代替プロテイン

微細藻類からタンパク質を開発するBrevelがイスラエルに商用工場を開設

 

微細藻類由来のタンパク質を開発するイスラエルのBrevelが、イスラエル南部に27,000平方フィート(約2500㎡)の商用工場を開設した。工場には5,000Lのバイオリアクターが設置され、ビーガンチーズや代替乳製品用に数百トンの微細藻類タンパク質を生産できるという。

AgFunderの報道によると、この工場では微細藻類由来の白色粉末のタンパク質濃縮物や高価値な副産物が生産される。初期ではエンドウ豆や大豆よりコスト高になるものの、長期的にはエンドウ豆や大豆と同等価格で販売できる見込みだという。

Brevelは2025年初頭にアメリカで最初の製品の上市を目指している。

微細藻類タンパク質のBrevelが商用工場を開設

出典:Brevel

2017年設立のBrevelは、非遺伝子組換えクロレラ株を使用して、ニュートラルで白色のタンパク質粉末を開発している。色や味に影響を与えないタンパク質を開発できるため、チーズなど代替乳製品の分野に注力している。

クロレラ株はアメリカではGRASに該当し、EUでは新規食品には該当しないものの、抽出された成分には規制プロセスが必要になるという。

Brevelは自社技術について公式サイトで、高度な発酵プロセスと高濃度の内部照明を組み合わせたもので、光合成により高収量かつ安定した生産量を実現できると述べている。これにより、光を使用する培養よりも100倍以上高い収率でバイオマスを生産できるとAgFunderに述べている。

出典:Brevel

同社プロセスではタンパク質だけでなく、カロテノイド、食物繊維、極性脂質なども生産できる。現在は、乳化剤用に極性脂質の抽出・精製に向けた研究開発を行っているという。

同社は90万Lの工場建設に向けて2022年9月にKibbutz Yotvataと基本合意書(MOU)を締結した。当時の発表では本格稼働すると、年間3,000トンの乾燥製品を製造する見込みで、生産量の25%を輸出にあてる予定だとしている。

独自のフォトバイオリアクターで特許を出願済み

出典:Brevel

Brevelは内部照明能力を改善したフォトバイオリアクターについて特許を出願している(US2023/0051997A1)。

光合成細菌や藻類の培養では微生物を光源にさらす必要があるが、照明システムが熱に敏感な微生物に影響を与える可能性があるため、冷却手段が必要になる。Brevelは特許明細書で、内部照明機能と効率的な冷却手段を備えた、大規模かつコスト効率が高い効果的なフォトバイオリアクターとシステムの必要性に言及。

現在使用しているバイオリアクターがこの特許のものかは定かではないが、照明と密閉環境の両方を必要とする糖を消費する微生物の培養において、自社のバイオリアクターは既知のフォトバイオリアクターに存在する課題を解決できるものだと述べている。

微細藻類で代替タンパク質を開発する企業では、日本のタベルモ、デンマークのAliga Microalgae、シンガポールのSophie’s BioNutrients、カナダのSmallfood、ニュージーランドのNewFish、ドイツのQuazy Foodsなどが確認されている。Sophie’s BioNutrientsは昨年、乳白色のクロレラ由来のアイスクリームの開発を発表した。

 

参考記事

Brevel unveils commercial algae protein plant with focus on alt-dairy: ‘Our protein is superior to soy and pea…’

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Brevel

 

関連記事

  1. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  2. 韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける
  3. 塩生植物からルビスコタンパク質を抽出するThe Leaf Pro…
  4. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  5. CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細…
  6. 米SCiFi Foodsが培養牛肉製品で初のLCAを実施、環境メ…
  7. 代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、…
  8. 韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するJooulesが約1.5億円を調達

二酸化炭素を原料に代替タンパク質を開発するニュージーランド企業Jooulesは今…

独Cultimate Foods、培養脂肪を使用したハイブリッドバーガーを発表

ドイツの培養脂肪企業Cultimate Foodsは先月、アクセラレーターPro…

イスラエルのWanda Fish、初となる培養マグロの試作品を発表、2025年に承認申請へ

イスラエルの培養魚企業Wanda Fishは、同社初となる培養マグロによる刺身・…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

オランダのFarmless、約7.5億円を調達し農地不要のタンパク質生産へ|新資金でパイロット工場の建設へ前進

微生物、二酸化炭素、水素、再生エネルギーを活用して農地に依存しない代替タンパク質…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP