代替プロテイン

植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始

 

このニュースのポイント

 

●ヴィーガンペットフード大手のV-planetが日本で発売開始

●販売商品は小型犬・中~大型犬向けの2つ

●V-planetは韓国進出も発表

 

 

サンフランシスコ発のヴィーガンペットフードを開発するV-planetが日本でも販売を開始した。

日本でV-planetのペットフードが販売されるのは今回が初めてとなる 。

100%ヴィーガン・植物性のペットフードはホールフーズ株式会社で販売される。販売される商品は、小型犬向けの小粒タイプと、中型~大型犬向けの大粒タイプ。

V-planetのペットフードはGMOフリーなペットフード。大豆、トウモロコシ、小麦、グルテンも含まない。主な成分は、えんどう豆、オーツ麦、玄米などで、100%ヴィーガンだ。

ネット通販と店頭販売(京都、愛知のみ)どちらでも購入できる。

V-planet副社長のLindsay Rubinによると、900万の日本人が犬を飼っているにも関わらず、日本での植物性ペットフードの選択肢はまだ少ない。今回の販売開始は、ヴィーガン志向の飼い主に嬉しいニュースだ。

出典:V-Planet

V-planetの日本進出の発表の1週間後、今度は韓国での発売開始が発表された。 韓国のペットフード産業の代表格Dream Pet Foodsとの提携となる。

日本、韓国での相次ぐ発売開始によって、V-planetのアジア、世界での展開に弾みがつくだろう。

2005年の設立からこれまでに、日本、韓国、香港、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、カナダ、パナマ、米国で展開している。

V-planetのほかにもペットフード代替品に取り組む企業はいる。

Bond Pet Foodsだ。米国コロラドを拠点にする同社はすでに、アニマルフリーなペットフードを開発している。微生物発酵技術と酵母により開発したチキンそっくりな動物タンパク質を、犬・猫向けのペットフードに使っている。8月には資金調達に成功しており(金額は非公開)、クランチベースによるとこれまでに120万ドル(約1億2千万円)を調達している。

Wild Earthは麹で作られたタンパク質を原料にしたドッグフードを販売している。2017年の設立で、これまでに1220万ドル(約12億円)を調達している。

ペットフード代替食の日本発売をきっかけに、「ヒト用」代替食の日本進出がさらに加速することを期待したい。

 

参考記事

V-planet to launch vegan dog food products in Japan

V-planet launches plant-powered dog food in South Korea

Asia Expansion: Plant-Based Dog Food Brand V-Planet Launches In Japan

アイキャッチ画像の出典:V-Planet

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  2. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  3. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  4. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  5. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  6. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  7. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  8. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…

おすすめ記事

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP