代替プロテイン

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

 

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集めている。

VeggieVictoryはこのほど、プレシードでの資金調達完了を発表した。

このラウンドにはサステイナブル・フード・ベンチャー(SFV)、プラントベースのベンチャーキャピタルCapital V、スウェーデンのKale UnitedThrive Worldwideが参加した。

SFVはエンジェルリスト初のローリングファンド(四半期ごとに投資するサブスクリプション型のファンド)で、ビーガンペットブランドWild EarthのCEOライアン・ベザンコート氏と元Finless FoodsのMariliis Holm氏が立ち上げたもの。

 

プレシードでの調達額は明らかにされていないが、VeggieVictoryは昨年の8月にもベザンコート氏、Plant CEO創業者Anant Joshi氏などエンジェル投資家から出資を受けていた。

今回はVeggieVictoryの2回目の資金調達となる。

ナイジェリア初の植物肉フードテック企業VeggieVictory

Vchunks 出典:VeggieVictory

現在、同社の代表商品はVchunksという代替肉で、ナイジェリアの12の州で販売されている。

Vchunksはスープ、シチュー、シャワルマ、めん類、チャーハンなどあらゆる食事で使うことができる。タンパク質を豊富に含み、コレステロールフリーなVchunksはナイジェリアで製造、包装されている。

VeggieVictoryは調達した資金で、プラントベースの代替肉の種類を増やすとし、Vchunksに次いでヴィーガン用ビーフジャーキー「Kilishi」をリリースする予定だ。

出典:VeggieVictory

現在はナイジェリア国内でのみ販売しているが、アフリカのほかの国、さらには米国や欧州への展開も視野にいれている。

共同創業者のHakeem Jimo氏は、今回の資金調達について次のように語っている。

「VeggieVictoryだけでなく、プラントベース運動の次のフロンティアとしてアフリカに対し、著名な投資方の方々からご支援をいただいたことを非常に嬉しく思います」

ナイジェリアのレストランでも提供

VeggieVictoryは1月にナイジェリアの代表的な健康志向レストランNuliと提携、Nuliで100%植物ベースのVchunksを提供している。

レストランで代替肉とは知らずに料理を食べた人の反応を動画で確認できる。

Nuliとの提携のほかに、VeggieVictoryはラゴスでレストランも経営している。

アフリカが秘める代替肉市場の可能性

米シンクタンク・ピュー・リサーチ・センターの報告によると、現在、世界で最も人口の多い10カ国のうち4カ国は2100年の時点でもはやトップ10に含まれなくなる。

かわりに4カ国すべてがアフリカで急成長する国に代わるという。

現在はブラジル、バングラデシュ、ロシア、メキシコが世界で最も人口の多い10カ国に含まれるが、2100年までに、コンゴ民主共和国、エチオピア、タンザニア、エジプトがこれら4カ国を追い抜くと予想される。

さらに2100年に世界の人口トップ10に入る国の5カ国がアフリカとなり、第3位がナイジェリアになることが予想されている。

この予想どおりになると、2100年にはアフリカの人口第1位はナイジェリアとなる。

これは、アフリカの代替肉市場には大きな可能性とチャンスがあることを示しており、VeggieVictoryが狙うのがここだ。

同社は「アフリカトップのプラントベースブランドとなる」ことを目指している。

出典:VeggieVictory

現在、アフリカには植物肉のスタートアップ企業は多くない。よく知られた会社にInfinite Foodsがある。

ボツワナを拠点とするInfinite Foodsはビヨンドミート(代替肉)オータリー(代替ミルク)Good Catch(代替魚)といった有名なプラントベースブランド食品をスーパー、レストラン、ECサイトで販売している。

培養肉では、南アフリカを拠点とするMzansi Meatがある。アフリカ初の培養肉企業は2020年3月に設立された。

Mzansi Meatもまた、ライアン・ベザンコート氏から出資を受けていることは注目に値する。

ほかの培養肉企業にはMogale Meatもある。

昨今の動きをみると、中国で登場する代替肉企業が増え、中国へ進出する海外製も増えているが、次の競争の舞台がアフリカとなるのは間違いなさそうだ

 

参考記事

VeggieVictory: Global Investors Back Nigeria’s First Plant-Based Food Tech In Pre-Seed Round

VeggieVictory Closes Pre-Seed Round, Aims to Bring More Plant-Based Meats to Nigeria and Africa

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:VeggieVictory

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  2. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  3. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  4. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  5. スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェ…
  6. 代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン
  7. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  8. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…

おすすめ記事

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シード…

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(1…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP