代替プロテイン

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

 

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。

投資機関Proterraから1億ドル(約100億円)の出資を受け、アジア初となる生産工場をシンガポールに建設する。

Proterraから出資される1億ドルのうち、2000万ドルをシンガポールの工場建設に割りあてる。

この工場から生産されるプロテインは数千トン規模となる予定。同社の生産拠点はほかに北アメリカ、ドイツにあり、シンガポール工場は3か所目の生産拠点となる。シンガポールでは最大規模の工場となり、高まる植物性卵の需要にこたえる。

出典:イート・ジャスト

今回の工場建設はシンガポール経済開発庁(EDB)の支援も受けている。

イート・ジャストのアジアにおける販売パートナーには、韓国のSPC Samlip、タイのBetagroに加えて、中国の未公表のパートナーがいる。アリババ傘下のTmallやJD.comではすでにJust Eggが販売されており、9月には上海に同社主力品ジャスト・エッグの調理法を学ぶ料理スタジオをオープンしている。

これまでに販売した植物性代替食品は卵6000万個分に相当。これによって、83億リットルの水、8.7トンの二酸化炭素、1400万㎡の土地を節約したという。

イート・ジャスト公式サイトより引用、追記

 

培養肉の量産化までは15年以上を想定

今回のProterraとの提携発表では、イート・ジャストとProterraが培養肉の開発でも協業を進めることが明らかになった

イート・ジャストは、同じタイミングでアジア進出加速の施策を打ち出したインポッシブルフーズと比較して、培養肉市場に対して対照的な姿勢を示している。

インポッシブルフーズは培養肉市場には参入しないと断言しているが、イート・ジャストのCEOジョッシュ・テトリック(Josh Tetrick)氏は、SKS2020で培養肉について問われた際、コストダウンと量産化までに「15年以上」と回答している。

Josh Tetrick 出典:イート・ジャスト

同社は開発を4フェーズに分け、今年または来年には試作品を開発し、特定のレストランでリリースしたいと表明している。これを実現するには、試作品の開発から承認までが必要となる。

植物性プロテイン市場の競争は激化している。香港で販路を拡大するオムニポークのグリーンマンデー、香港・シンガポールの小売に進出したインポッシブル、インド発の代替卵スタートアップEvo Foods、植物性羊肉を開発するBlack Sheep Foods、そしてイート・ジャスト。培養肉がスーパーに登場するのはまだ先のこと。それまでは植物性代替食品の開発に期待したい。

イート・ジャストは2011年にサンフランシスコに設立されたフードテックのスタートアップ。米国に次いで中国市場に進出し、2019年5月には中国でジャストエッグの販売を開始した。これまでに調達した資金はCrunchbaseによると総額2億2千万ドル(約230億円)とされているが、イート・ジャストのグローバルコミュニケーション部Andrew Noyesは3億ドル以上と明かしている。

 

2020/10/23追記:

培養肉の15年は開発ではなく量産化までを含めた時間でした。クランチベースの情報をもとに資金調達総額を記載しておりましたが、イート・ジャストが公表している数値と相違がありました。不正確な情報がありましたので、お詫びして訂正いたします。

 

参考記事

Eat Just and Impossible Foods Both Made Major Expansions to Asia This Week

Eat Just & Proterra Asia Partner on JUST Egg Protein Facility & Expansion

Eat Just’s Josh Tetrick on the 4 Phases of Bringing Cell-Based Meat to the Masses

crunchbase.com/organization/just-inc

Eat-just-partners-with-proterra-to-launch-a-new-subsidiary-in-asia

 

 

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト

 

関連記事

  1. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表
  2. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  3. イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得
  4. 酵母から脂肪を開発するCultivated Bioscience…
  5. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  6. 培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表
  7. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogen…
  8. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…

おすすめ記事

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンド…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが約2.7億円を調達

写真はイメージ画像ウナギ、マグロなどの培養シーフードを開発するシンガポー…

「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約10億円を調達

スイス、ジュネーブを拠点とするスタートアップ企業planetary(プラネタリー…

米SCiFi Foodsが培養牛肉製品で初のLCAを実施、環境メリットを証明

培養牛肉を開発するアメリカ企業SCiFi Foodsは、培養牛肉製品について初と…

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP