3Dプリンター

ケーキのデコレーションを可能にするCakewalk3D、自宅の3Dプリンターがフードプリンターに変身!

スポンサーリンク

 

このニュースのポイント

 

3Dプリンターをフードプリンターに変身させるCakewalk 3D

スライサーソフトの制限がなく汎用性が高い

●クラウドファンディング後の販売価格は約2万円を予定

 

 

ケーキのデコレーションで失敗したことのある人に嬉しいニュースだ。

あなたが持っている3Dプリンターをフードプリンターに変身させるCakewalk 3Dが登場した。

Cakewalk 3Dは3Dプリンターに取り付けるエクストルーダー。これにより、ケーキやクッキーにオリジナルなデコレーションが可能となる。

既存の3Dプリンターをフード3Dプリンターに変えるスペシャルキットといってもよいだろう。

キックスターターで2020年11月28日までクラウドファンディングを実施している。

出典:Cakewalk 3D

注目したいのは、すでに3Dプリンターを持っている人は装置を新たに買う必要はないことだ。

Creality、Anet、Anycubic、Alfawise、Prusa などメジャーなFDMタイプの3Dプリンターで使えることをテスト済み。

FDMタイプの3Dプリンターならどの機種でも使えるという。

 

FDM3Dプリンターとは

FDMとは、3Dプリンターの方式の1つで、

材料を熱で溶かして、ノズルから押し出して積層する方式のこと

 

FDM方式の3Dプリンターにはさまざまな機種がある。下記写真はそのごく一部だ。

FDM3Dプリンターにはいろいろな機種がある 写真は当メディア運営者が購入したもの

下図のように、細いフィラメント(樹脂のこと)がエクストルーダーに送られると、フィラメントが溶け、ノズルから押し出されて積層していく。熱でフィラメントを溶かすので、熱溶解積層法とも呼ばれる。

出典:https://manufactur3dmag.com/working-fdm-fff-3d-printing-technology/

 

要するに、ソフトクリームのイメージだ。

3Dプリンターの材料を押し出すエクストルーダーをCakewalk 3Dに置き換えると、フードプリンターになる

もちろん、押し出される材料はプラスチックのフィラメントではなく、チョコレートやメレンゲ、ケチャップなど。

使い方は次のとおり。

 

①材料を用意して、シリンジに材料を投入する

②スクリューをセットする

③シリンジを3Dプリンターにセットする

④データを送信して3Dプリントする

 

 

写真のようにCakewalk 3Dのシリンジを3Dプリンターにセットして使う。

出典:Cakewalk 3Dより引用、編集

Cakewalk 3Dの粘性要件に合致すれば、たくさんのレシピを作れるという。

これまでに、

 

●チョコレート

●メレンゲ

●ベジタブルピューレ

●ケチャップ

●ガカモーレ(アボカドのディップ)

●はちみつ

 

の3Dプリントに成功している。

出典:Cakewalk

キックスターターで購入するとミックスパウダーがついてくるので、水を加えて泡立てたものをシリンジに入れるだけ。

現在は、メレンゲ、トマトスナック、ヴィーガン用フルーツの3種類のミックスパウダーがある。

Cakewalk 3Dのノズル径は現在は1mmのみ。今回のキャンペーンが成功したら、2mm、3mmのノズルの追加を検討しているが、機種を増やす予定はないという。

 

3Dプリンターの使用経験に応じて3つのキットから選べる

今回のキャンペーンでは、

 

●Maker kit

●Standard kit

●Best Value kit

 

の3つのキットが用意されている。

嬉しいことに、3DプリンターやDIYの経験値によって、自分に最適なプランを選べるようになっている。

Maker kit:49ユーロ(約6000円) エクストルーダー、スクリュー、プラットフォーム、パウダー(材料)

※カプラー、モーター、ネジは自分で用意

Standard kit:89ユーロ(約1万円) Maker kit+カプラー、モーター、ネジ(Cakewalk 3Dの全セットに相当

※必要なサポート部品は自分で3Dプリント

Best Value kit:129ユーロ(約1.5万円) Standard kit+組み立て済み部品、パウダー2つ(計3つ)
3Dプリンター+Best Value kit:459ユーロ(約5.6万円)
Cakewalk 3Dを取り付け済みの3Dプリンター

3Dプリンターが初めての人は、組み立て済みで届く3Dプリンター付きキットがおすすめ。

 

スライサーソフトは何でもOK

 

Cakewalk 3Dで驚きなのが、専用のスライサーソフトが不要なことだ

自分が使うソフトで3Dデータをスライスすればよい。

スライサーソフトについて補足すると、

3Dデータを3Dプリンターが認識できる形に変換するもの。

 

スライサーソフトは、駅の切符に置き換えてイメージするとすっきり理解できる

改札に入るとき、現金ではなく切符や電子マネーを使う。

改札が認識しやすいように現金を切符に変える必要があるように、3Dプリンターにデータを送るときも、3Dプリンターが認識できる形にデータを変換してあげる必要がある

つまり、切符販売機がスライサーソフトだ

3Dプリンターを使う場合、スライサーソフトの使い方を覚える必要があるが、Cakewalk3Dなら自分が使っているスライサーソフトを使える点で、非常に汎用性があるといえる。

Cakewalk3Dが推奨するパラメーターはこちらのページに記載してある。

キャンペーン終了後の販売価格は169ユーロ(約2万円)になる予定。キックスターターで購入する方が、40ユーロ安くなる。

開発者はパティシエのMarine Coré-Baillais。パティシエに転身する前は、フランスの3Dプリンター企業SculpteoのCEOだった。

開発者のMarine Coré-Baillais 出典:Cakewalk 3D

Coré-Baillaisが実現したかったのは、低コストで実用的で、誰でも使えるフード3Dプリンター

既存のフードプリンターよりも安いものを提供したいと考えた。そのため、3Dプリンターを新たに開発するのではなく、既存の3Dプリンターを利用してさらに実用的にする方法を研究した。その成果物がCakewalk 3Dだ。

Statistaによると、3Dプリンターの出荷数は2027年には800万個を超えると予測される。その数は2018年の5倍以上。3Dプリンター保有者が増えるということは、Cakewalk 3Dがさらに多くのユーザーに浸透していくことを意味する。

個人のDIYユーザーから、ケーキ屋やレストランで活躍する3Dプリンターが増えていくだろう。

Cakewalk 3Dのクラウドファンディングにはすでに180人が支援している。当初の目標額123万円をこえる、274万円を調達した。キャンペーンは残り15日。

購入者すると、クリスマス前にCakewalk 3Dのキットが届く。

今年のクリスマスはオリジナルのデコレーションケーキにしてみてはどうだろう?

参考記事

Cakewalk 3D – a handy food extruder for your own 3D printer

Cakewalk3D: Turning a Desktop 3D Printer into a Food Printer

Kickstarter: Cakewalk Brings Edible 3D Printing to Your Home

アイキャッチ画像の出典:Cakewalk 3D

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  2. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  3. イスラエルAleph Farmsが宇宙で培養ステーキ肉を作る「A…

おすすめ記事

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

牛を使わない牛乳、鳥を使わないのチキン、牛を使わないステーキ、魚を使わない寿司・・・・ときたら、次は…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP