代替プロテイン

動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が開発

 

シアトルに拠点を置く植物肉のスタートアップ企業Rebellyous Foodsは、従来の動物肉と同等の価格で植物肉を生産できる、特許出願中の新しい生産システムのプロトタイプを開発したと発表した。

Rebellyous Foodsでは、「Mock 1S」と呼ばれる新しいシステムにより、自動化による人員削減やエネルギー消費の削減、廃棄物の90%削減、その他の改善などを組み合わせることで、植物肉の製造コストを最終的に95%削減できると主張している。

従来の植物肉製造よりも効率的な製造設備を開発

出典:Rebellyous Foods

同社のCEOであるChristie Lagally氏によると、従来の植物肉メーカーは、植物肉製造に適した設計になっていない食品加工設備を利用しているが、Rebellyous Foodsのシステムは植物肉を作るためにカスタムされた設計となっているという。

Lagally氏によると、現在の植物肉工場では、チョッパー(食肉細断装置)とタンブラー、コンベアベルトを使い、乾燥タンパク質に食感を加え、オイル、水、デンプンを乳化させ、最終的にすべてを混合する工程となっている。

一方Mock 1Sでは、ベルトコンベアや無駄な工程を省き、「ジャストインタイムの水和」「乳化」「混合」を、適温かつ1つの自動化されたプロセスで行うことができるという。(ジャストインタイムとは必要なモノを、必要な時に、必要な量だけ供給することを言う)。

長期的には、同社が開発したシステムにより、従来の工場で飼育された動物肉よりもはるかに安価に生産できるようになるとLagally氏は考えている。まずはこの技術で、コスト競争力のある植物性鶏肉を作りスケール化していく予定だという。

植物肉の価格が下がれば市場の売上は急増する

出典:Rebellyous Foods

カーニーのレポートは、植物肉が動物肉と同等の価格になれば植物肉の売上は急増する、と結論付けている。同レポートでは、価格が1%下がるごとに、植物性食品の市場シェアが3%増加することが示唆されている。

「Rebellyous は、現在の植物肉製造に内在する大きな課題である品質、一貫性、そして価格を解決するために設立された。私たちは、Mock 1Sがすべての機能テストに合格したことに感激している」と、Lagally氏は声明で述べている。

さらに、「私たちは現在、Rebellyous製のナゲット、パテ、テンダーズ(鶏肉に衣をつけて揚げたもの)を従来よりも95%低い製造コストで生産し、動物性鶏肉を打ち負かすような次の製造機開発に取り組んでいる」と発言している。

独自の製造技術で5つの特許を出願中

出典:Rebellyous Foods

Rebellyous Foodsは現在、独自の自動化技術で5つの特許を出願している。

自動化に頼ることで、労働力を90%削減できたという。さらに、冷蔵環境を必要としないため、エネルギーコストが10%削減され、生産に必要なスペースも3分の1に縮小された。また連続生産により、材料廃棄物を90%削減できるという。

同社製品は現在、シアトルを中心に約600の小売店に導入されており、Mock 1Sによる生産で、今後はさらにコスト競争力を高めていくと予想される。

 

参考記事

Rebellyous Develops Patent-Pending Production System That Puts Plant-Based Meat at Price Parity With Animal Meat

Rebellyous Foods Produces World’s First Plant-Based Nuggets at Cost Parity with Chicken

アイキャッチ画像の出典:Rebellyous Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  2. スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速…
  3. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  4. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  5. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  6. ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を…
  7. 代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2…
  8. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…

おすすめ記事

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP