Foovo Deep

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

 

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。

動物を殺さずに肉を作れるようなり、肉の生産に現在のような広大な土地・水・エネルギー・大量の飼料を必要としない。

細胞から培養肉になるまでは数週間と、畜産と比べて生産時間が劇的に短縮されるのもメリットの1つだ。

さらに、細胞農業によってつくられた肉は細菌で汚染されておらず、動物肉よりクリーンとされる。

現在の畜産と比べると生産効率は格段に良く、環境に与える負の影響も小さい。何より、動物を殺さずに肉を食べられるようになるため、世界中でスタートアップが次々と登場し、課題のクリアに取り組んでいる。

世界で初めて発表された培養肉ハンバーガー 出典:Mosa Meat

しかし、実用化にはコスト、大量生産、消費者受容、法整備といった課題がある。

特に培養肉の普及は、既存産業の空洞化を意味するため、今ある畜産関連産業を巻き込んでどう枠組みを作っていくかが大切となる。

こうした培養肉をテーマに、スマートキッチンサミットジャパン(SKSJ)2020では「培養肉はどんな産業を生み出すのか」と題するセミナーが開催された。

今回はSKSJで語られた各識者の見解をレポートする。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧…
  2. クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合…
  3. 培養肉企業MeaTechがベルギーに培養脂肪のパイロット工場を建…
  4. Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホー…
  5. ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売…
  6. Yali Bioが植物由来の培養脂肪生産のためにシードラウンドで…
  7. アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で…
  8. 精密発酵のImagindairy、シードラウンドの資金調達を約3…

おすすめ記事

ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月17日、フィンラン…

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicがシリーズAラウンドで1630万ドル(…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発表

細胞農業により代替母乳を開発するシンガポール企業TurtleTreeは、カリフォ…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得

植物由来の代替卵を開発するアメリカのスタートアップ企業イート・ジャストは、主力製…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP