キッチンOS

多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を資金調達

 

この記事の要点

 

●YPCテクノロジーズが約1億4千万円を調達

●同時に複数の料理が可能な多才料理ロボット

●ターゲットは老人ホーム、病院など業務厨房

●2021年半ばまでにパイロット生産・運用へ

 

 

モントリオールを拠点とするYPCテクノロジーズ(YPC Technologiesは、シードラウンドで136万ドル(約1億4千万円)の資金調達に成功した。

AI特化型ベンチャーキャプタルのハイクベンチャーズ、カナダのテック企業を支援するReal Ventures、トヨタグループのベンチャーキャピタルファンドToyota AI Ventures、Uphill Capitalなどがラウンドに参加した。

YPCテクノロジーズの料理ロボットは多才だ。

独立型で、自動で料理し、作れるレシピは1000種類以上。ピザに特化したPAZZI、パスタに特化したDaVinci Kitchenなどと異なり、スープ、シチュー、リゾット、ブフ・ブルギニョン、シャーベットなど複数の料理を作れる。

出典:YPC Technologies

なぜ多種類の料理が可能なロボットにしたのか?

きっかけは、共同創業者のGunnar Grassが老人ホームでみた光景だった。配膳された料理のほとんどが、少し食べただけ、あるいはほとんど手をつけずに厨房に戻されていた。入居者の好みや食事制限による食べ残しだった。

料理ロボットの活躍の場は、ファーストフードで大量処理できるものに限らない。客数は少なくても、固定客に幅広い料理を提供するときにも料理ロボットを活用できるとYPCは考えた。ピザやバーガーに特化したファーストフード領域でフードロボットのイノベーションが行われているなか、YPCは業務用厨房に狙いを定めた。

出典:YPC Technologies

同社料理ロボットは、ロボットアームがそれぞれの容器から材料を取り出し、異なる料理を作る。容器の蓋を開けて、必要な分量を複数の料理鍋に投入し、切り刻む、混ぜる、煮るなどの操作が可能だ。現行タイプは1時間に30の料理が可能だが、新型タイプは1時間あたり100の料理が可能になるという。

出典:YPC Technologies

YPCが提供するのは完全に独立したロボットではない。材料を容器に補充したり、最後の味付けをしたりなど、人の介入は必要だ。いずれは料理全体の6割を自動化したいという。

YPCのターゲット企業は、老人ホーム、病院、コワーキングスペースなど。導入の障壁を低くするために、ロボットを設置するにあたり追加で換気を設ける必要はないという。

新型コロナのために感染防止策の強化が求められる施設にとっては、YPCのロボット導入により、料理中の人の介在を減らせるというメリットがある。人手不足解消にも有効だ。また、オフィスから移動せずにおいしい食事を食べたいという需要を満たせる点で、コワーキングスペースも理想的な導入先だという。

YPCは今回の資金調達を受けて、2021年半ばまでに非公表の多国籍食品企業とパイロット生産・運用を行いたいとしている。

YPCは2016年にカナダのモントリオールに設立された。これまでに総額190万ドル(約1億9千万円)を調達している。

 

参考記事

YPC Raises $1.8 Million (CAD) for its Versatile Robot Cooking Kiosk

YPC Wants to Bring Fast Food Robotics to Fresh Food Cooking

Crunchbase.com/organization/ypc-technologies

アイキャッチ画像の出典:YPC Technologies

 

関連記事

  1. タピオカティーロボットで未開拓市場を狙うBobacinoが約2.…
  2. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  3. 中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRoboti…
  4. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  5. フランスのピザロボットレストランPazziが操業停止
  6. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  7. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  8. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

おすすめ記事

Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious Foods立ち上げを発表

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発するアメリカのPairwise(ペアワイズ)…

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するソーラーフーズ(Solar Foo…

米スーパー大手クローガーがドローンによる食料品配達を正式に実施

アメリカのスーパーマーケット大手クローガーは6月に、ドローンを使った食料品配達を…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP