代替プロテイン

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

 

ネスレは今月、精密発酵企業パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品「Cowabunga」の試験販売を開始した

Cowabunga」は、サンフランシスコベイエリアのSafeway6店舗で販売されている

ネスレが精密発酵で作成された乳タンパク質を使用した製品を発売するのはこれが初となる。

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

出典:Nestlé

二社の提携は今年9月に発表された。ネスレはパーフェクトデイと提携し、アメリカで同社初となる精密発酵由来製品の試験発売を今年後半に計画していた。

今回発売された「Cowabunga」は、オリジナルとチョコレートの2つのフレーバーとなる。

パーフェクトデイとの提携を発表した際、ネスレは食品業界では「まだ歴史が非常に浅い」精密発酵を、同社事業の「今後の成長の機会」と言及していた

精密発酵のプロセスはビールの醸造に似ている。異なるのは、微生物はアルコールの代わりに、乳タンパク質を作るよう「プログラム」されていることだ。指令を与えられた微生物が「ミニ工場」となり、牛に頼らずに生産施設で牛由来と同等の乳タンパク質を生成する。

ネスレは「Cowabunga」の公式サイトで、精密発酵による乳タンパク質は、従来の牛乳と比較して、温室効果ガス排出量を最大80%、水使用量を最大94%削減すると、精密発酵の持続可能性に言及している

シンガポールにも精密発酵由来の代替ミルクが上陸

出典:パーフェクトデイ/Very Dairy

Cowabunga」はパーフェクトデイの乳タンパク質(ホエイタンパク質)を使用した5つ目の代替ミルク製品となる。

これまでにbetterland foodsTomorrow FarmsStrive Nutritionの3社がパーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品を発売している。「Cowabunga」を含めた4製品はアメリカで販売されているが、今月にはアジア初となるアニマルフリーミルク「Very Dairy」がシンガポール市内の複数のスーパーで販売開始されている

パーフェクトデイの乳タンパク質を使用した製品はアイスクリーム、プロテイン粉末、ケーキミックス、クリームチーズ、チョコレートなど多岐にわたる

ネスレのほかにも大手食品企業と提携を拡大しているほか、先月にはインドで認可を取得した。インド工場の買収により生産能力は増強され、今後は乳タンパク質以外の他の原料開発もほのめかしている。

 

参考記事

Perfect Day Linkedin

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nestlé/パーフェクトデイ

 

関連記事

  1. 一正蒲鉾がインテグリカルチャー、マルハニチロと培養魚肉の共同研究…
  2. 精密発酵レポート販売開始のお知らせ
  3. Motif FoodworksがSolar Biotechとの提…
  4. 大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使…
  5. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  6. 世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで…
  7. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  8. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…

おすすめ記事

米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設を開始

アメリカ、カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストは、シンガポールで新しい生産…

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用化を支援

味の素は9日、コーポレートベンチャーキャピタルを通じて培養肉の開発・製造を手掛け…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP