代替プロテイン

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

 

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定していることが明らかになった。同社は植物ステーキ肉をまず小売店に導入し、次いでレストランへ提供する計画のようだ。

ビヨンドミートの売上はこの1年減少しており、植物ステーキ肉の上市が功を奏すか注目される。

ビヨンドミート、植物ステーキ肉の発売計画を発表

出典:Beyond Meat

ビヨンドミートの決算報告によると、2022年第1四半期の純売上高は約1億950万ドルと、前年比1.2%の増加となった。これに対し、売上総利益は19万ドルと、2021年同時期の3270万ドルと比べ大幅に減少している。

株価は過去1年間、一貫して下落しており、植物ステーキ肉開発の背景には、経済的な低迷を打開する狙いがあると考えられる

Good Food Instituteのレポートによると、アメリカの植物由来製品の小売売上高は、2021年は前年比6%の74億ドルを記録した。

出典:GFI

この中で、植物卵、植物チーズ、植物バターなど、卵・乳製品は動物由来食品に対して急速な成長をとげているのに対し、植物肉は植物由来製品のなかで唯一、横ばい状況となっている。

ビヨンドミートの売上低迷の背景には、アメリカの植物肉市場の成長が鈍化していること、参入企業の増加による競争過熱も考えられるが、主な原因は今年3月に発売したビヨンドジャーキーの製造コストにあるようだ。

売上低迷の主因はビヨンドジャーキー

出典:Beyond Meat

前述のとおり、ビヨンドミートの2022年第1四半期の売上総利益は純売上高の0.2%だが、前年同期は30.2%だった。

これについてビヨンドミートは、第1四半期の業績にはビヨンドミートジャーキーの発売が含まれていることを指摘したうえで、ビヨンドジャーキーの製造には、複雑で高コストな製造プロセスが使用されていることを報告している。ビヨンドジャーキーはペプシコとの合弁会社Planet Partnershipから最初に発売された製品だ。

ビヨンドミートはビヨンドジャーキーの製造コストについて、プロセスの最適化によって今年下半期から「大幅に緩和される」としており、同製品の製造に必要な投資が売上総利益の落ち込みを招いたようだ。

黎明期にある代替ステーキ肉市場

出典:Beyond Meat

ビヨンドミートのこれまでの製品は、バーガーミートボール、ソーセージ、チキンナゲットなど、ミンチ肉や加工肉だった。これに対し、年内に発売予定の植物ステーキ肉は肉全体を複製するようにデザインされるという。

ビヨンドミート創業者兼CEOのイーサン・ブラウン氏は植物ステーキ肉の原料や製法について詳細は明らかにしていないが、「これまででおそらく最高の製品の1つになる」と自信を見せる。

本物のステーキ肉に食感、味を近づけた代替ステーキ肉を消費者に提供できれば、ビヨンドミートにとって低迷する売上を向上させるきっかけになるかもしれない。しかし、ブロック肉の外観、食感、口当たりを備えた代替ステーキ肉の製造には、追加の投資が必要になる可能性もある。

厚みのある植物ステーキ肉の再現は、代替肉の中でも難易度が高く、市場に流通しているものは限られるのが現状だ。競合のインポッシブルフーズも代替ステーキ肉の必要性を過去に言及しているが、現時点で製品化の計画は発表していない。

一方、一部のスタートアップは代替ステーキ肉の上市を進めている。菌糸体を使って代替肉を作るMeati Foodsは今年5月、代替ステーキ肉を発売した。これはアメリカで上市された最初の代替ステーキ肉となる。

アメリカ以外でも、イスラエルのRedefine Meatは3Dプリンター製の植物ステーキ肉をイスラエル、欧州で市販している。スペインのNovameatも3Dプリンターを使ったステーキ肉を開発しており、年内にレストラン、来年には小売への導入を目指している

 

参考記事

Beyond Meat to launch plant-based steak, CEO says

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Beyond Meat

 

関連記事

  1. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  2. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  3. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  4. マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに…
  5. 培養羊肉のMagic Valleyがパイロット施設へ拡張、年産1…
  6. 赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yem…
  7. 「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約…
  8. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、CDMO企業の動向|Foovoレポート

100億円を超える資金調達が目立った2021年-2022年と比べ、2023年の精…

細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァーヘニンゲン大学と研究提携

細胞農業企業の多くが牛肉や鶏肉、チーズなどの製造に力を注ぐ中、高級食材であるキャ…

GOOD Meat、Upside Foodsの2社がUSDAの表示認証を取得、培養肉上市まであと1ステップ

アメリカの培養肉企業GOOD Meat (イート・ジャストの培養肉部門)とUps…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

Quornの親会社Marlow Foods、マイコプロテインを他社へ販売するため原料部門を設立

有名なマイコプロテインブランドQuornの親会社であるMarlow Foodsは…

米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベーコンで特許を取得

アメリカ、ポートランドの代替タンパク質企業Thrilling Foodsは、植物…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP