代替プロテイン

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

>> <<

 

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリーズDラウンドで2億3500万ドル(約259億円)を調達した。

このラウンドはTiger Globalが主導し、DFJ GrowthZOMA Lab、ジェフ・ベゾス氏による投資会社Bezos Expeditions、シェイク・シャックの創業者ダニエル・マイヤー氏によるファンドEHI のほか、ルイス・ハミルトン氏ロジャー・フェデラー氏など著名アスリートも参加した。

これにより、NotCoの調達総額は3億6000万ドル(約397億円)となり、企業価値は15億ドルとなった。

NotCoは2015年に設立された南米を代表するフードテック企業。プレスリリースによると、牛乳、卵、肉という3つの主要な動物性タンパク質市場を同時に狙う唯一の企業となる。

出典:NotCo

NotCoは、GiuseppeというAI技術を用いて、独自に蓄積した何千という膨大な植物プロファイルから、動物性たんぱく質にマッチする理想的な植物成分を割り当てる。

使用する原料は、えんどう豆、パイナップル、ココナッツ、キャベツなど多岐にわたる。

生物学的に加工された食品を作るのではなく、既存の食品を分類し、さまざまな植物成分を組み合わせることで、動物性食品に最も似た食感、匂い、口当たりを再現する。

Giuseppeを活用して動物性食品に置き換わる理想の植物原料をすばやく、より正確に特定し、分子レベルでマッチングすることで、植物性でありながら、動物性食品と同じ味、食感、機能を持つ食品を作り出している。

出典:NotCo

例えば、代替ミルクNotMilkは原料として、えんどう豆、パイナップルの絞り汁、チコリの根、ココナッツオイル、キャベツの絞り汁を使用している。

「プラントベース食品を食べている人の60%は味に満足していません。牛乳を飲む人の30%は、同じ味のものがあれば変えたいと思っています。

私たちの技術はAIをベースにしていますので、異なる食品システムを創り出すことができますし、この業界で他社より早く、より良い商品を作ることができます。

30万種の植物がありますが、これらの99%で何ができるかはまだわかっていません」(CEOのMatias Muchnick氏)

NotCoは現在、アメリカ、チリ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビアの6000箇所近くの小売・外食産業で商品を展開している。昨年にはチリのバーガーキングに採用された。

今回調達した資金で、北アメリカで新しいカテゴリーへの拡大を図り、独自のAIプラットフォームを強化する。また、メキシコ、カナダにも参入し、アメリカ、チリでの市場シェアを増やす。

CEOのMatias Muchnick氏は、今後2、3年で事業の50%がアメリカベースとなるとみている。来年にはヨーロッパ、アジアへの進出も狙っている。

NotCoのチーム 出典:NotCo

NotCoの商品には、代替ミルクのノット・ミルク(NotMilk)、代替パテのノット・バーガー(NotBurger)、代替アイスクリームのノット・アイスクリーム(NotIceCream)、代替マヨネーズのノット・マヨ(NotMayo)、代替肉のノットミート(NotMeat)の5種類がある。

アメリカで販売されているのはNotMilkのみだが、南米では全商品が展開されている。今後は北アメリカでもNotMilk以外の商品を展開していくと予想される。

NotCoがアメリカ進出を果たしたのは昨年11月。現在、ホールフーズ、スプラウツ、ウェグマンズなどのスーパー、Imperfect Foodsなどのオンラインショップで販売されている。6月には販売箇所は3000に達した。

年末までに国内外の販売箇所を8000箇所に増やしたいと考えている。

出典:NotCo

同社は、先月にシェイク・シャックの創業者ダニエル・マイヤー氏によるグロースエクイティファンドEHIから出資を受けたばかり。

NotCoは自社サイトでB2CによるEC販売も手掛けているが、インテルのCPUのように、市場に出回る食品に導入されるB2Bの戦略も狙っている。

「多くの企業から『当社製品の植物バージョンを作れますか?』という問い合わせがありました。こんな風に他社製品の「Intel Inside」になることができます」

(CEOのMatias Muchnick氏)

テッククラウンチによると、NotCoは今後2年でスタッフを現在の100名から2倍に増やし、鶏肉やシーフードなど新しい製品を増やすことも考えている。これまでに5つの特許を取得しているが、今後はさらに増やしていく。

 

参考記事

Food Tech Pioneer NotCo Announces $235M Series D Round at $1.5 Billion Valuation

Bezos-Backed NotCo Raises $235M for Plant-Based Alternatives

NotCo gets its horn following $235M round to expand plant-based food products

Bezos-backed plant food firm NotCo joins unicorn club after latest funding

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:NotCo

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  2. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  3. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  4. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  5. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  6. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  7. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  8. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…

おすすめ記事

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが初ラウンドで約12億円を調達

オーストラリアのスタートアップ企業Nourish Ingredientsが初のラ…

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼働をまもなく開始

細胞培養により培養サーモンを開発するWildtypeが、実証プラントの稼働をまも…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP