代替プロテイン

植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始

スポンサーリンク

 

このニュースのポイント

 

●ヴィーガンペットフード大手のV-planetが日本で発売開始

●販売商品は小型犬・中~大型犬向けの2つ

●V-planetは韓国進出も発表

 

 

サンフランシスコ発のヴィーガンペットフードを開発するV-planetが日本でも販売を開始した。

日本でV-planetのペットフードが販売されるのは今回が初めてとなる 。

100%ヴィーガン・植物性のペットフードはホールフーズ株式会社で販売される。販売される商品は、小型犬向けの小粒タイプと、中型~大型犬向けの大粒タイプ。

V-planetのペットフードはGMOフリーなペットフード。大豆、トウモロコシ、小麦、グルテンも含まない。主な成分は、えんどう豆、オーツ麦、玄米などで、100%ヴィーガンだ。

ネット通販と店頭販売(京都、愛知のみ)どちらでも購入できる。

V-planet副社長のLindsay Rubinによると、900万の日本人が犬を飼っているにも関わらず、日本での植物性ペットフードの選択肢はまだ少ない。今回の販売開始は、ヴィーガン志向の飼い主に嬉しいニュースだ。

出典:V-Planet

V-planetの日本進出の発表の1週間後、今度は韓国での発売開始が発表された。 韓国のペットフード産業の代表格Dream Pet Foodsとの提携となる。

日本、韓国での相次ぐ発売開始によって、V-planetのアジア、世界での展開に弾みがつくだろう。

2005年の設立からこれまでに、日本、韓国、香港、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、カナダ、パナマ、米国で展開している。

V-planetのほかにもペットフード代替品に取り組む企業はいる。

Bond Pet Foodsだ。米国コロラドを拠点にする同社はすでに、アニマルフリーなペットフードを開発している。微生物発酵技術と酵母により開発したチキンそっくりな動物タンパク質を、犬・猫向けのペットフードに使っている。8月には資金調達に成功しており(金額は非公開)、クランチベースによるとこれまでに120万ドル(約1億2千万円)を調達している。

Wild Earthは麹で作られたタンパク質を原料にしたドッグフードを販売している。2017年の設立で、これまでに1220万ドル(約12億円)を調達している。

ペットフード代替食の日本発売をきっかけに、「ヒト用」代替食の日本進出がさらに加速することを期待したい。

 

参考記事

V-planet to launch vegan dog food products in Japan

V-planet launches plant-powered dog food in South Korea

Asia Expansion: Plant-Based Dog Food Brand V-Planet Launches In Japan

アイキャッチ画像の出典:V-Planet

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  2. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  3. インドEvo Foodsが代替卵を販売開始、2021年4月に米国…
  4. 菌類から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調達…
  5. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  6. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  7. 【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオ…
  8. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…

おすすめ記事

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP