3Dプリンター

イスラエルAleph Farmsが宇宙で培養ステーキ肉を作る「Aleph Zero」計画を始動

スポンサーリンク

イスラエルのフードテック企業Aleph Farms(アレフ・ファームズ)が宇宙で培養肉を生産する計画を発表した。

「Alepha Zero」と名付けたこの計画は、地球外の極限環境でも肉を製造する新たな方法の探索を目的とする。

同社の細胞生物学、組織工学、食品科学のノウハウを駆使して、火星や月に「BioFarms」を建設し、最終的に宇宙で得られた知見を地球で活用することを目指す

現在は同社技術を月または火星に実装するために、テック企業、宇宙機関といった長期に協業できる提携先を探している。複数機関と協議中で、まだ確定していないという。

Alepha Zeroによって将来恩恵を受けるのは、宇宙飛行士だけではない。地球上に暮らす我々にも関係する。

というのも、宇宙で肉を製造できるならば、それは予測不能な気候変動や天然資源の有無に関係なく、新鮮な肉を地球のどこでも作れるようになることを意味するからだ。

共同創業者のDidier Toubiaは「サハラ砂漠や南極大陸などの僻地でも、誰もが、いつでも、どこでも条件なしで高品質な栄養を手に入れられる」ことを理念としている。

出典:Aleph Farms

Aleph Farmsによると、宇宙での製造は、培養肉製造工程の限界突破につながるものだという。

Didier Toubiaは、宇宙での試みを、F1のテスト走行に例える。培養肉の製造にとっては宇宙がF1だ。資源のない、地球から離れた極限環境で培養肉を製造できるなら、地球上の過酷な環境で暮らす人々の助けになる。

実のところ、Aleph Farmsは 2019年に宇宙でのステーキ肉製造に成功している。

ロシアの3D・バイオプリンティング・ソリューションの3Dプリンターを使って、培養した牛の細胞から筋肉組織を製造することに微小重力下で成功した。

同社は2021年にパイロット生産のためのBioFarmsを地球に建設したいとしている。宇宙でのBioFarms建設時期については未定で、コロニー次第だという。

Aleph Farmsは2017年に設立されたイスラエルのスタートアップ。2019年にシリーズAラウンドで1200万ドル(約12億5千万円)を調達している。これまでの調達額は総額1440万ドル(約15億円)。

 

参考記事

Israeli startup Aleph Farms cooks up plan to grow cultured steaks on Mars

Aleph Farms’ “Aleph Zero” Program Aims to Grow Cell-Based Steaks in Space

Aleph Farms Launches ‘Aleph Zero’ Program to Grow Steaks in Space

Crunchbase.com/organization/aleph-farms

アイキャッチ画像の出典:Aleph Farms

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. テキサスのBioBQ、世界初となる培養肉ブリスケット開発に挑戦
  2. Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2…
  3. 【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオ…
  4. アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子…
  5. 【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】
  6. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  7. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  8. 培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達

おすすめ記事

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP