デリバリー

デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調達

 

このニュースのポイント 

●スウェーデンのデリバリ―専門Vemblaがシードラウンドで約7300万円を調達

●これまでの総調達額は約1億2千万円

●スウェーデンのネット通販売上高は2022年には7%になる予想

 

 

スウェーデンのデリバリースタートアップVemblaがシードラウンドで600万スウェーデンクローナ(約7300万円)の資金調達に成功した。

出資したエンジェル投資家には、Tuomas Kukkonen、SwedbankCEOのMichael WolfManfred Aronssonらがいる。

Vemblaは、アプリを通じたデリバリーサービスを提供するストックホルム発のスタートアップ。

顧客がVemblaのアプリで購入すると、配達員がお店でピックアップして、商品を届ける仕組み。商品は1時間以内配達される

出典:Vembla

ユーザーはまず、配達先を入力する。配達先は自宅でも自宅以外でも自由に決められる。受け取るときにその場所にいればよい。

次に店を選択する。スウェーデンの食料品店やドラッグストアから1000以上の品物を注文できる。1つの店から購入することも、複数の店から同時に購入することも可能だ。

注文が完了したら、Vemblaの配達員が配達する。ウーバーイーツのように、配達員の動きを地図上で確認できる。

出典:Vembla

スウェーデンで急成長するデリバリー需要

出典:Vembla

Vemblaによると、スウェーデンでは2020年のオンライン売上高は全体の5%に達し、2019年の2%から大幅に増加した2022年には全体の7%近くになると予想されている。

Vemblaの競合となるスウェーデン発のデリバリー企業にはGastrofyがいる。

Gastrofyは単なる食料品デリバリーの一歩先をいくサービスを提供している

レシピサイトとオンラインショップをつなぐサービスを構築し、ユーザーがレシピを選ぶと、レシピに必要なものをシームレスに購入できる仕組みだ。

ユーザーは不要なものをリストから削除したり、不足しているものを追加したりできる。レシピからのシームレスな購入ができる点で、米国のサイドシェフがウォルマートと提携するサービスに似ている。Gastrofyはこれまでに総額300万ドル(約3億1千万円)を調達している

このほか、スウェーデンでネット通販を専門にするMatHem.seは、自社でデリバリーする仕組みを構築している。

Matsmartは期限切れ間近の商品や過剰在庫の商品を格安で販売するオンラインショップ。同社は商品の配達を他社に委託している。

新型コロナによりデリバリーの需要は高まる一方だ。Vemblaの今後の成長は、小売がデリバリーを他社に丸投げするか、自社でデリバリー体制を整えるか、どちらを選択するかも関係するだろう。

同社は2019年4月にストックホルムに設立されたスタートアップ。これまでに資金調達ラウンドは3回実施され、総額で1030万クローナ(約1億2千万円)を調達している。

 

参考記事

Swedish Grocery Delivery Service Vembla Raises 6M SEK

Online Grocery Startups in Sweden

Crunchbase

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. インドのデリバリーZomatoが約54億円を追加調達
  2. 食品ECのFarmsteadが約8億円を調達、デリバリー対応地域…
  3. サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThing…
  4. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  5. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始
  6. まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが…
  7. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  8. ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソ…

おすすめ記事

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが初ラウンドで約12億円を調達

オーストラリアのスタートアップ企業Nourish Ingredientsが初のラ…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP