アグテック(AgTech)

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

>> <<

 

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間稼働する温度・湿度・光をモニタリングするツールを開発している。

Surge Alertの主力製品はビーコン(標識)という小さなデバイスで、温室、低温輸送車、レストランのウォークイン冷蔵庫・冷凍庫や農場に設置する。

ビーコンは最も重要な指標である温度、湿度と、植物の成長率に影響を与えるをモニタリングする。

温度が高すぎるなど指標に変化が生じると、ユーザーはSurge Alertのアプリでアラート通知を受ける仕組みとなる。

商品は、ビーコン、ゲートウェイ、アプリから構成される。

使い方は、モニタリングしたい場所にビーコンを設置する。ゲートウェイは、ビーコンから300フィート(約91メートル)以内に設置する。

ビーコンはバッテリー駆動で、冷蔵庫では1年間、冷凍庫では6~8ヵ月持続する。ゲートウェイには有線タイプに加え、太陽光発電タイプも用意されている。

1つのゲートウェイに接続できるビーコンは最大25個。

出典:Surge Alert

Surge Alertはこのソリューションがフードロス削減にどれほど寄与するかを確認するため、一部の農場で試験を実施した。

温室に試験導入したウィスコンシン州の農場では、冬に夜間、温度が著しく低下した際、農家はアラートを受領し、作物が損傷を受ける前に温度を調整することができた。

Surge Alertのソリューションは食品サプライチェーンのさまざまな場面で適用できる。

公式サイトには、温室、レストラン、ワインセラー、輸送など場面別のアプリケーションが紹介されている。

出典:Surge Alert

例えば、生鮮食品を適切な状態で目的地まで届けるには、輸送中に一定の温度と湿度を維持する必要がある。

多くの場合、輸送車に運転手は冷却ユニットに誤作動が発生したことを知る方法がない。現に、食品の40%以上は、輸送・流通プロセスにおいて損傷を受けている

閾値を超えたらアラートを伝えるSurge Alertを導入することで、輸送過程での損失を事前に防ぐことができ、収益向上を見込める。

また、Surge Alertは食品だけでなく、ペットの熱射病予防にも活用できる

出典:Surge Alert

車や家にペットを置いていかなければならない状況で、車内や自宅にSurge Alertを設置しておくことで、アラートを受信して、危険を察知することが可能となる。

現在、Surge Alertは公式サイトで、レストラン、食品企業、農家、販売業者、個人などの消費者向けにスタートキットをはじめとする各商品を販売している。

この記事を執筆している時点で、3ヵ月無料キャンペーンを実施している。

気候モニタリングのソリューションを導入している企業はSurge Alertだけではない。

室内農場企業のBrightFarmsElement Farmsは独自プラットフォームを導入して気候をモニタリングし、栽培に最適な温度、湿度などの条件を算出している。

iUNUは、コンピュータービジョンとAIを活用し、温室ハウス内のレールを移動することで、それぞれの作物の成長状態や成長率をリアルタイムでモニタリングできるツールを開発している。

 

参考記事

Surge Alert Uses Climate Monitoring Devices and IoT Technolgy to Reduce Food Waste

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Surge Alert

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  2. フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億90…
  3. 農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達…
  4. 農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億…
  5. 農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達
  6. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  7. 省スペースで野菜30個を栽培できるGardyn|スマートでコンパ…
  8. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…

おすすめ記事

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでのテスト販売を目指す

韓国のスタートアップ企業SeaWithは、2022年末までに培養肉のテスト販売を…

パルシステムを1年使った感想|注文が面倒だけど野菜がおいしい!【口コミ・評判】

今回のブログ記事では、パルシステムで気に入っているところ面倒…

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicがシリーズAラウンドで1630万ドル(…

微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが初ラウンドで約12億円を調達

オーストラリアのスタートアップ企業Nourish Ingredientsが初のラ…

イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始

イスラエルのピザハットは今年6月からドローンによる試験配達を開始する。ピ…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP