代替プロテイン

代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産拡大へ

 

持続可能な「本物のハチミツ」を開発するアメリカのMeliBioが17日、シードラウンドで570万ドル(約6億7500万円)を調達したことを発表した

ベルギーのベンチャーキャピタルAstanor Venturesがラウンドを主導、Big Idea VenturesAlumni VenturesVeg Capitalなど計12のファンドが参加した。

MeliBioは精密発酵と植物科学を活用することで、ミツバチを使わない「本物のハチミツ」の生産に取り組む世界初のフードテック企業

今回の調達は昨年9月にCult Food Scienceが主導したプレシードラウンドに続くもので、同社は調達した資金を、代替ハチミツのスケールアップと商用化にあてる。

30社以上が代替ハチミツの使用で契約

出典:MeliBio

MeliBioの最初の製品は2021年10月に発表された。ブランドテストでは、本物のハチミツと区別できない仕上がりだったことを業界の識者は明かしている。

製品は外食産業向け・B2B向けの成分で、これまでにニューヨークのレストラン4店舗と、ワシントンにある消費財企業で試験に成功している。こうした成功により、MeliBioは2022年4月から生産を拡大し、新規クライントを獲得する。

同社は環境に配慮した、持続可能なビーガン製品を求めている食品、飲料、化粧品企業に製品を提供したいと考えている。プレスリリースによると、すでに世界の30社以上の企業がMeliBioの製品を最初に使用する契約を締結しているという。

受粉に欠かせないミツバチを守る

出典:MeliBio

100億ドルのハチミツ産業は、複雑で不安定なサプライチェーン、生産量の低下、価格変動、品質の問題など多くの課題に直面している。

研究によると、世界には2万種の野生・在来のミツバチがいるが、2006年から2015年にかけて数が急速に減少し、4分の3しか存在を確認されていない。植物の受粉を担うミツバチは人類の存続に不可欠な存在であり、ミツバチの減少・消失は、世界の食料生産に深刻な影響を及ぼす。

MeliBioは、ラテン系の科学者でアマチュアシェフであるAaron Schaller氏と、セルビア移民でハチミツ業界の管理職だったDarko Mandich氏によって2020年にカリフォルニア州バークレーに設立された。

出典:MeliBio

同社は昨年、TIME誌の「ベスト・インベンション 2021」でフードテック3社の1社に選出されるなど、サステナビリティと独自の取り組みに注目が集まっている。

設立から2年で、これまでの調達総額は720万ドル(約8億5000万円)にのぼる。

共同創業者のMandich氏は「科学の力により、貴重なミツバチに負担をかけることなく、従来のハチミツと分子的に同等な、美味しくて栄養のあるハチミツを生産できる」とコメントしている。

シードラウンドを主導したAstanor VenturesのパートナーChristina Ulardic氏は「科学と精密発酵を結びつけた次世代の食品テクノロジーを構築するというMeliBioの取り組みに感銘を受けている」とコメントしている。

本物と同等な「代替ハチミツ」、生産拡大へ

左からAaron Schaller氏、Darko Mandich氏 出典:MeliBio

MeliBioは今年1月、最初の商業生産を行うコロラド州の共同製造業者を選定した。さらに、カリフォルニア州オークランドに新しい研究開発スペースとなる拠点を構えた

今回の資金調達により、生物多様性の喪失や不安定なサプライチェーンなどの問題と無縁な、持続可能なハチミツを提供するというMeliBioの目標に近づいたこととなる。ミツバチを使わない「本物のハチミツ」の商業生産がまもなく開始される。

 

参考記事

MeliBio Announces $5.7M Seed Funding To Make Real Honey Without Bees

CULT Food Science Portfolio Company MeliBio Provides Operational Updates and Guidance on New Up-Round Capital Raise

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MeliBio

 

関連記事

  1. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  2. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  3. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  4. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  5. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  6. イスラエル大手食品会社Tnuva、代替タンパク質特化のR&Dセン…
  7. イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを…
  8. 世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで…

おすすめ記事

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タンパク質の生産に成功

カリフォルニア、サニーベールを拠点とするNovoNutrientsは、二酸化炭素…

精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotechと提携、アニマルフリーな乳タンパク質の生産を強化

精密発酵によりアニマルフリーな乳タンパク質を開発するFormoは、バイオテクノロ…

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

ベルギーのフードテック企業Paleoはシードラウンドで200万ユーロ(約2億57…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP