代替プロテイン

世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援するインキュベーションプログラムを始動

 

スペイン、マドリードを拠点とする乳製品メーカー・パスカル(Calidad Pascual)は、乳製品業界における細胞農業技術のために世界初となるインキュベーションプログラムMylkcubatorを開始した。

このプログラムは、パスカルのベンチャー部門Pascual Innoventuresが運営するもので、細胞農業により乳製品を開発するスタートアップを支援するものとなる。

具体的には、細胞培養、微生物発酵による乳製品開発におけるソリューションを開発するスタートアップを支援する。

出典:Mylkcubator

Mylkcubatorは6ヶ月のプログラムで、最大10社のスタートアップが選抜される。

参加企業はメンターからアドバイスを受けるほか、パスカルの研究開発施設を使用してプロトタイプの開発、試験、スケールアップを行う。欧州一流の研究開発施設へはオンライン、オフラインどこからでもアクセスできる。

このプログラムは、世界的なフードテックアクセラレーターであるEatable Adventuresと技術パートナーのCNTAからの支援を受けている。

出典:Mylkcubator

本来であれば動物から収穫される産物を、特定の細胞を培養することにより生産する方法を「細胞農業」という。

Mylkcubatorが対象とする細胞農業は、細胞培養によるもの微生物発酵によるものに大きく分類される。

細胞培養ミルクは、バイオリアクターなど、生体内環境を模倣した外部環境において乳腺細胞を成長させることで得られる。

このプロセスでは細胞、培地、成長因子など原料・栄養だけでなく、プロセスを最適化するための機械学習、バイオリアクターなどが必要となり、こうした関連技術を開発する企業も本プログラムの参加対象となる。

微生物発酵による乳製品は、乳タンパク質を作るようプログラムされた微生物が作り手となって、必要なタンパク質を分泌する。最終産物からは微生物は取り除かれ、生成された乳タンパク質のみが残る。

上記いずれに共通することは、分子的に同等な乳タンパク質を、動物を使わずに、少ない土地、低エネルギー消費な方法で製造できることである。

市場には少数ながらも参入プレーヤーが登場しており、細胞培養で代替ミルクを開発するBiomilqTurtleTree Labsや、微生物発酵で代替乳製品を開発するRemilkChange Foodsパーフェクトデイなどがいる。

この中で市販化しているのはパーフェクトデイのみとなる。

PFは精密発酵を示す 出典:Rethink X

特に後者の3社は、微生物発酵の中でも精密発酵と呼ばれる技術を使っている。

RehinkXのレポートによると、アメリカでは2035年までに、家畜牛製品に対する需要は80~90%減ると予想される。

同レポートは2025年頃には、精密発酵による乳タンパク質の生産コストが家畜牛による生産コストと同等レベルになり、2030年には大きく逆転することを報告している。

これにより、2030年までに米国の家畜牛数が半減するとも指摘している。

Pascual Innoventuresによる新規プログラムは、この流れを後押しするものとなる。

Mylkcubatorへ参加を希望する企業は、公式サイトから申し込むことができる

 

参考記事

A Spanish Dairy Company Has Launched a Startup Incubator to Help Cultured Milk Companies

Pascual Innoventures launches first global incubation program for cellular agriculture projects in the dairy spectrum

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mylkcubator

 

関連記事

  1. 菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprou…
  2. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  3. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  4. イスラエル・イノベーション庁が精密発酵の施設設立へ
  5. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…
  6. 菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販…
  7. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  8. 2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、20…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最初の商品の販売へ

細胞培養でステーキを開発するイスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、シリーズ…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

米Sweegenが精密発酵による甘味タンパク質でFEMA GRASステータスを取得

甘味料と風味のイノベーションを推進する米スタートアップ企業Sweegenは今年、…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrim…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP