Foovo Deep

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

 

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(約3億2千万円)を調達した。

Demetriaはコロンビアを拠点に、コーヒーサプライチェーン全体での効率化と透明性を推進するために、世界初となるコーヒー豆の品質を評価するデータクラウドを開発する。

同社のAIを活用したプラットフォームは、生産農家、取引業者、焙煎士など、これまでであれば品質評価に関われなかった人たちも対象としている。

Demetriaの技術によって、生産農家がコーヒー豆の品質を管理できるようになり、農産物に対して公正で、適切な対価を受け取ることが可能になる

これにより、コーヒー生産を持続可能性のある産業にしたいと考えている。

コーヒー豆の品質管理が抱える課題

コーヒー豆の品質は現在、カッピングという方法で評価されている。

カッピングでは、経験と資格のある人が甘味、酸味、苦味、香りなど複数の項目を総合的に見て判断する。

専門家が手動で検査するため、時間がかかり、コストのかかる工程となる。

コーヒー豆の品質評価にはカッピングが有効とされているが、人が行うため、主観的な要素が入ることを否定できない

さらに、カップリングは主に原産国以外の専門家が行うことが多いため、焙煎士や取引業者は購入した豆が輸出されるまで、その品質についてはほとんど知らないことになる。

Demetriaは、コーヒー豆生産農家がカッピングに参加できない問題点も指摘する。小規模農家の大多数は、コーヒー豆の品質を判断、管理できずにいる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  2. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogen…
  3. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…
  4. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  5. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  6. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  7. 培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最…
  8. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?

おすすめ記事

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ…

タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミートと培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は23日、タイ…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津製作所が協業

大阪大学、島津製作所、シグマクシスは「3Dバイオプリント技術の社会実装」に向けた…

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(1…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/19 17:57時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/19 11:49時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/19 23:06時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP