キッチンOS

多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を資金調達

スポンサーリンク

 

この記事の要点

 

●YPCテクノロジーズが約1億4千万円を調達

●同時に複数の料理が可能な多才料理ロボット

●ターゲットは老人ホーム、病院など業務厨房

●2021年半ばまでにパイロット生産・運用へ

 

 

モントリオールを拠点とするYPCテクノロジーズ(YPC Technologiesは、シードラウンドで136万ドル(約1億4千万円)の資金調達に成功した。

AI特化型ベンチャーキャプタルのハイクベンチャーズ、カナダのテック企業を支援するReal Ventures、トヨタグループのベンチャーキャピタルファンドToyota AI Ventures、Uphill Capitalなどがラウンドに参加した。

YPCテクノロジーズの料理ロボットは多才だ。

独立型で、自動で料理し、作れるレシピは1000種類以上。ピザに特化したPAZZI、パスタに特化したDaVinci Kitchenなどと異なり、スープ、シチュー、リゾット、ブフ・ブルギニョン、シャーベットなど複数の料理を作れる。

出典:YPC Technologies

なぜ多種類の料理が可能なロボットにしたのか?

きっかけは、共同創業者のGunnar Grassが老人ホームでみた光景だった。配膳された料理のほとんどが、少し食べただけ、あるいはほとんど手をつけずに厨房に戻されていた。入居者の好みや食事制限による食べ残しだった。

料理ロボットの活躍の場は、ファーストフードで大量処理できるものに限らない。客数は少なくても、固定客に幅広い料理を提供するときにも料理ロボットを活用できるとYPCは考えた。ピザやバーガーに特化したファーストフード領域でフードロボットのイノベーションが行われているなか、YPCは業務用厨房に狙いを定めた。

出典:YPC Technologies

同社料理ロボットは、ロボットアームがそれぞれの容器から材料を取り出し、異なる料理を作る。容器の蓋を開けて、必要な分量を複数の料理鍋に投入し、切り刻む、混ぜる、煮るなどの操作が可能だ。現行タイプは1時間に30の料理が可能だが、新型タイプは1時間あたり100の料理が可能になるという。

出典:YPC Technologies

YPCが提供するのは完全に独立したロボットではない。材料を容器に補充したり、最後の味付けをしたりなど、人の介入は必要だ。いずれは料理全体の6割を自動化したいという。

YPCのターゲット企業は、老人ホーム、病院、コワーキングスペースなど。導入の障壁を低くするために、ロボットを設置するにあたり追加で換気を設ける必要はないという。

新型コロナのために感染防止策の強化が求められる施設にとっては、YPCのロボット導入により、料理中の人の介在を減らせるというメリットがある。人手不足解消にも有効だ。また、オフィスから移動せずにおいしい食事を食べたいという需要を満たせる点で、コワーキングスペースも理想的な導入先だという。

YPCは今回の資金調達を受けて、2021年半ばまでに非公表の多国籍食品企業とパイロット生産・運用を行いたいとしている。

YPCは2016年にカナダのモントリオールに設立された。これまでに総額190万ドル(約1億9千万円)を調達している。

 

参考記事

YPC Raises $1.8 Million (CAD) for its Versatile Robot Cooking Kiosk

YPC Wants to Bring Fast Food Robotics to Fresh Food Cooking

Crunchbase.com/organization/ypc-technologies

アイキャッチ画像の出典:YPC Technologies

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の…
  2. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  3. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  4. 中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobot…
  5. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  6. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  7. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  8. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…

おすすめ記事

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートとのコラボが始まった。…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP