Foovo Deep

ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosciencesが約46億円を調達

 

ゲノム編集技術を活用して持続可能な熱帯作物を開発するイギリスのTropic Biosciencesが先月、シリーズCラウンドで3500万ドル(約46億6000万円)を調達した

スイスのベンチャーキャピタルBlue Horizonがラウンドを主導し、ADQBloom8Slyviews Life ScienceSucden VenturesTekfen Venturesが参加した。

このラウンドは2850万ドルを調達した2020年のシリーズBラウンドに続くものとなる。

Tropic Biosciencesは最先端のイノベーションを最も必要とされる作物や地域に活用するという使命のもと、ゲノム編集技術を活用して、熱帯作物における栽培効率、消費者の健康増進、持続可能性の向上に努めている。

同社は現在、バナナ、コーヒー、米という主要な熱帯作物に焦点をあてている。

ゲノム編集でバナナ、コーヒー、米の栽培効率を高める

イメージ画像

Tropic Biosciencesがバナナ、コーヒー、米など主要な熱帯作物に焦点をあてる理由は、その影響範囲にある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Tropic Biosciences

 

関連記事

  1. 菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichrom…
  2. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  3. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…
  4. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  5. レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmen…
  6. ビル・ゲイツも出資|細胞培養により代替母乳の開発を目指すBiom…
  7. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  8. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…

おすすめ記事

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800…

米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミート…

代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.9億円を調達

「10年前にテスラが登場したとき、テスラは車を持つ人すべてをターゲットにはしていませ…

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスター…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP