代替プロテイン

ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千万円を資金調達

 

このニュースのポイント

 

●代替卵スタートアップZero Eggが約5億2千万円を調達

●Zero Eggの代替卵はケーキ、クッキーなど焼き菓子も作れる

現在はB2Bで展開、2021年にユーザーへの直接販売へ

 

 

代替卵スタートアップZero EggがシリーズAラウンドで500万ドル(約5億2千万円)を調達した。これまでの総調達額は800万ドル(約8億4千万円)となる。

Zero Eggは2018年にイスラエルで登場した植物性卵のスタートアップ。先月、米国進出をはたしたばかり

同社の主力製品は大豆タンパク質、えんどう豆粉末をベースとしており、次の2つのラインナップがある。

製品名 作れるもの
EGG Basics スクランブルエッグ、オムレツ、キッシュ、クッキー、フリッタータ、ソースなど
BAKE Basics ケーキ、マフィン、カップケーキ、クッキー、パンケーキ、ワッフル、パスタ、マヨネーズなど

このうち、ユーザーが特に喜ぶのは、BAKE Basicsではないだろうか?

焼き菓子が作れるからだ。

出典:Zero Egg

使い方はシンプルで、代替卵粉末、水、少量の油をフードプロセッサーに入れて20秒ほど混ぜるだけ。冷蔵庫で20分ねかせてから使うとさらに良いという。

本当に焼き菓子が作れるのか信じがたい人はこの動画を見てほしい。

▼この写真はZero EggのBAKE Basicsを使って作ったマフィンだ。

出典:Zero Egg

Zero Eggは現在、食品会社やレストランなどB2Bで商品を提供しており、米国の流通・小売業者ゴードン・フード・サービスと提携している。

イスラエルでは複数のレストランやベーカリーショップと提携しているが、来年には小売用の商品を手掛け、ユーザーに直接販売したいと考えている

Zero Eggは今回調達した資金を、米国でのブランド確立と新商品発売にあてるとしている。

急速に成長する代替卵市場

植物性代替卵の市場シェアはまだ小さいが、最も急速に伸びている分野である。

出典:GFI

Good Food Institute (GFI)によると、植物性代替食品の40%のシェアを占める代替ミルクは2019年の時点で売上高が20憶ドルであったのに対し、植物性代替卵の売上高は2019年の時点でわずか1000万ドル。市場規模で見ると代替卵はまだ小さいものの、この2年で売上高が228%、1年では192%になるなど、最も急速に伸びている分野だ

そして、下記グラフが示すように、動物性食品の売上の減少率が最も高いのも卵だ。

出典:GFI

 

イギリスのCrackdは、えんどう豆タンパク質・酵母をベースとした代替卵を開発。ケーキやキッシュ、クッキーを作ることができるという。

代替卵プレーヤーには、インドのEvo Foodsもある。Evo Foodsは既存品をさらに改良して常温でも保管できる卵を開発し、発展途上国の未電化地域に貢献したいと考えている。Evo Foodsは2021年に米国進出を目指しており、今後は代替卵の競争がさらに激しくなりそうだ。

グローバル展開はまだ不明だが、フランスのLes Merveilloeufsは卵黄と卵白を再現できるという、これまでとは異なる代替卵を開発している。

 

今回のラウンドには、Powerplant Ventures、Unovis Asset Management、Strauss Groupなどが参加した。

PowerPlant Venturesはビヨンドミートアピールサイエンス(Apeel Sciences)にも出資しているベンチャーキャピタル。Unovis Asset Managementは微生物発酵による植物性タンパク質スタートアップのThe Protein Breweryに出資。Strauss Groupは培養肉スタートアップのAleph Farmsに出資している。

 

参考記事

Zero Egg Raises $5M for Its Plant-Based Egg Product

Israeli startup Zero Egg enters US market with b2b launch of plant-based egg replacement

Plant-Based Zero Egg To Launch On World Egg Day

アイキャッチ画像の出典:Zero Egg

 

関連記事

  1. 3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアッ…
  2. 培養牛肉バーガーで早期の米国上市を目指すSCiFi Foodsが…
  3. 精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約…
  4. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  5. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  6. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  7. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  8. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…

おすすめ記事

イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発するイスラエル企業MeaTechが、培養豚肉…

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバー…

酵母から脂肪を開発するCultivated Biosciencesが約2.1億円を調達

植物由来乳製品の食感を改善するためにクリーミーな脂肪成分を開発するスイス企業Cu…

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが約39億円を調達

精密発酵で脂肪を開発するオーストラリア企業Nourish Ingredients…

イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功

イスラエルの培養肉スタートアップFuture Meatが、培養鶏肉の生産コスト削…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP