代替プロテイン

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

>> <<

 

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が370万カナダドル(約3億円)を調達した。

今回のラウンドを主導した投資家は公開されていない。

エントモファームズはカナダ・オンタリオを拠点とする北米最大の食用コオロギを養殖する企業

さまざまなコオロギ商品を開発しており、同社のコオロギ粉末で、クッキーマフィンを作ったり、スムージーにしたりできる。

出典:エントモファームズ

商品は、コオロギ由来のタンパク質粉末から、焼き菓子用のコオロギ粉末、ローストされたコオロギそのものの商品、コオロギ由来のスナックバーやスムージー粉末などさまざま。

ペットフード、肥料用にコオロギを他社へ提供もしており、日本では昆虫食のentomo社が食品企業にエントモファームズの食用コオロギを卸販売している。

エントモファームズは今回の資金で、シェアを拡大し、ブランド認知度を向上させたい考え。現在は約5570㎡規模の生産施設を有している。

出典:エントモファームズ

コオロギ由来のタンパク質に抵抗のある人は多いが、コオロギは動物肉とほぼ同じタンパク質を含有することがわかっている

動物肉とコオロギなどの昆虫の栄養素を比較した論文によると、コオロギは動物肉と比較して、タンパク質を十分に含有し、鉄分・カルシウムでは動物性タンパク質より優れていることがわかる。

論文をもとにまとめた下記表からも、コオロギが非常にすぐれた栄養食であることがわかる。

タンパク質 脂肪 鉄分 カルシウム
牛肉 20.6 9.3 1.95 5
鶏肉 19.9 7.2 0.88 8
豚肉 20.1 12.4 0.8 7
コオロギ 20.1 5.06 5.46 104

※食用部分100gあたりの内訳

エントモファームズの公式サイトによると、コオロギにはほうれん草の2倍の鉄分サーモンの10倍のビタミンB12牛肉の3倍のタンパク質バナナの3倍のカリウム大豆の2倍のタンパク質があるという。

また、畜産と比較して、昆虫生産で使用する水、土地、エネルギーは少なくすみ、サステイナブルなタンパク質源といえる。

海外の主な昆虫食スタートアップ

出典:エントモファームズ

エントモファームズのようにコオロギを原料にタンパク質をつくる企業には、ベトナム発のCricket Oneがいる。コオロギからタンパク質やオイルを作っている。

昨年11月にバーガー用パテ発売のために資金調達した。Cricket Oneは食品の口当たりが滑らかになるように、外骨格を取り除いている。

フィンランド発のEntisは、オールミルクに混ぜるタイプのコオロギプロテイン粉末や、チョコレート風味を加えたシリアルタイプの商品を自社DtoCサイトで販売している。

コオロギではないが、バッタを原料にタンパク質を作るイスラエル企業Hargolもいる。Hargolも昨年、約3億円を調達している。

日本に古くからある昆虫食・イナゴ

日本には昔から昆虫を食べる習慣がある。

いまの20代、30代の人でイナゴの佃煮を食べたことある人は少ないだろうが、私のように30代でも、子供のころからイナゴの佃煮を当たり前に食べてきた人はいる

今でも観光地の多くには、イナゴの佃煮が販売されているし、アマゾンでも買える。

出典:エントモファームズ

イナゴの佃煮に囲まれて(?)育った身としては、昆虫由来のタンパク質粉末に抵抗のある人が多いことに驚いてしまう。

いちど食べると、その小魚・エビのような食感と味わいに驚くはず。わたしの薦めで30後半にしてイナゴの佃煮に出会い、今では白米にのせて食べる友人もいるほどだ。

日本人にとってとても身近で歴史のあるイナゴの佃煮。

手軽に始められる昆虫食なので、ぜひ食べてみてほしい。

 

参考記事

Entomo Farms Raises $3.7M CAD for Cricket Protein

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:エントモファームズ

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  2. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  3. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  4. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  5. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  6. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  7. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  8. タイソンの植物肉ブランドRaised & Rooted…

おすすめ記事

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo Spreadsの販売を開始

イスラエルのスタートアップDouxMatokが開発した、少ない量でも甘さの変わら…

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●人工母乳を開発するシンガ…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け準備

代表的な米代替肉企業インポッシブルフーズが1年以内に株式上場すると言われるなか、…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/30 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/30 07:55時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP