代替プロテイン

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

このニュースのポイント

 

ユニリーバが植物由来食品の年間売上目標を10億ユーロに設定

●5年~7年以内の実現を目指す

代替肉と代替乳製品を強化する

●イギリス・テスコは5年で植物肉の売上3倍目標を発表

 

 

オランダ・イギリスの食品・日用品大手のユニリーバが今後5年から7年に、植物由来の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を10億ユーロ(約1200億円)とすることを発表した。

これは、より健康的な食事への移行支援、グローバルフードチェーンによる環境負荷の軽減という、ユニリーバのFuture Foodsキャンペーンの一部となっている。

同社は、今回発表した売上目標を、代替肉と代替乳製品の強化によって実現する予定

具体的な施策は次のとおり。

 

●オランダの植物肉ブランドThe Vegetarian Butcher(ベジタリアン・ブッチャー)の商品展開を拡大

●Hellmann’sのマヨネーズ、MagnumやBen & Jerry’sのアイスクリームなど植物由来の代替商品の強化

 

The Vegetarian Butcherはユニリーバが2018年に買収したオランダの植物性代替肉ブランド。同社はこれまでにThe Vegetarian Butcherのブランドを世界30カ国以上に展開しているが、今後はさらにマーケットを拡大したいとしている。

出典:Vegetarian Butcher

2019年、ユニリーバはファーストフード大手のバーガーキングのサプライヤーとして選定された。これにより、ドイツ・バーガーキングを皮切りに、ヨーロッパ、中東、アフリカでThe Vegetarian Butcherの植物性バーガー、ナゲットを販売している。今年9月には、香港のレストランで期間限定で提供された。

代替乳製品では、有名なヴィーガンブランドである、Hellmann’sのマヨネーズ、MagnumBen & Jerry’sのアイスクリームを強化したい考え。

出典:Ben & Jerry’s

ヴィーガンアイスクリームのMagnumは2019年に英国でベスト・ヴィーガンアイスクリームを受賞している。

世界の食品大手企業の4割が植物由来食品に注力

植物性代替食品市場は世界的に成長を続けている。

FAIRRのレポートによると、代替タンパク質の市場規模は2025年までに179億ドル(約1.8兆円)にまで成長する見込み

同レポートによると、世界の食品大手企業4割が、植物性の代替肉や代替乳製品の開発・販売に注力するチームを有している

この中には、クルーガーテスコネスレユニリーバがおり、成長する代替肉市場トップの「パイオニア」として、ユニリーバとテスコがあげられている。

2019年、ユニリーバはイノベーションセンター「Hive」に9400万ドルを投資した。この拠点では、Knorr、Hellmann’s、The Vegetarian Butcherなどのブランドに特化した植物ベースの材料やサステイナブルな食品包装の研究を行っている。

出典:Hellmann’s

テスコは5年で植物肉の売上3倍を目標に

ユニリーバが新たな年間売上目標を発表する前の10月、イギリスの小売大手テスコは今後5年に植物性代替肉の売上を3倍にすることを発表した。

目標を達成する施策としてテスコは、

 

●全店舗の20カテゴリーで植物性代替食品の商品を追加し、

 

●植物性代替食品を値下げする

 

としている。

テスコはさらに、タンパク質商品全体に占める植物性代替タンパク質商品の売上を毎年公表することも宣言した。この動きは、競合他社にも同じく透明性を公表する圧力となるだろう。

こうした食品大手の取り組みは、持続可能な世界を実現するうえで非常に望ましい。

オスロを拠点とする非営利団体EATの報告によると、G20の国民が肉と乳製品の消費を減らせば、カーボンバジェットの40%を確保できるという

カーボンバジェットとは、気温上昇をあるレベルまで抑えたい場合に、すでに排出した量を除き、あとどれくらい温室効果ガスを排出できるかの概念を数値化したもの

手取りが25万円で、生活費に10万使うと、使えるお金として15万円が残る計算と同じだ。

ユニリーバの生鮮食品部門部長のHanneke Faberは次のように述べている。

「世界的な食品大手として、世界の食料システムの変革に寄与することは私たちの重要な任務です。健康で植物ベースの食品をすべての人が手に入れられるようにするのは、当社の責任なのです」

 

参考記事

Unilever Sets €1 Billion Plant-Based Meat & Dairy Alternatives Annual Sales Target

Unilever sets bold new ‘Future Foods’ ambition

Plant-Based Pioneer: Tesco Pledges 300% Sales Increase For Meat Alternatives Within 5 Years

アイキャッチ画像の出典:The Vegetarian Butcher

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!
  2. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  3. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  4. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  5. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  6. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  7. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  8. Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売…

おすすめ記事

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP