代替プロテイン

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

 

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万ルピー(約8900万円)を調達した。

調達した資金で、インド市場での販売、研究開発の強化、チーム拡大を図り、2022年に予定している海外展開の準備を進める

共同創業者のShraddha Bhansali氏によると、同社は5年以内に全世界にEvo Foodsの代替卵を導入させることを目指している。

ムンバイを拠点とするEvo Foodsは2019年に設立されたスタートアップ企業。

レンズ豆を原料に、100%ビーガンな液状の卵を開発している。同社の卵はコレステロールを含まず、鶏の飼育過程で使用される抗生物質を含まない。

出典:Evo Foods

同社は昨年8月のプレシードで、エンジェル投資家でありWild Earthの共同創業者のRyan Bethencourt(ライアン・ベザンコート)氏、Shiok Meats創業者のSandhya Sriram氏からも出資を受けている。

Evo Foodsは昨年10月に、2020年中にインドで販売を開始、2021年4月には米国進出の計画を発表していた

この計画は遅れているようで、Vegconomistの報道によると、今年第2四半期にレストランや外食産業を通じてインドで販売するため、複数のレストランと提携済みだという。さらに、年末にかけて大規模に販売するため大手ファーストフードチェーンと交渉中で、2022年までに海外展開したいと考えている。

Evo Foodsによると、世界の卵市場は2000億ドルで、このうち1000億個の卵がインドで生産されている。

卵1㎏の生産で、鶏肉を1kg生産するより多くの二酸化炭素が排出される。

インドでは家畜の成長促進・感染症予防のために抗生物質の乱用が指摘されている。このため同社は人、環境、動物に優しい、持続可能な卵ブランドを作ろうとしている。

出典:Evo Foods

特に米国市場を視野にいれるEvo Foodsは、次のように述べている。

「アメリカでは、植物性代替卵の平均価格は動物性卵よりも184%高いです。

当社なら、高品質で手頃な植物卵を提供することで、ニーズにこたえることができます」

(共同創業者Shraddha Bhansali氏)

Evo FoodsはこれまでにBig Idea Venturesのプログラムに参加、FoodBytes by RabobankのプログラムでCPGスタートアップTOP5に選出、アメリカのベンチャーキャピタルLightspeed Venture Partnersのプログラムでは食品企業で初めてTOP12に選出されている。

 

参考記事

Evo Foods Celebrates One of Largest Ever Seed Funding Rounds by an Indian Food Startup With a Stellar List of Investors

Plant-Based Egg Startup Evo Foods Secures US$845K & Gears Up For Indian Market Launch

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Evo Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  2. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  3. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  4. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  5. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  6. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  7. 培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソ…
  8. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達

おすすめ記事

「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helaina

代替タンパク質の領域では、微生物を活用してタンパク質を作る精密発酵と呼ばれる技術…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious Foods立ち上げを発表

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発するアメリカのPairwise(ペアワイズ)…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP