アップサイクル

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

 

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。

使用済みの大麦は、廃棄されたり、動物飼料や肥料にされたりする。

ベルギーを拠点とする世界最大の醸造企業アンハイザー・ブッシュ・インベブ(以下、AB InBev)の元グローバル副社長グレッグ・ベルト(Greg Belt)氏は、廃棄される大麦の活用方法を5年間考えつづけた

廃棄大麦には豊富な栄養を含まれている。ビールを作るのに適していないとしても、何か他のものに転用できないだろうか?

 

ベルト氏は、植物ベースのタンパク質に対する関心が高まっていること、消費者のトレンドが変化していることに着目。

こうして、廃棄大麦をタンパク質に変身させるスタートアップ企業EverGrainを立ち上げた。

同社は、AB InBevのベンチャー部門ZX Venturesから出資を受けている。

このように、廃棄されるもの・古くなったものに新たな付加価値を持たせ、

価値の高い、別のモノに生まれ変わらせることを「アップサイクル」という。

 

食料廃棄物のアップサイクルの市場規模は2019年には467億ドル(約5兆円)と言われており、Upcycled Food Associatonなどの協会も誕生している。

同社の大麦由来のタンパク質粉末は、現在、アメリカ・オレゴンにある大麦ミルク会社Take Twoの製品に使われている

今年第1四半期にはアメリカ・ヨーロッパで、パートナーと提携してプロダクトローンチする予定で、現在、100以上のプロジェクトが進行中だという。

5年かけて開発された大麦由来タンパク質

廃棄大麦から作られるものは、穀物を製粉した粉末(穀粉)であることが多い。ベルト氏は、最善の方法で廃棄大麦を活用したいと考えた。

EverGrainは大麦に含まれるタンパク質とその構造について研究をつづけ、大麦由来のタンパク質のもっとも良い使い方を見つけた。そして、栄養素を有用で機能的な成分に変える方法に取り組んだ。

ベルト氏によると、大麦由来のタンパク質を作るには、ビールの醸造で使用した後、すぐに行わないといけないという。

こうして作りだした大麦由来のタンパク質は「他の植物タンパク質と違う」とベルト氏は語る。

出典:EverGrain

まず、味が極めてニュートラルなため、苦味抑制剤やさまざまな用途に合わせるために濃い味付けをする必要がない。

また、タンパク質含量が高い。すべてのアミノ酸を含んでいないが、不足するアミノ酸はえんどう豆にあるので、えんどう豆を使えば補完できる。

さらに、大麦タンパク質は95%水に溶けるので、外観や質感を変えることなく、飲料品に栄養素を添加することもできるという。

EverGrainはこの「溶けやすい」タンパク質を売りにしている。

同社は現在、次の2つの製品を販売している。

●大麦タンパク質Everpro

●繊維が豊富な大麦タンパク質EverVita

 

Everproタンパク質を85%含み、牛乳、コーヒー、スムージーなどさまざまな用途がある。すでに、植物ベースの乳製品に使う成分として販売されている

可溶性ならではの性質を利用して、アイスティーなど普通ならタンパク質を加えないドリンクにも添加できるという。

EverVitaは、タンパク質35%、繊維40%の大麦粉末で、市販の焼き菓子やパスタなどに使われているベルト氏によると、商品に対する反応は非常に良好だという。

アップサイクルが秘める可能性

出典:EverGrain

ベルト氏は、会社が大きくなっていけば、世界中の醸造所の近くに生産施設を持てると考えている。

EverGrainはベルト氏が在籍していたAB InBevから原材料を調達している。AB InBev世界中に260を超える醸造所を構え、廃棄大麦は年間140万トンにのぼる。

つまり、これだけの数だけ、タンパク質を作るための原材料があるということだ。

作られるタンパク質はもともとあるものを使っているので、新たに広大な土地を持つ必要もなく、持続可能な生産システムだ。

同社が作る大麦タンパク質Everproはタンパク質を85%含むが、生産プロセスでは繊維が残留する。現在、同社はこの残留する繊維を使って、3つ目の商品開発に取り組んでおり、今年後半にはリリースできるとしている。

同社は現在、AB InBevと提携しているが、海外の醸造企業とのコラボにも意欲的だ

AB InBevのほかに、世界中の醸造所から出る廃棄大麦からタンパク質を作るようになれば、必要となる土地、水、エネルギーを大幅に抑えられる。持続可能な世界の実現にさらに近づく。

こうしたアップサイクルに取り組む企業は増えており、ポーランドのNapiFerynは、なたね油粕から代替タンパク質粉末を開発している。 

コーヒーかすなどの副産物から、グルテンフリーな粉末や化粧品オイルを作るKaffe Buenoは、世界最大の香料メーカー・ジボダンと提携している。

そのままでは捨てられてしまうものに新しい付加価値を加えて、原料を循環させるアップサイクルは、持続可能な世界・経済の構築に貢献するほか、新しいビジネスチャンスも生み出す。

そんなチャンスの種がまだ眠っているかもしれない。

 

参考記事

EverGrain upcycles AB InBev’s barley waste into plant-based protein

EverGrain “revolutionizes barley” with high protein transformation

Barley protein emerging as attractive new option in plant protein toolbox, says AB InBev-backed upcycling startup EverGrain

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:EverGrain

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  2. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  3. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  4. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  5. 【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社
  6. ビヨンドミートが中国で豚ひき肉Beyond Porkを期間限定で…
  7. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  8. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…

おすすめ記事

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP