Foovo Deep

フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設を着工

 

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は25日、培養羊肉(ラム肉)を生産したことを発表した。フューチャーミートによると、同社の培養羊肉は従来の羊肉と同様に調理でき、見た目・味でも遜色なく、ハンバーガーやケバブなどに最適だという。

動物の体外で細胞に栄養をあたえ、成長させて肉とする培養肉は国内外で開発が急速に進んでいる。さまざまな企業が鶏肉、牛肉、豚肉を開発しているが、羊肉を生産したのはフューチャーミートが初となる。

フューチャーミート、世界で初めて培養羊肉を生産

出典:フューチャーミート

EUは世界最大の羊肉消費地域とされる。羊肉は主に、中東、北アフリカ、アジアの一部の多くの国において主要な食肉源となっている。OECDによると世界最大の消費国はカザフスタンで、これにオーストラリア、トルコ、サウジアラビア、ノルウェー、イラン、イギリスが続いている。

ヒツジ細胞株で培養羊肉を生産したことは、フューチャーミートが「培養羊肉を大量生産でき、イノベーションの焦点をさらに多くの動物種に拡大できる」ことを意味する。

同社ゼネラルマネージャーのMichael Lenahan氏は、「フューチャーミートの培養羊肉が従来の羊肉と区別できない理由は、何よりもまず、これが本物の肉だからです。人々が期待するようにジュージューと焼け、期待通りの味がします」とコメントしている。

フューチャーミートは昨年、世界で初めて培養肉の生産施設をイスラエルでオープンした。プレスリリースによると、同社はアメリカ市場参入を進めており、年内に着工予定のアメリカの生産施設で、羊肉や鶏肉を含む培養肉製品の大量生産に移行する。

アメリカでは2024年の生産開始を目指しているが、Foodnavigatorの報道によると、イスラエルで認可を取得次第、2023年にイスラエルでの上市を考えているという。

今回の発表は、3月のタイ食品大手CPフーズとの提携に続くニュースとなる。フューチャーミートはネスレとも植物肉とブレンドした培養ハイブリッド肉の開発を進めており、規制当局の承認を待つ中、さまざまな市場におけるパートナーシップを拡大している。

線維芽細胞から培養羊肉を生産

出典:フューチャーミート

フューチャーミートは2019年に培養羊肉の開発を開始した。同社は中東やアフリカに生息するアワシという品種の羊から線維芽細胞を単離し、無限に分裂する2つのヒツジ細胞株を生成した。

フューチャーミートの創業者兼CEOであるYaakov Nahmias教授は、「フューチャーミートのアプローチは、遺伝子組換えではなく、線維芽細胞が自発的に不死化することを活用しています」とコメントしている。

同社は独自に開発したプロセスで線維芽細胞を脂肪と筋肉細胞に分化させる。最終製品で重要な風味をもたらす脂肪を生産するためのプロセスには24時間かからないことを、Nahmias教授は海外メディアのインタビューに回答している。

フューチャーミートは線維芽細胞の使用、動物成分を含まない増殖培地の開発、培地のリサイクルによりコスト削減を実現してきた。昨年12月には110グラムあたり1.7ドルまでコスト削減したことを発表している

今回の報道では、最終製品を形成する独自プロセスについても言及された。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:フューチャーミート

 

関連記事

  1. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  2. 黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6…
  3. 機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円…
  4. オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成…
  5. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…
  6. イスラエルの精密発酵企業Remilk、アメリカで上市を実現
  7. 食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf En…
  8. ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

おすすめ記事

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼働をまもなく開始

細胞培養により培養サーモンを開発するWildtypeが、実証プラントの稼働をまも…

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロテインを使った培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業MeaTechは19日、傘下の培養油脂を開発するベルギーの…

「砂糖を再発明する」妥協なき代替砂糖の開発に挑戦するイスラエル企業Resugar

完全に天然由来でありながら、100%砂糖のような代替品を開発するイスラエル企業が…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP