代替プロテイン

藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Foodsが約2.6億円を獲得、ビーガンシーフード分野へ注力

 

藻類や微細藻類の力を利用して代替タンパク質製品を開発するフランスのAlgama Foodsが、欧州委員会による「FEAMP 2020 Blue Economy Window」から200万ユーロ(約2億6000万円)の助成金を獲得した。

「FEAMP 2020 Blue Economy Window」は、2021年3月に欧州委員会のEuropean Maritime Affairs and Fisheries Fund(EMAF)が立ち上げたブルーエコノミー(海洋環境に配慮しながら社会や経済を持続可能に発展させようという取り組み)向けの公募。欧州のブルーエコノミーを発展させるため、新製品、新サービス、新ビジネスモデルの市場導入を支援することを目的としている。

本助成金は海事分野の革新的な中小企業のみを対象としたもので、今回はAlgama Foodsを含む11のプロジェクトが選ばれた。

Algama Foodsは今回の資金を利用して、人材の採用を進めるとともに、植物性のスモークサーモンやマグロフレークといったビーガンシーフード製品の開発に力を入れる予定だ。

Algama Foodsの共同創業者兼CEOであるAlvyn Severien氏は、「今回の資金援助は、藻類や微細藻類を用いて100%植物由来のテクスチャ付与食品を開発するという、当社が数年前に開始した戦略の妥当性を示すものだ」とコメントしている。

ビーガンシーフード分野に進出するAlgama Foods

共同創業者のAlvyn Severien氏(左)とGaetan Gohin氏(右) 出典:Algama Foods

Algama Foodsは2013年の創業以来、藻類成分を活用して、卵や乳製品、肉製品といった動物性タンパク質の持続可能な代替品を開発してきた。

同社は、適切な藻類を選択して代替タンパク質製品に利用する技術を保有しており、この技術を活用して他の食品メーカーにおける製品開発のサポートを行っている。同社のスピンオフブランドには、ビーガンマヨネーズのThe Good Spoonや、デイリー(乳製品)フリーミルクを製造するスタートアップUpdate Foodsなどがある。

出典:Algama Foods

Algama Foodsは現在、代替タンパク質分野における急成長カテゴリーであるビーガンシーフードに注力している。同社は藻類を活用した植物性のスモークサーモンとマグロフレークを開発中であり、2021年末にはこれらの製品を「Seafood Algternative」というブランドで販売する計画だ。

Alvyn Severien氏は、シーフードカテゴリーへの進出について「卵や牛乳の代替品の後に、魚の代替品に興味を持つのはごく自然なことだ」と述べている。

注目すべきフランスの代替タンパク質スタートアップ

HARi&COの商品 出典:HARi&CO

今回紹介したAlgama Foodsの他にも、フランスでは数多くの代替タンパク質スタートアップが生まれている。

Le Papondu(旧称:Les Merveilloeufs)は卵のビーガン化に取り組むフードテック企業であり、全卵の代替品を開発する数少ない企業として知られている。同社は近く、パリのレストランで製品の提供を開始予定だという。

HARi&COは、豆類を中心とした植物性素材を使用して、ヘルシーなビーガンバーガーやミートボールを製造するスタートアップだ。同社では大豆の使用を避け、緑レンズ豆やひよこ豆といったフランス産の豆類を使用している。

 

参考記事

This French Startup Makes Vegan Seafood From Algae and Got A €2M Grant For It

French Algae Startup Algama Foods Receives €2M Grant From the European Commission

Vegan Fromage and Cell-Based Foie Gras? These 9 French Startups Are Redefining Food

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Algama Foods

 

関連記事

  1. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  2. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  3. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  4. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  5. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  6. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  7. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  8. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…

おすすめ記事

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helaina

代替タンパク質の領域では、微生物を活用してタンパク質を作る精密発酵と呼ばれる技術…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すものとは

メディアの注目を集め続けるフードテック企業がある。「地球を終わらせない」という理…

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP