Foovo Deep

細胞農業(細胞培養・精密発酵)で代替母乳を開発するスタートアップ企業9社

 

健康上の理由、仕事による必要性、母乳が出ないなどの理由により授乳できない母親とその乳児の健康と発育のため、ヒト母乳の栄養成分に近い代替母乳を開発するスタートアップ企業が増えている。

アメリカでは2022年、粉ミルク不足が深刻化した。粉ミルクの供給不足は、安全で本物に近い代替粉ミルクを安定供給する必要性を顕在化させた。

乳児用調製乳市場は2019年の500億ドルから、2027年には1090億ドル規模と、2倍になると予想されている

細胞農業による代替母乳開発は、現在まだニッチな領域とされるが、母乳不足、粉ミルク不足の悩みから親を解放する可能性をひめている。この記事で紹介する9社は、細胞培養または精密発酵により代替母乳成分を開発しており、母乳が持つ栄養面の恩恵を乳児に提供することを目指している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Helaina

 

関連記事

  1. 米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販…
  2. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…
  3. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  4. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  5. 【現地レポ】精密発酵乳タンパク質を使用したアイスクリーム実食レビ…
  6. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  7. アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、…
  8. ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

植物分子農業でジャガイモから卵白タンパク質を開発するPoLoPo、SuperAAプラットフォームを発表

イスラエルの植物分子農業スタートアップPoLoPoは今月、遺伝子組み換えジャガイ…

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

昨今、細胞培養による代替肉、代替乳製品、代替魚、代替コラーゲン、代替チョコレート…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店舗に導入

植物由来の代替油脂を開発する米Lypidが、台湾大手コーヒーチェーンのLouis…

Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表

アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエル企業Remilkが、デンマークに…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP