代替プロテイン

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

>> <<

 

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000万ドル(約10億円)の資金調達を実施した。

同社は調達した資金で、今年3月にシンガポールのレストランで代替チキンTiNDLEを発売する。最初はシンガポールでの発売となるが、アジアの他の市場へも参入していく構えを見せている。

今回調達した資金は、新たなプラントベース食品の研究開発にもあてられる予定。

大豆・小麦ベースの代替チキンTiNDLE

今回、シードで約10億円という植物肉業界の中では巨額な資金調達に成功したNext Genの代替チキンTiNDLEは、大豆、小麦グルテン、小麦デンプン、ひまわり油、ココナッツオイルなど9つの原料を使用している。

100gあたりのタンパク質は17g

TiNDLEは「lipi」という特別成分をブレンドしており、これが本物の鶏肉のような味と風味を生み出す秘訣となっている。

最初にリリースされる商品は、TiNDLE Thyという鶏もも肉の代替品となる。

TiNDLE Thyは中華料理、日本料理、インド料理、中東料理などさまざまな料理に使えるという。

出典:Next Gen

今回のラウンドには、シンガポール政府が所有する投資会社テマセク、シンガポールを拠点とするK3 Ventures、シンガポール経済開発庁のベンチャーキャピタルNew Venturesなどが主導したほか、NX FoodFEBE VenturesBlue Horizonなどが参加した。

Next Genは今回のラウンドで700万ドルの調達を目標としていたが、目標を大幅に上回る1000万ドル(約10億円)の調達に成功した。

同社は今後1、2年以内にシリーズAの資金調達を実施するとしている。追加資金で商品を増やし、欧州・米国市場への参入を狙う

欧米市場への進出については、レストランやシェフとの販売ネットワークを指揮する人物を採用し、準備をすでに進めているという。

食品業界のベテラン2人が立ち上げたスタートアップ

出典:Next Gen

Next Genは2020年10月にもシードラウンドで220万ドルを調達していた。前回は創業者のTimo Recker氏による出資で、今回のラウンドで初めて外部から出資をうけた。

これまでの調達総額は1220万ドル(約13億円)となる。

同社はシンガポールに本部と研究開発センターを構えており、前回の資金調達時には、5年間で中国、米国、欧州への進出に言及していた。

アジアの主要都市でリリース後には、小売にも展開する予定だという。

3月にシンガポールレストランで発売した後は、アジア主要都市への参入、小売での販売強化、欧米進出といった展開が予想される。

Next GenはTimo Recker氏Andre Menezes氏が設立したスタートアップ。

Andre Menezes氏(左)とTimo Recker氏(右) 出典:Next Gen

Recker氏はドイツの植物肉ブランドLike Meatを設立した人物。この会社は2020年にLIVEKINDLY Collectiveに買収された。

Menezes氏は前職でシンガポール最大の食品輸入販売会社Country Foodsのゼネラルマネージャーを務めており、共同創業者どちらも食品業界で十分な経験を有している。

植物性代替肉の市場は10年以内に850億ドル規模に

UBSによると、植物性代替肉の市場は2018年には46億ドルだったが、2030年には850億ドルにまで成長すると予想されている(下図)。

出典:UBS

また、2019年11月から2020年11月の1年間にアジアの代替タンパク質企業に集まった投資額は2億3000万ドルと報告されている。

これは前年までの3年間に集まった投資総額の4.5倍になる。

つまり、直近1年間の投資総額が、前年までの3年間を合わせた額を大幅に上回る結果となった。

代替タンパク質領域で出資額が多かった上位5位の企業は次のとおり。

・オーストラリアのv2food

・香港のグリーンマンデー(greenmonday)

・中国のスターフィールド(Starfield)

・シンガポールのShiok Meats

・シンガポールのgrowthwell

 

上記のうち、Shiok Meats以外はすべて植物性代替肉企業となる。

これらの事実から、代替肉のニーズの高まりと、アジア市場への注目の高さがうかがえる。

競争が加熱するアジアの代替肉市場

出典:Next Gen

アジアでは代替肉スタートアップの台頭が相次いでいる。

アジア代表格ともいえる香港のグリーンマンデーは今年1月にイギリスのレストランとの提携を発表。今年中には本格的なイギリス進出をする予定。

中国・香港にはグリーンマンデーのほかに、Hey MaetHero ProteinTN MeatHaoFoodなどのスタートアップ企業が次々と登場している。

海外からアジアへ進出する動きも加速しており、アメリカのイート・ジャストはシンガポールに生産工場建設を発表したほか、中国ファーストフード大手のDicosに同社の代替卵を導入している。

インポッシブルフーズは昨年、香港・シンガポールに進出ビヨンド・ミートはインポッシブルより先に中国市場に進出しており、同社の生産工場2つは中国本土で今年中に稼働を開始する。

シードラウンドで約10億円という植物肉業界では異例ともいえる資金調達に成功したNext Genが、競合がひしめくアジアで存在感を示せるかどうか、今後が注目される。

 

参考記事

Alt Chicken Startup Next Gen Raises US$10M For Tindle Launch In Record-Breaking Seed Round

Singapore’s Next Gen Raises $10M Seed Round for Plant-Based Chicken

Temasek Makes Rare Seed Investment in Plant-Based Chicken Maker

 

アイキャッチ画像の出典:Next Gen

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  2. イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場…
  3. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  4. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  7. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  8. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…

おすすめ記事

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指す

フランスの昆虫食企業Ynsectが開発するバーガーやナゲットが、数年以内にイギリ…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

ビーガンペットフードを販売する米Wild Earthが、シリーズAで2300万ド…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP