Foovo Deep

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、菌類(真菌)由来の代替タンパク質(マイコプロテイン)Promycを開発している。

Promycを使った代替肉はスウェーデンの一部レストラン、小売に導入されており、来年には年間数千トン規模の生産が可能な工場がスウェーデンにオープンする予定。

Mycorenaによると、発酵の基質(栄養源)には塊茎作物を使用することが多いが、廃棄される食品廃棄物(side-stream)を使うこともできる。Mycorenaは食品業界と協力して、どの食品廃棄物がPromycの生産プロセスに適しているかを同定する。

1回の稼働につき、10000Lまたは200kgまで食品廃棄物を使用することができるため、フードロスのソリューションにもなっている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  2. 主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康…
  3. ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKv…
  4. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  5. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  6. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  7. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  8. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…

おすすめ記事

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に自社工場を設立

中国の代替肉スタートアップ企業Starfield(スターフィールド)は、シリーズ…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP