代替プロテイン

インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ

>> <<

 

アメリカを代表的する植物肉企業インポッシブルフーズが代替チキンナゲットを販売する。

新しい代替チキンナゲットは、来週開催される展示会で発表され、今秋に発売される。Bloombergが第一報を報じた。

インポッシブルフーズはこれまで牛肉、豚肉に代わる代替肉を開発、販売してきた。

同社の代替肉には、調理体験を本物に近づけるため、熱によって赤色から茶色に変わる独自成分「ヘム」が含まれている。

新しく発表される代替チキンナゲットは、大豆、ひまわり油を原料としているが、「ヘム」は含まない。チキンナゲットに「ヘム」を使用しない理由については、鶏肉は白身肉だからだとしている。

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズはビヨンドミートと並ぶ、アメリカを代表する代替肉企業。

2016年にレストランで販売後、全国規模のハンバーガーチェーンであるバーガーキングのパテとして採用された。現在は、アメリカの2万箇所を超えるスーパーで販売され、5カ国に進出している。2020年に販売された代替ソーセージはスターバックスの朝食メニューに採用されている。

オーストラリア、ニュージーランドへの進出の準備も進めており、今後数ヵ月以内に上場するという噂もささやかれている。

Our World in Dataによると、アメリカでは2017年までの過去50年間で消費量の増加が最も大きい動物肉は鶏肉となっている。

拡大の一途をたどる鶏肉市場を狙い、代替鶏肉に参入する企業が増えている。SIMULATENowadaysRebellyousなどのスタートアップのほか、小売大手のターゲット、食肉加工大手のタイソンフーズも自社ブランドで参入している。

NPDによると、アメリカのレストランに供給される植物鶏肉は、2021年4月には前年比約1.8倍になった。

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズの競合ビヨンドミートは、アメリカ・カナダでビヨンドチキンテンダーを今月より販売することを発表している。

こうした流れをみると、インポッシブルフーズが代替鶏肉に参入するのは当然といえる。

同社のヘムは、遺伝子組換えされた酵母を活用するため、規制の厳しい中国、欧州では参入障壁となっている。

ヘムの使用について、インポッシブルフーズの担当者は次のように述べている。

「プロトタイプでは、ヘムを含んだものと、含まないものをテストしました。

パン粉をつけて適度に味付けしたナゲットの形態ですと、ヘムは全く必要ありませんでした」

ビヨンドミート、インポッシブルフーズはほぼ同時期に植物チキンナゲットを発表したが、チキンナゲットにおいてはインポッシブルフーズが優位になるかもしれない

ビヨンドチキンテンダーには二酸化チタンが原料として使用されているからだ。

出典:インポッシブルフーズ

二酸化チタンは白色着色料として使用されてきたものだが、今年5月にEUは酸化チタンを発がん区分に分類、「食品添加物として安全だとは考えられない」と結論づけている

ビヨンドミートは二酸化チタンについて、FDAで承認されているものだとしているが、海外への展開においては障壁となる可能性がある。

インポッシブルフーズのチキンナゲットは秋にレストランで提供された後、スーパーなど小売での展開を開始する。

同社は今年5月、米国農務省からインポッシブルバーガーにChild Nutrition Label(子供用栄養成分表示)を獲得し、学校給食のメニューに採用できるようになった。

食を通じて環境問題を学ぶ「食育」にも取り組んでおり、植物チキンナゲットも学校給食に提供されると予想される。

 

参考記事

Impossible Foods to Launch Nuggets Into Brewing Faux-Chicken Battle

Impossible Foods Unveiling Plant-Based Chicken Nugget Next Week

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:インポッシブルフーズ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  2. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  3. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  4. 【10/26】日本発の培養肉企業ダイバースファーム社セミナー開催…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが…
  7. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  8. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…

おすすめ記事

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Tech Webinar Fall 2021参加レポート

株式会社アドライト社が代替タンパク質の可能性にフォーカスしたセミナー「Food-…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内に試食会を実施

ベルリンを拠点とするスタートアップFormoは微生物を使ってアニマルフリーなチー…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP