代替プロテイン

培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

>> <<

 

オランダの培養肉企業モサミートが、培養脂肪用培地のコストダウン成功発表した

モサミートのブログによると、脂肪開発チームは動物成分を含まない脂肪細胞用の液体培地の開発に成功。

培地の成分を最適化し、費用対効果のよいサプライヤーを選定することで、培養脂肪用培地のコストを65分の1に削減することに成功した。

この血清フリーな脂肪用培地の価格は明らかにされていないが、2年前のコストの1.52%にまで削減されている。

脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

約3500万円するバーガーを発表するマーク・ポスト教授 出典:Mosa Meat

モサミートは世界で最初に培養肉ハンバーガーを開発した培養肉企業のパイオニア

最初に発表されたハンバーガーが3500万円もしたのは、FBSという高価な血清を使用していたためだった。

FBSは生まれていない子牛を使うため、動物を殺さない生産方法と言いながらも倫理的に問題とされる。

培養肉の開発では、栄養豊富な液体培地で細胞を培養し、成長させて筋肉組織や脂肪組織にする。細胞を成長させるための培地が高コストであることが、培養肉開発における主要課題となっている。

2020年7月、モサミートの培地開発チームは培地からFBSを除去することに成功

これにより、高コストの要因となっていた培地のコストを88分の1に削減した。

そして今回、培養脂肪用培地のコストを65分の1に削減することに成功した(下図)。

出典:モサミート

今回発表された内容によると、モサミートは培養肉だけでなく培養脂肪も開発している。

脂肪は味、食感、口当たりを再現するうえで重要な要素となる。培養脂肪のアプリケーションには植物肉に組み込む選択肢もあるため、最近では脂肪に特化して開発するスタートアップが増えている。

モサミートが開発する培養脂肪が、自社の培養肉に組み込むためのものか、他社に原料として販売する予定であるかは不明だが、脂肪チームはすでに培養脂肪の試食会を社内で実施している。

社内で実施した培養脂肪の試食会 出典:モサミート

この試食会では家畜脂肪と培養脂肪のブラインドテストを実施した。試食したスタッフは「どちらがどちらかわからない」とコメントしている。

培養脂肪用培地のコストダウン発表について、共同創業者のPeter Verstrate氏は次のようにコメントしている。

「肉好きな方たちの期待に応える商品に向かう道のりで、さらに1つのタスクに確実に(完了済みという)チェックをつけることができました」(Peter Verstrate氏)

培養肉は次のフェーズへ

培養脂肪(右)のフィードバックを回答するピーター氏 出典:モサミート

培養肉は次の局面に確実に移行している。

昨年12月のイート・ジャストの快挙に続き、今年になってからすでに18社以上が資金調達を実施している。

その中には、Mission Barns(約26億円)、Hoxton Farms(約3.9億円)など培養脂肪に特化したスタートアップも含まれる。

さらに、今年米国上場したイスラエルの培養肉企業MeaTechは、建設予定のパイロット工場で培養脂肪を生産することを発表。

Avant MeatsMission BarnsBlueNaluもパイロット工場建設を発表しているほか、Future Meatは生産コスト削減に再び成功し、アメリカ進出の準備を進めている。

脂肪開発チーム 出典:モサミート

MarketsandMarketsのレポートによると、培養肉市場は2025年に2億1400万ドル、2032年には5億9300万ドルになると予想される。

オックスフォード大学の研究論文によると、細胞を培養して作られる培養肉は畜産肉よりも、排出する温室効果ガスを78-96%削減でき使用する土地・水は畜産肉と比べてそれぞれ99%、82-96%少なくすむ

培養肉が普及すれば、家畜のための農業用地を確保するための森林伐採も不要となる。気候危機集約畜産、飼育過程での抗生物質の乱用、感染症による大量の殺処分という現状を変える選択肢になりうる。人口増加に伴い将来懸念される食料危機を解決するソリューションにもなる。

今回の発表ではモサミートは具体的な商用化に向けたタイムラインについて言及していないが、これまでの報道によると、ヨーロッパ市場への投入を目指している

昨年の報道では、動物を全く使わない培地を使って良い結果を出したうえで、今年前半に承認申請を開始、2022年終わりまでに商用化したいとしていた。

 

参考記事

Milestone: Over 65x reduction in our fat medium cost

Mosa Meat Achieves an ‘Over 65x Reduction’ in Costs for Its Cultured Fat

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:モサミート

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  2. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  3. ビヨンドミートとペプシコがジョイントベンチャーThe PLANe…
  4. 「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Cultur…
  5. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  6. ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来…
  7. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  8. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

おすすめ記事

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始

イスラエルのピザハットは今年6月からドローンによる試験配達を開始する。ピ…

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

菌糸体からブロック肉を開発する米Meati Foodsが、シリーズBで5000万…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP