Foovo Deep

牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Vivant

 

フランス、リオンを拠点とするスタートアップ企業Bon Vivant(ボン・ビバント)は、アニマルフリーな乳タンパク質の欧州市場投入に向けて取り組んでいる。

Bon Vivantは、オーツ麦、大豆、アーモンドなどの植物成分を使わずに、本物の乳タンパク質を再現する手法をメーカーに提供するB2Bサプライヤーになることを目指している。

酵母を活用して乳タンパク質を生産

イメージ画像

Bon Vivantは、乳タンパク質を生産するために、ワインやビール業界と同様に酵母を使用する。

同社は、酵母に牛のDNAを組み込み、植物成分の培養培地で培養して発酵させる。次いで、培地をろ過し、酵母からタンパク質を分離する。これにより牛が生産するものと100%同等で、乳糖、コレステロール、抗生物質を含まない、環境負荷のはるかに少ない純粋な乳タンパク質が得られる。

Bon Vivantのように、遺伝子組換えした微生物を活用して動物由来と同じタンパク質を生成する精密発酵技術は、海外の乳製品の代替品開発で急速に導入されている。

欧州の精密発酵、米・イスラエルに続き加熱

出典:Formo

精密発酵で代替乳製品を開発する動きはアメリカ、イスラエルに集中しており、アメリカ・パーフェクトデイの約390億円、イスラエル・Remilkの約139億円など1回の投資額も大きく、この2国の開発・投資状況は他国に比較して特に活発といえる。

しかし最近では、Better DairyOnego BioProProteinFormoMightyなど欧州発のスタートアッ企業も増えており、米・イスラエルに開発で遅れを取っている状況に変化が生じ始めている。

2021年に設立されたBon Vivantは、High Flyers CapitalKima VenturesFounders FuturePicus Capitalからすでに400万ユーロ(約5億4000万円)の資金を調達している。次のステップとしてシリーズAラウンドでの資金調達を計画しており、8桁(1千万ユーロ以上)の調達を目指しているという。

精密発酵で生成される乳タンパク質は、土地利用率・水消費量が畜産より少なく、排出される温室効果ガスが少ないほか、工場で生産されるため天候の影響を受けないなど、さまざまなメリットがある。

しかし、ラボスケールから工業スケールへ移行するためには産業用設備など機器への投資が必要となる。共同創業者のStéphane MacMillan氏は「私たちは非常に資本集約的なセクターにいる」とコメントし、資金投入の必要性を強調している。

ダノンも精密発酵技術を導入か

イメージ画像

Bon Vivantは最初の乳タンパク質の生産にすでに成功している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. 豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM
  2. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  3. 韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来…
  4. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  5. 細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2…
  6. 培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約…
  7. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  8. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…

おすすめ記事

動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が開発

シアトルに拠点を置く植物肉のスタートアップ企業Rebellyous Foodsは…

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

昨今、細胞培養による代替肉、代替乳製品、代替魚、代替コラーゲン、代替チョコレート…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP