デリバリー

デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調達

 

このニュースのポイント 

●スウェーデンのデリバリ―専門Vemblaがシードラウンドで約7300万円を調達

●これまでの総調達額は約1億2千万円

●スウェーデンのネット通販売上高は2022年には7%になる予想

 

 

スウェーデンのデリバリースタートアップVemblaがシードラウンドで600万スウェーデンクローナ(約7300万円)の資金調達に成功した。

出資したエンジェル投資家には、Tuomas Kukkonen、SwedbankCEOのMichael WolfManfred Aronssonらがいる。

Vemblaは、アプリを通じたデリバリーサービスを提供するストックホルム発のスタートアップ。

顧客がVemblaのアプリで購入すると、配達員がお店でピックアップして、商品を届ける仕組み。商品は1時間以内配達される

出典:Vembla

ユーザーはまず、配達先を入力する。配達先は自宅でも自宅以外でも自由に決められる。受け取るときにその場所にいればよい。

次に店を選択する。スウェーデンの食料品店やドラッグストアから1000以上の品物を注文できる。1つの店から購入することも、複数の店から同時に購入することも可能だ。

注文が完了したら、Vemblaの配達員が配達する。ウーバーイーツのように、配達員の動きを地図上で確認できる。

出典:Vembla

スウェーデンで急成長するデリバリー需要

出典:Vembla

Vemblaによると、スウェーデンでは2020年のオンライン売上高は全体の5%に達し、2019年の2%から大幅に増加した2022年には全体の7%近くになると予想されている。

Vemblaの競合となるスウェーデン発のデリバリー企業にはGastrofyがいる。

Gastrofyは単なる食料品デリバリーの一歩先をいくサービスを提供している

レシピサイトとオンラインショップをつなぐサービスを構築し、ユーザーがレシピを選ぶと、レシピに必要なものをシームレスに購入できる仕組みだ。

ユーザーは不要なものをリストから削除したり、不足しているものを追加したりできる。レシピからのシームレスな購入ができる点で、米国のサイドシェフがウォルマートと提携するサービスに似ている。Gastrofyはこれまでに総額300万ドル(約3億1千万円)を調達している

このほか、スウェーデンでネット通販を専門にするMatHem.seは、自社でデリバリーする仕組みを構築している。

Matsmartは期限切れ間近の商品や過剰在庫の商品を格安で販売するオンラインショップ。同社は商品の配達を他社に委託している。

新型コロナによりデリバリーの需要は高まる一方だ。Vemblaの今後の成長は、小売がデリバリーを他社に丸投げするか、自社でデリバリー体制を整えるか、どちらを選択するかも関係するだろう。

同社は2019年4月にストックホルムに設立されたスタートアップ。これまでに資金調達ラウンドは3回実施され、総額で1030万クローナ(約1億2千万円)を調達している。

 

参考記事

Swedish Grocery Delivery Service Vembla Raises 6M SEK

Online Grocery Startups in Sweden

Crunchbase

 

関連記事

  1. コカ・コーラ、ペットボトルなど容器を回収するリバース自販機を発表…
  2. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  3. フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円…
  4. ホームメイド料理のデリバリーサービスWoodSpoonが約2億円…
  5. 全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本…
  6. 新鮮な食材を買える自販機3.0のFarmer’s fridgeが…
  7. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  8. ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFazer

フィンランドのチョコレートメーカーFazerは、持続可能なカカオ生産に向けて細胞…

培養肉企業のパイオニア、モサミートがオランダに培養肉工場を開設

オランダを拠点とする培養肉企業モサミートは今月、オランダ、マーストリヒトに2,7…

Steakholder Foodsが台湾進出に向け、台湾の工業技術研究院と提携

独自の3Dプリンターで植物由来や細胞由来の代替肉・代替魚を開発するイスラエル企業…

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風…

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さく、よりスマートな」アジア最大の精密発酵施設ネットワーク構築へ

オーストラリアに新たに設立された精密発酵スタートアップのCauldronは先月、…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP