代替プロテイン

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

 

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万ルピー(約8900万円)を調達した。

調達した資金で、インド市場での販売、研究開発の強化、チーム拡大を図り、2022年に予定している海外展開の準備を進める

共同創業者のShraddha Bhansali氏によると、同社は5年以内に全世界にEvo Foodsの代替卵を導入させることを目指している。

ムンバイを拠点とするEvo Foodsは2019年に設立されたスタートアップ企業。

レンズ豆を原料に、100%ビーガンな液状の卵を開発している。同社の卵はコレステロールを含まず、鶏の飼育過程で使用される抗生物質を含まない。

出典:Evo Foods

同社は昨年8月のプレシードで、エンジェル投資家でありWild Earthの共同創業者のRyan Bethencourt(ライアン・ベザンコート)氏、Shiok Meats創業者のSandhya Sriram氏からも出資を受けている。

Evo Foodsは昨年10月に、2020年中にインドで販売を開始、2021年4月には米国進出の計画を発表していた

この計画は遅れているようで、Vegconomistの報道によると、今年第2四半期にレストランや外食産業を通じてインドで販売するため、複数のレストランと提携済みだという。さらに、年末にかけて大規模に販売するため大手ファーストフードチェーンと交渉中で、2022年までに海外展開したいと考えている。

Evo Foodsによると、世界の卵市場は2000億ドルで、このうち1000億個の卵がインドで生産されている。

卵1㎏の生産で、鶏肉を1kg生産するより多くの二酸化炭素が排出される。

インドでは家畜の成長促進・感染症予防のために抗生物質の乱用が指摘されている。このため同社は人、環境、動物に優しい、持続可能な卵ブランドを作ろうとしている。

出典:Evo Foods

特に米国市場を視野にいれるEvo Foodsは、次のように述べている。

「アメリカでは、植物性代替卵の平均価格は動物性卵よりも184%高いです。

当社なら、高品質で手頃な植物卵を提供することで、ニーズにこたえることができます」

(共同創業者Shraddha Bhansali氏)

Evo FoodsはこれまでにBig Idea Venturesのプログラムに参加、FoodBytes by RabobankのプログラムでCPGスタートアップTOP5に選出、アメリカのベンチャーキャピタルLightspeed Venture Partnersのプログラムでは食品企業で初めてTOP12に選出されている。

 

参考記事

Evo Foods Celebrates One of Largest Ever Seed Funding Rounds by an Indian Food Startup With a Stellar List of Investors

Plant-Based Egg Startup Evo Foods Secures US$845K & Gears Up For Indian Market Launch

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Evo Foods

 

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  2. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  3. 昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8…
  4. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  5. 【創業者インタビュー】精密発酵でヒト母乳タンパク質を開発するPF…
  6. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…
  7. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  8. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Pairwise、アメリカ初のCRISPR編集食品を発売

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発する米Pairwise(ペアワイズ)は、Co…

イスラエルのSteakholder Foods、3Dプリンターで生成した世界初の植物性ウナギを発表

3Dプリンターで持続可能な代替肉・代替シーフードを開発するイスラエル企業Stea…

草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrewed Food、今年中にビーガンチーズの市販化へ

アメリカ企業SuperBrewed Foodは、今年中に微生物発酵により開発され…

オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さく、よりスマートな」アジア最大の精密発酵施設ネットワーク構築へ

オーストラリアに新たに設立された精密発酵スタートアップのCauldronは先月、…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業Senara

ドイツのスタートアップ企業Senaraは先月、細胞培養によるミルクを低コストで生…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP