キッチンOS

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

 

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつきもの。そんな料理の失敗を取り払ってくれるのが、スマート調理ロボットOliver

オタワで生まれたOliverは、世界中の料理を自宅で再現してくれるという優れもの。人がやるのは、材料を切って、容器にセットするだけ

あとはロボットにおまかせしておけば、美味しい料理が完成する。それも、失敗せずに。

時間を生み出すスマート調理ロボットOliver

Oliverには5つの材料容器、1つの水トレイが搭載されている。装置の中央には材料を混ぜるためのミキサーアームがついている。

レシピを選び、材料をセットしたら、人間がそばにいる必要はない。材料を入れた容器をセットし、アプリでレシピを選べば、Oliverが鍋の中に必要なタイミングで材料を投入し、温度調節しながら料理してくれる。

Oliverで作れるもの

出典:Else Labs

Oliverは、パスタを茹でるケーキを焼くソースを作るジャムを作るシチューを煮込む野菜を炒めるなどさまざまな料理に対応している。

FoodTech Liveでは、パスタが披露された。

FoodTech Live2021で披露されたパスタ

アプリには、世界中のユーザーがアップロードしたものなど200以上のレシピがある。自分オリジナルのレシピを追加することもできる。

ユーザーは、アプリ上のレシピに従って、材料を容器にいれ、装置にセットするだけ。料理が苦手な人でも、アプリの指示通りに材料を用意すればよい。材料の用意ができたら、アプリの指示に従って、容器をセットする。

容器は装置の蓋に逆さにセットできるようになっている。

材料毎に投入タイミングをコントロール

FoodTech Live2021のデモンストレーション

OliverがInstant Potなどほかの調理ロボットと異なるのは、温度、時間、混合、投入のタイミングが制御できること。特に、材料を投入するタイミングが、材料毎に制御されているのが大きな特徴といえる。

材料が投入されるタイミングは、レシピ毎にあらかじめプログラムされている。内部のミキサーアームが一貫して動き続けるので、焦げ付くこともない。

材料を用意すれば、Oliverがすべて自動で調理してくれる 出典:Else Labs

ユーザーは材料を切る必要があるが、装置をスタートした後は、キッチンを離れて好きなことをしていられる。調理の全プロセスを管理してくれ、料理が完成すると知らせてくれる。

進捗が気になる場合は、アプリに残り時間が表示される。

さらに、アプリにはレシピだけでなく、レシピに必要な材料を買い物リストとして表示してくれる。

料理が終わったら、鍋、容器、ミキサーを取り外して洗うことができる。

Oliverの販売計画

Oliverは、忙しい人、アスリート、子供、ビジネスマンとあらゆる人をターゲットにしている。

Oliverを使用する人からは次の感想が寄せられている。

アプリはすごく使いやすい。自宅で料理することが増えたのは、Oliverが作ってくれるから。自宅で料理を楽しみたいけど、時間のない人にとってゲームチェンジャーになると思う。

料理や買うものをアプリ1つで管理できる。Oliverのおかげで、料理中にほかのことができるようになった。

現在、OliverはIndiegogoでクラウドファンディングを実施している。1台629ドル(約65000円)で購入可能だが、購入できるのはカナダ、アメリカのみ。

クラウドファンディングで販売されているのはプロトタイプとなる。

FoodTech Live2021ではリリースの時期について、今年中頃に消費者向けにリリースしたいと語っていた。

Oliverを発明したKhalid Aboujassoum氏 出典:Khalid Aboujassoum氏

Oliverの誕生は、Else LabsのCEOであり創業者のKhalid Aboujassoum氏が、時間のない人に栄養のある料理を作る機械がないことに疑問を抱いたことにさかのぼる。Aboujassoum氏はSTEM教育のスタートアップ企業も立ち上げている。

 

参考記事

Set It & Forget It: Creator of The Oliver Cooking Robot Hopes to Usher in the Era of Unattended Cooking

This slow cooker of the future could replace your Crock-Pot

アイキャッチ画像の出典:Else Labs

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

   

関連記事

  1. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  2. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  3. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  4. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  5. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…
  6. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  7. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  8. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…

おすすめ記事

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パイロット工場の完成・年内にテスト販売へ

細胞を培養して水産物を開発するBlueNaluが6000万ドル(約62億円)を調…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP