3Dプリンター

アレフ・ファームズ、シンガポール・イスラエルでの合意で培養肉の生産を強化

 

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズ(Aleph Farms)は今月、シンガポールのESCO Asterとの新たな提携に加え、バイオテック企業VBL Therapeuticsからイスラエル、モディインにある同社の製造施設と関連資産を買収したことを発表した

アレフ・ファームズは主要市場における2つの合意により、商用化に向けた生産能力の増強に近づいたとしている。

シンガポールは2020年12月に世界に先駆けて培養肉を販売した国であり、イスラエルは2022年の代替タンパク質に対する投資額が、アメリカに次いで世界2位となった

アレフ・ファームズの共同創業者兼CEOのDidier Toubia氏は、「イスラエルとシンガポールを超えて、食料システムにより安全と柔軟性をもたらす取り組みとして、世界中に戦略的資産を追加で構築することを計画しています」と述べている。

イスラエル・シンガポールでの上市を計画

出典:Aleph Farms

畜産による気候変動や高まる食料需要の対応策として、環境負荷が低く、生産施設で必要量だけを生産できる効率の良い培養肉の開発が国内外で急速に進んでいる。

アレフ・ファームズはプレスリリースで、同社が開発した培養薄切りステーキ肉を最初に発売する国がシンガポールとイスラエルになる予定であることを明らかにした。

アレフ・ファームズはVBL Therapeuticsの資産を買収し、イスラエル、レホボトにあるアレフ・ファームズのパイロット工場から技術を移転することで、地元での生産量を増やすとしている。

VBL TherapeuticsのCEOを務めるDror Harats医学博士は、「当社の最先端施設によって、アレフ・ファームズが価値を解き放ち、効率的に地元での生産量を増やすことができます」と述べている。

ESCO Asterは、シンガポールで培養肉の製造認可を取得した世界で最初かつ唯一の受託製造施設となる。これまでに、米イート・ジャストの子会社GOOD Meat、オランダのモサミートMeatableなど培養肉の先駆的企業がESCO Asterとの提携を発表している。

これまでに培養肉を販売した唯一の企業はGOOD Meatであり、アレフ・ファームズやモサミートなどが第2の国になろうとしている。

AgFunderの報道によると、アレフ・ファームズの培養肉は、シンガポールで2025年に生産を開始する見込みだという。

イスラエルの培養肉企業

買収したVBL Therapeuticsの施設 出典:Aleph Farms

アレフ・ファームズは昨年、イスラエルに65,000平方フィートのパイロット生産施設を開設した。昨年4月には、培養コラーゲンの研究開発に着手したことを発表した。

今年1月には、イスラエルの首席ラビDavid Baruch Lauが、同社の培養ステーキ肉がコーシャであると判定したことを発表。これにより、市販化に先立ち、同社の培養肉がコーシャ認証を受ける道が開かれた。

イスラエル発の培養肉企業としては、アメリカに世界最大規模の培養肉工場を建設中のBELIEVER Meats、世界で最初にNasdaq上場を実現したSteakholder Foods、味の素、ミグロスと提携するスーパーミートに加え、新たにMeataforaPluriNuvaの二社が確認されている。

 

参考記事

Aleph Farms Increases Production Capabilities with VBL Therapeutics Facility Acquisition and ESCO Aster Partnership

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Aleph Farms

 

関連記事

  1. ダノンが精密発酵企業Imagindairyに出資、細胞農業企業で…
  2. Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年…
  3. 古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Ark…
  4. 韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を…
  5. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  6. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  7. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…
  8. 培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Fo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開設

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、培養肉などさまざまな細胞農業製品…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

ベルギーのPaleoがペットフード業界に参入|精密発酵ミオグロビンを使用したペットフードの特許を出願

精密発酵でヘムを開発するベルギー企業Paleoが今月、ペットフード業界への参入を…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP