代替プロテイン

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

 

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000万ドル(約10億円)の資金調達を実施した。

同社は調達した資金で、今年3月にシンガポールのレストランで代替チキンTiNDLEを発売する。最初はシンガポールでの発売となるが、アジアの他の市場へも参入していく構えを見せている。

今回調達した資金は、新たなプラントベース食品の研究開発にもあてられる予定。

大豆・小麦ベースの代替チキンTiNDLE

今回、シードで約10億円という植物肉業界の中では巨額な資金調達に成功したNext Genの代替チキンTiNDLEは、大豆、小麦グルテン、小麦デンプン、ひまわり油、ココナッツオイルなど9つの原料を使用している。

100gあたりのタンパク質は17g

TiNDLEは「lipi」という特別成分をブレンドしており、これが本物の鶏肉のような味と風味を生み出す秘訣となっている。

最初にリリースされる商品は、TiNDLE Thyという鶏もも肉の代替品となる。

TiNDLE Thyは中華料理、日本料理、インド料理、中東料理などさまざまな料理に使えるという。

出典:Next Gen

今回のラウンドには、シンガポール政府が所有する投資会社テマセク、シンガポールを拠点とするK3 Ventures、シンガポール経済開発庁のベンチャーキャピタルNew Venturesなどが主導したほか、NX FoodFEBE VenturesBlue Horizonなどが参加した。

Next Genは今回のラウンドで700万ドルの調達を目標としていたが、目標を大幅に上回る1000万ドル(約10億円)の調達に成功した。

同社は今後1、2年以内にシリーズAの資金調達を実施するとしている。追加資金で商品を増やし、欧州・米国市場への参入を狙う

欧米市場への進出については、レストランやシェフとの販売ネットワークを指揮する人物を採用し、準備をすでに進めているという。

食品業界のベテラン2人が立ち上げたスタートアップ

出典:Next Gen

Next Genは2020年10月にもシードラウンドで220万ドルを調達していた。前回は創業者のTimo Recker氏による出資で、今回のラウンドで初めて外部から出資をうけた。

これまでの調達総額は1220万ドル(約13億円)となる。

同社はシンガポールに本部と研究開発センターを構えており、前回の資金調達時には、5年間で中国、米国、欧州への進出に言及していた。

アジアの主要都市でリリース後には、小売にも展開する予定だという。

3月にシンガポールレストランで発売した後は、アジア主要都市への参入、小売での販売強化、欧米進出といった展開が予想される。

Next GenはTimo Recker氏Andre Menezes氏が設立したスタートアップ。

Andre Menezes氏(左)とTimo Recker氏(右) 出典:Next Gen

Recker氏はドイツの植物肉ブランドLike Meatを設立した人物。この会社は2020年にLIVEKINDLY Collectiveに買収された。

Menezes氏は前職でシンガポール最大の食品輸入販売会社Country Foodsのゼネラルマネージャーを務めており、共同創業者どちらも食品業界で十分な経験を有している。

植物性代替肉の市場は10年以内に850億ドル規模に

UBSによると、植物性代替肉の市場は2018年には46億ドルだったが、2030年には850億ドルにまで成長すると予想されている(下図)。

出典:UBS

また、2019年11月から2020年11月の1年間にアジアの代替タンパク質企業に集まった投資額は2億3000万ドルと報告されている。

これは前年までの3年間に集まった投資総額の4.5倍になる。

つまり、直近1年間の投資総額が、前年までの3年間を合わせた額を大幅に上回る結果となった。

代替タンパク質領域で出資額が多かった上位5位の企業は次のとおり。

・オーストラリアのv2food

・香港のグリーンマンデー(greenmonday)

・中国のスターフィールド(Starfield)

・シンガポールのShiok Meats

・シンガポールのgrowthwell

 

上記のうち、Shiok Meats以外はすべて植物性代替肉企業となる。

これらの事実から、代替肉のニーズの高まりと、アジア市場への注目の高さがうかがえる。

競争が加熱するアジアの代替肉市場

出典:Next Gen

アジアでは代替肉スタートアップの台頭が相次いでいる。

アジア代表格ともいえる香港のグリーンマンデーは今年1月にイギリスのレストランとの提携を発表。今年中には本格的なイギリス進出をする予定。

中国・香港にはグリーンマンデーのほかに、Hey MaetHero ProteinTN MeatHaoFoodなどのスタートアップ企業が次々と登場している。

海外からアジアへ進出する動きも加速しており、アメリカのイート・ジャストはシンガポールに生産工場建設を発表したほか、中国ファーストフード大手のDicosに同社の代替卵を導入している。

インポッシブルフーズは昨年、香港・シンガポールに進出ビヨンド・ミートはインポッシブルより先に中国市場に進出しており、同社の生産工場2つは中国本土で今年中に稼働を開始する。

シードラウンドで約10億円という植物肉業界では異例ともいえる資金調達に成功したNext Genが、競合がひしめくアジアで存在感を示せるかどうか、今後が注目される。

 

参考記事

Alt Chicken Startup Next Gen Raises US$10M For Tindle Launch In Record-Breaking Seed Round

Singapore’s Next Gen Raises $10M Seed Round for Plant-Based Chicken

Temasek Makes Rare Seed Investment in Plant-Based Chicken Maker

 

アイキャッチ画像の出典:Next Gen

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  2. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  3. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  4. 微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredients…
  5. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  6. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  7. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  8. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…

おすすめ記事

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社…

香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を資金調達、2021年の市販化を目指す

このニュースのポイント 香港培養肉企業Avan…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP