取り組みを評価するために実施したソーシャルコンテストの優勝者が招待された。優勝者には培養肉を食べる機会と共に、UPSIDE Foodsの培養肉工場EPICを見学する機会も与えられた。

UPSIDE Foodsの培養肉は今年後半から開始する同社のディナーサービスを通じて「Bar Crenn」で提供される。

Upside Foods創業者兼CEO(最高経営責任者)のウマ・ヴァレティ氏は、「これは、人々が好きな食事と繁栄する地球のどちらかを選択する必要がなくなる世界に向けた大きな飛躍です。さらにたくさんの人が最初の一口を食べるのが待ち遠しいです」と述べている。

ミシュラン星付きシェルであるドミニク・クレン氏の「Bar Crenn」では2018年以来、肉を提供していない。培養肉の販売により、メニューに肉が再導入されたこととなる。

「2018年以来、私のメニューに肉が戻るのは初めてです。Upsideチキンは私が初めて提供してよいと思えた肉だからです。その絶妙な風味、食感、香り、そして調理法まで、Upsideチキンは本当に美味しく、より持続可能で思いやりのある食料システムに向けた重要な一歩を示しています」とクレン氏は述べている。

後に続く培養肉企業

出典:Upside Foods

培養肉が広く普及するのはまだ時間がかかるが、アメリカの培養肉企業2社が販売認可を取得したことで、培養肉業界は大きなハードルを乗り越えた。

Bar Crenn」での培養肉販売がアメリカで最初の販売となると思われる。GOOD Meatも先日、ワシントンのレストランで培養肉を提供した。他の培養肉企業もこれに続く動きを見せている。

ロサンゼルスを拠点とするOmeatは、現在ロサンゼルスにパイロット工場を建設しており、今年後半に稼働を開始する予定だという。同社はFDAに書類を提出済みであり、現在USDAと協議している

イスラエル企業BELIEVER Meatsはアメリカ、ノースカロライナ州ウィルソンに培養肉工場を建設しており、2024年第1四半期の稼働を予定している。この工場が完成すると年産約1万トンとなり、1日あたりの生産能力は27トンとなる。

SCiFi Foodsも現在、FDA、USDAと交渉しており、今後18ヵ月以内に培養牛肉の販売認可を取得したいと考えている。SCiFi Foodsの共同創業者兼CEOのJoshua March氏は「プロセスに準拠して、規制当局が要求するすべてのことを実行すれば、承認を得られることが明白です」と述べている

先例が示されたことで、今年から来年にかけて認可を取得する企業が増えていくと予想される。

 

参考記事

UPSIDE Foods Makes History with First Consumer Sale of Cultivated Meat in the US and Highly Anticipated Restaurant Debut

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Upside Foods

 

関連記事

  1. ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売
  2. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…
  3. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  4. 【2024年】培養魚企業レポート販売開始のお知らせ
  5. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  6. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…
  7. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  8. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オーストラリアのVowが約67億円を調達、来年始めにシンガポールで培養肉発売へ

オーストラリアの培養肉企業Vowは、シリーズAラウンドで4920万ドル(約67億…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタと提携、発酵タンパク質の生産性向上・コスト削減を目指す

スイスに拠点を置くバイオマス発酵・精密発酵のCDMO企業Planetaryは今月…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

【参加レポート】第34回食品開発展2023年10月@東京

「食品開発展2023」が10月4日から3日間、東京ビッグサイトで開催されている。…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP