代替プロテイン

イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設をイスラエルに開設

>> <<

 

イスラエルの培養肉企業Future Meat世界初の産業用培養肉生産施設を開設した。

イスラエル、レホヴォトに開設されたこの施設では、1日に培養肉を500kg生産できる。これは5000個分のハンバーガーに匹敵する。

同社は世界初となる培養肉生産施設の稼働により、培養肉の大量生産に向けて舵を切る。

タイソンフーズから出資を受けるFuture Meatは、細胞を培養して動物を殺すことなく培養肉を生産するイスラエル企業。

2022年にアメリカで培養肉の市販化を目指している

培養ハイブリッド肉で市販化を目指すFuture Meat

出典:Future Meat

Foodnavigatorによると、Future Meatの最初の製品は、培養肉が45-60%、植物性タンパク質が40-55%の培養ハイブリッド肉となる予定。

培養肉と植物肉の比率が公表されたのは今回が初めてとなる。

培養ハイブリッド肉について、創業者のYaakov Nahmias氏は次のようにコメントしている。

「筋肉は細胞と細胞外マトリクスどちらも含みますので、100%細胞培養された製品が商業的に実現可能だと私たちは思いません。

細胞農業によって細胞を生産することはできますが、細胞を収集する前または後に食用足場を加える必要があります。

つまり、これまで主要他社によって議論されてきた製品はすべて、植物ベースの足場と細胞培養肉をブレンドしたものに思えます」(創業者 Yaakov Nahmias氏)

同社は押出技術を使用することで、高価な組織工学的技術に頼ることなく、肉の明確な食感を実現しているという。

肉として重要な風味、香りには、細胞培養した脂肪を使用。また、細胞をサポートするために、わずかな植物ベース成分を使用している。

線維芽細胞で培養肉を開発するメリット

今回発表された生産施設では培養鶏肉、豚肉、ラム肉の生産が可能で、まもなく培養牛肉の生産を開始する

培養肉の生産コスト高の要因である動物由来の血清は使用せず、遺伝子組換え技術も使用しない。

Future Meatによると、同社独自のプラットフォームにより従来の畜産より20倍速いサイクルで生産が可能になる。

出典:Future Meat

Future Meatと他社との大きな違いは、他社が培養肉の「種」として幹細胞を使用するのに対し、同社は線維芽細胞を使用していること。

培養肉の生産では、あらゆる細胞に分化できる幹細胞を使うことが多い。

Future Meatによると、幹細胞を使用する場合、表現型の安定性に関して懸念があるほか、細胞の状態を維持するために高価な培地が必要になるという。

つまり、「幹細胞は表現型的に不安定」で、その成長と維持にはコストがかかる

これに対し、線維芽細胞は結合組織を構成する細胞で、「非常に丈夫で、わずかな成長因子のみで急速に自己複製する」特徴があるという。

出典:Future Meat

また、「線維芽細胞は遺伝子を組み替えることなく、自然に不死化できる」。

つまり、遺伝子を操作せずに、無限に増殖を繰り返すことが可能となる

※不死化とは、細胞が無限に増殖できる状態をいう。

 

Future Meatは後天的な染色体再配列を伴うプロセスにより、継代細胞を不死化するまで効果的に維持しているという。

上記をまとめると、Future Meatは成長性、安定性においても幹細胞に勝る線維芽細胞を活用し、線維芽細胞を無限に増殖できる状態にして、培養肉を開発している。

コストダウン成功の裏にある3つの要素

Future Meatは今年になってから2度、コストダウン成功を発表している。

5月には110gあたり4ドルまでコストを削減したことを発表。来年中には110gあたり2ドルまでコストダウンすると予想される。

培養肉の生産コストが高いのは、成長因子を含む培地が高価であることが大きな要因とされる。

培地は培養肉にとって成長するための「食事」「栄養」に相当するものだが、Future Meatは次の3つのアプローチにより培地のコスト削減に成功している。

出典:Future Meat

1つ目は、前述のとおり、線維芽細胞はそれほど多くの成長因子を必要としないこと。これにより他社と比べて、初期の培地コストを35%削減することができた。

2つ目は、アルブミンなど血清タンパク質を植物タンパク質の同族体で置き換える特許技術により、培地コストをさらに60%削減できたこと。

3つ目は、培地のリサイクルを可能とする独自システム。Future Meatが「培地の若返り技術」と呼ぶこの技術により、主要栄養素の再利用が可能となる。

Nahmias氏は今回発表した生産施設について、「当社独自の大規模な培地再活性技術を証明するものであり、産業水準の10倍の生産密度に到達することを可能にする」と言及したうえで、「本当のゲームチェンジャーになる」とコメントしている。

「誰もが買えるおいしい培養肉を作る」

左からMoria Shimoni氏、Yaakov Nahmias氏(創業者)、Rom Kshuk氏(CEO) 出典:Future Meat

CEOのRom Kshuk氏はプレスリリースで「この施設は(培養肉の)市販化を目指すFuture Meatにとって大きな一歩であり、2022年までに商品を市場に出すうえで重要です」とコメントしている。

現在までに培養肉の市販化に成功したのはアメリカのイート・ジャストのみ

同社が2020年12月にシンガポールのレストランで培養肉料理を販売したことは記憶に新しい。

シンガポールではイート・ジャストによる培養肉の販売、デリバリーなど、他国よりも先進的な取り組みがなされている。

Future Meatが作った培養チキン(下)と本物のチキン(上) 出典:Future Meat

これまでに培養肉の販売許可がおりた国はシンガポールのみとなるが、イスラエルのFuture Meatのほかにも、UPSIDE Foods(旧メンフィスミーツ/培養肉)、BlueNalu(培養魚)、Finless Foods(培養マグロ)が今年~来年にかけてアメリカでの市販化に向けて取り組みを進めている。

プレスリリースによると、Future Meatが生産する培養肉は、動物肉よりも温室効果ガスの排出量が80%少なく土地・水の使用量はそれぞれ99%、96%少なくすむ。

「私たちの目標は、次の世代の人々のために、健康かつサステイナブルな、おいしいと確信できる培養肉を生産し、これを誰もが買える手頃な価格にすることです」(創業者 Yaakov Nahmias氏)

イスラエルで注目の培養肉企業

出典:Future Meat

Future Meatはイスラエルを代表する培養肉企業だが、イスラエル発のほかの培養肉プレーヤーからも目が離せない。

三菱商事と提携するアレフファームズは、2月にバイオ3Dプリンターによる培養リブロース肉の開発に成功

アレフファームズはブラジル日本への培養肉導入を進めており、同社の培養肉は日本で食べられる最初の培養肉になる可能性がある

同じく3Dプリンターを活用するMeaTechは、今年、世界で初めて培養肉企業としてアメリカに上場2022年に実証プラントを建設、操業する予定。

Supermeatはテルアビブに世界初となる培養肉の試食に特化したレストランをオープンしている。招待された顧客は無料で培養肉料理を食べる代わりに、培養肉についてフィードバックが求められる。

国内に目を向けると、インテグリカルチャーが細胞農業が広く一般化する世界を目指し、先日「CulNetコンソーシアム」を本格始動した。

全13社の日本企業が参画するこのコンソーシアムでは、培養液、細胞、バイオリアクターなど主要5分野で共同開発を進め、培養肉をはじめとする細胞農業製品の社会実装を目指す

 

参考記事

‘Our goal is to make cultured meat affordable for everyone…’ Future Meat Technologies opens facility, gears up for 2022 launch

Future Meat Technologies Launches World’s First Industrial Cultured Meat Production Facility

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Future Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  2. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  3. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  4. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  5. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  6. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  7. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  8. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

おすすめ記事

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリー…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

培養シーフードを開発するシンガポールのShiok Meatsが、Woowa Br…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP