代替プロテイン

ドイツのBettaF!sh、海藻と植物を使用した代替サーモンSAL-NOMを発売

 

ベルリンを拠点とする代替魚スタートアップBettaF!shは今月、代替マグロ製品TU-NAHに続き、新製品SAL-NOM発表した。SAL-NOMは欧州産の海藻エンドウ豆そら豆などを使用して作られたビーガンサーモンとなる。

欧州8カ国に展開するBettaF!sh

出典:BettaF!sh

BettaF!shは従来のシーフードに代わる美味しく、持続可能な代替品の開発に取り組むドイツ企業。海の成分を使用して代替マグロ(Thunfisch-Alternativen)を最初の開発した企業だと述べている

最初の製品TU-NAHは、2022年11月から2023年2月まで、JAL(日本航空)の機内食メニュー(日本-ロンドン間)として期間限定で提供された。ほぼ同じ時期に、国際的なレストランチェーンL’Osteria全157店舗でもピザとパスタのメニューに使用された

昨年8月には、ドイツ、オーストリア、スペインの280店舗以上のMüllerで取り扱いを開始。今年春にはドイツの大手スーパーマーケットチェーンREWEグループの一部、スーパーマーケットREWE Center導入された。これまでにドイツ、スイス、フランス、スペイン、オーストリア、クロアチア、イタリア、ギリシャの欧州8カ国で販売を実現している

出典:BettaF!sh

共同創業者のDeniz Ficicioglu氏は、SAL-NOMは大型藻類に関して4年間の集中的な研究開発により開発されたものだと言及

自社オンラインストアですでにSAL-NOMの販売を開始しており、販売価格は6瓶で19.99ユーロ(約3400円)。海藻成分は8.9%、エンドウ豆やそら豆由来の植物タンパク質成分は45%となり、防腐剤、砂糖、メチルセルロースは使用していない

多様化する植物性シーフード、植物サーモンも登場

今月発表された植物サーモン 出典:Impact Food

GFIによると、植物シーフードの生産に伴う温室効果ガス排出量の中央値は、養殖された魚よりも34%低いと報告されている。植物性シーフードは環境負荷を軽減し、マイクロプラスチックや水銀などを含まないクリーンかつ持続可能なソリューションとして世界的に開発が進んでいる。

スウェーデンのHookedは昨年、念願のドイツ進出を実現した。イスラエルのOshiは昨年、ホールカットの植物サーモンをアメリカで発売した。ホールカットの植物サーモンではカナダのNew School Foodsも今年発売を予定している。

Impact Foodは植物マグロに続き、植物サーモンを開発。今月東京で開催されたオイシックス・ラ・大地による試食会で植物サーモンを発表した

国内ではネクストミーツが2021年に「NEXTツナ」を発売。昨年7月にはセブン・イレブンが環境に配慮した新食品シリーズ「みらいデリ」の第1弾として、代替ツナを使用したおにぎりなどを発売。代替ツナの原料は、熊本を拠点とするDAIZの植物肉原料を使用している

 

参考記事

BettaF!sh Unveils SAL-NOM Vegan Hot-Smoked Salmon Made from Seaweed

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BettaF!sh

 

関連記事

  1. ScaleUp Bio、微生物発酵の商用施設についてシンガポール…
  2. 菌糸体からベーコンを開発する米MyForest Foods、年産…
  3. 代替脂肪(油脂)セミナー開催のお知らせ
  4. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  5. Oatlyがオーツ麦由来のソフトクリームをイギリスで発売
  6. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  7. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  8. 米Optimized Foods、食品廃棄物と菌糸体を活用した持…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達

代替肉、代替ミルクなど代替タンパク質に取り組む企業が増える中…

マクドナルド、ビヨンドミートと開発した植物性マックナゲットをドイツで発売

マクドナルドはビヨンドミートとの提携を通じて、ドイツのマクドナルド1400店舗で…

食品ロスに取り組むFlashfoodが約14.7億円を調達、アメリカ食料品店との連携を強化

食品ロスに取り組むアプリを提供しているカナダ企業FlashfoodがシリーズAで…

Moolec Science、豚タンパク質を作る大豆「Piggy Sooy」で米国農務省の承認を取得

ルクセンブルクに拠点を置く植物分子農業企業Moolec Scienceは今月、米…

ビヨンドミートが日本市場進出へ|U.S.M.Hと独占販売契約を締結

アメリカの代替肉企業ビヨンドミートが日本市場に参入する。ユナイテッド・ス…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP