代替プロテイン

昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達

 

このニュースのポイント 

昆虫由来のタンパク質開発に取り組むTebritoが約1億円を調達

幼虫ミールワームを原料とする代替タンパク質

●家畜由来のタンパク質に比べ持続可能性がある

●10月にスウェーデン当局が昆虫食品の販売を認める

●AIを活用した垂直式生産工場で生産

 

 

昆虫を原料にタンパク質を開発するTebritoが80万ユーロ(約1億円)を調達した。

Tebritoはスウェーデン発の昆虫タンパク質に取り組むスタートアップ

同社がつくるタンパク質は、ミールワームを原料とする

ミールワームとは、ゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫の総称で、鳥や小動物などペットの餌として使われることが多い。

Tebritoは2年前からスウェーデン農業科学大学で研究に取り組み、無味無臭の栄養豊富なタンパク質粉末の開発に成功した。

タンパク質含有量は88%

Tebritoが開発した昆虫タンパク質は、残った穀類や廃棄された野菜をミールワームの餌に使用するため、生産プロセスそのものが環境に配慮したものになっている。

パルプ、紙、ビール産業の副産物を使い、ミールワームを飼育する方法も模索しているところだという。

Tebritoの代替タンパク質は、含有率88%とタンパク質を豊富に含む

現在は、スカンジナビアの食品企業数社と共に、高タンパク食品やブイヨン(だし汁のこと)などを開発するプロジェクトに関わっている。

また、昆虫ベースの食品開発に取り組むスウェーデンの研究協議会Formasと協業している。

昆虫を原料とするタンパク質のメリットは、牛や豚などを飼育するよりも簡単で、投入するリソースも少なくすむことだろう。

出典:plusimpact.io

まず、土地については、TebritoはAIを活用した垂直式の生産施設でタンパク質を生産しているため、必要となる土地は少ない(上記写真)。

Tebrito ホームページによると、1kgの食用タンパク質を生産する場合、ミールワーム由来のタンパク質生産で排出される温室効果ガスは牛肉の5.5%、使用する水は0.02%、土地は4.5%、消費されるエネルギーは38%となり、すべてにおいて環境に対する負荷が非常に小さい。

出典:Tebrito

このように昆虫由来のタンパク質は、コスト面でも生産プロセスでも、さらにはタンパク質源としても魅力あるものだが、食べることに抵抗を感じる人は少なくない。

日本には昔からイナゴの佃煮を食べる習慣があるが、食べたことない人が圧倒的に多い。

これは決して、昆虫由来のタンパク質開発に取り組むスタートアップが少ないわけではない。

海外の主な昆虫食スタートアップ

昆虫由来のタンパク質開発に取り組む海外企業には、主に次の4社がある。

Beobiaは自宅でミールワームを飼育できる卓上型デバイスを開発している。3Dプリンターとバイオプラスチックで作った容器でミールワームを飼育すると、1~4週間で卵からミールワームに育つ。

Insecttaは昆虫からキトサンを抽出するシンガポールのスタートアップ。

キトサンは食品、包装、薬に使用されるもの。Insecttaは今年5月にイスラエルのThe Trendlines Groupから出資(調達額は非公開)を受けている。

ベトナム発のCricket Oneは、社名からわかるとおり、コオロギからタンパク質やオイルを作るスタートアップ。11月にバーガー用パテ発売のために資金調達した。Cricket Oneは食品の口当たりが滑らかになるように、外骨格を取り除いている。

同じくコオロギ由来のタンパク質を開発する企業には、Entisがある。

フィンランド発のスタートアップで、オールミルクに混ぜるタイプのコオロギプロテイン粉末や、チョコレート風味を加えたシリアルタイプの商品を自社DtoCサイトで販売している。

スウェーデン当局が昆虫食品の販売を認める

大豆などの代替タンパク質に比べると、昆虫由来の代替タンパク質の注目度は高くない。

これは、粉末とはいえ原料である昆虫に対する負のイメージが大きく影響しているだろう。

そんな中、スウェーデンで10月にTebritoにとって嬉しいニュースがあった。

スウェーデンの食品当局が昆虫を使った食品の販売を認めたのだ。この決定は昆虫由来のタンパク質プレーヤーに追い風となるとともに、人々の意識にも影響する可能性があるだろう。

出典:plusimpact.io

Tebritoは2016年に設立されたスウェーデン企業。

2019年にはパイロット工場建設のために25万ユーロ(約3100万円)を調達した。今回調達した資金は事業拡大に使われる

ラウンドには、スウェーデン企業に特化したベンチャーキャピタルAlmi Invest、Kanopé Impactなどが参加した。

同社がこれまでに調達資金は総額125万ユーロ(約1億5千万円)となる。

 

参考記事

Swedish Edible Insect Startup Tebrito Raises €800,000

Can insect protein find its place in processed foods?

 

アイキャッチ画像の出典:www.di.se

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  2. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  3. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  4. コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達
  5. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  6. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  7. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  8. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…

おすすめ記事

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表

アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエル企業Remilkが、デンマークに…

オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画として培養肉産業を支援

オランダ政府は、国家成長基金(National Growth Fund)の一環と…

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP