3Dプリンター

Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシップを締結

 

3Dプリンターを活用して植物性代替肉を製造販売するイスラエルのRedefine Meatは、イギリス、オランダ、ドイツで70を超える新規クライアントを獲得し、記録的なVeganuary*を達成したことを発表した

*Veganuaryとは毎年1月に開催され、1ヵ月間ビーガンを体験しようというキャンペーン。

新規クライアントには、ダイナー、ステーキハウス、高級レストランが含まれ、イギリスThe Breakfast ClubオランダBoterlapKoks gemertWildschutCafé LuxembourghドイツMundfeinなどが、Redefine Meatの代替肉を提供した。

Redefine Meat、欧州大手高級肉輸入業者と提携、オランダに工場開設

出典:Redefine Meat

昨年1月の記録的な1億3500万ドル(当時約155億円)の資金調達以降、Redefine Meatはさまざまな成果を報告してきた。

昨年10月には欧州最大の高級肉輸入業者であり、世界30箇所でレストランを経営するGiraudi Meatsとの提携を発表。オランダに新たな工場を開設し、豚肉・牛肉・羊肉を揃えた「Pulled Meats」シリーズや、テンダーロイン・サーロインのプレミアムカットなど新製品を発売した

欧州6市場に進出

出典:Redefine Meat

Redefine Meatはこれまでに16の代替肉製品「New Meat」を市場に投入している。現在、イギリス、ドイツ、オランダ、フランス、オーストリア、フィンランドの欧州6市場で販売しており、イスラエルでは精肉店など小売店でも販売している。

Redefine MeatでCEOを務めるEshchar Ben-Shitrit氏は、『「New Meat」の受け入れは大成功で、今回のVeganuaryでは肉好きな人、ベジタリアン、フレキシタリアン、ビーガンのニーズを満たす妥協なき肉を食べる新たな時代の到来を歓迎しています。欧州全土への野心的な拡大に向けて、オランダの新しい大型工場で生産を強化していますので、2023年がとても楽しみです』とコメントしている。

Redefine MeatはGiraudi Meatsとの提携を通じて、イタリア、スウェーデン、ギリシャへの進出計画を発表していたことから、2023年には進出市場のさらなる拡大が予想される。

 

参考記事

Redefine Meat adds record restaurants this Veganuary across Europe, cementing meteoric year for ‘New-meat’

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Redefine Meat

 

関連記事

  1. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  2. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  3. モサミート、牛脂肪細胞を培養する無血清培地に関する論文を発表
  4. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  5. Meatable、EU初の培養肉試食会をオランダで開催
  6. タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場…
  7. イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試…
  8. Aqua Cultured Foods、マイコプロテイン由来の代…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソーセージの承認申請手続きを開始

ドイツの培養肉企業The Cultivated Bは14日、欧州食品安全機関(E…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開発する英The Supplant Company(サプラント)

代替品でもなく、人工的に合成されたものでもなく、自然由来で健康に優しい砂糖が登場…

New Cultureが世界で初めて精密発酵カゼインでGRAS自己認証を発表

精密発酵でカゼインを開発する米New Cultureが、世界で初めて精密発酵カゼ…

Mogale Meatがアフリカで初の培養鶏胸肉を発表

南アフリカの培養肉企業であるMogale Meatは、「南アフリカのみならず、ア…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP