アグテック(AgTech)

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

>> <<

 

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(約3億2千万円)を調達した。

Demetriaはコロンビアを拠点に、コーヒーサプライチェーン全体での効率化と透明性を推進するために、世界初となるコーヒー豆の品質を評価するデータクラウドを開発する。

同社のAIを活用したプラットフォームは、生産農家、取引業者、焙煎士など、これまでであれば品質評価に関われなかった人たちも対象としている。

Demetriaの技術によって、生産農家がコーヒー豆の品質を管理できるようになり、農産物に対して公正で、適切な対価を受け取ることが可能になる

これにより、コーヒー生産を持続可能性のある産業にしたいと考えている。

コーヒー豆の品質管理が抱える課題

コーヒー豆の品質は現在、カッピングという方法で評価されている。

カッピングでは、経験と資格のある人が甘味、酸味、苦味、香りなど複数の項目を総合的に見て判断する。

専門家が手動で検査するため、時間がかかり、コストのかかる工程となる。

コーヒー豆の品質評価にはカッピングが有効とされているが、人が行うため、主観的な要素が入ることを否定できない

さらに、カップリングは主に原産国以外の専門家が行うことが多いため、焙煎士や取引業者は購入した豆が輸出されるまで、その品質についてはほとんど知らないことになる。

Demetriaは、コーヒー豆生産農家がカッピングに参加できない問題点も指摘する。小規模農家の大多数は、コーヒー豆の品質を判断、管理できずにいる。

取引業者、加工業者、輸出業者を含む、長く複雑なサプライチェーンの後半になってようやく豆の品質が決定される。

その結果、1杯2.8ドルで売られるコーヒーから、農家は平均してたった2.5%(0.07ドル)の対価しか受け取れないのが現状だ。

コーヒー産業のゲームチェンジャーになる自動品質評価技術

出典:Demetria

Demetriaはこうした問題を解決するために、コーヒー豆の最も重要な品質項目である、香りと味の評価プロセスを自動化する。

近赤外線スキャンを活用して、焙煎される前の緑色のコーヒー豆を分析し、マーカーとなる「デジタルフィンガープリント」をつくる。そして、AIをベースとしたプラットフォームが、豆のプロファイルとコーヒー豆の産業基準を照合する。

出典:Demetria

つまり、携帯スキャナーとスマートフォンがあれば豆の品質をすぐに評価できるようになった。

これは、カップリングのために豆をサプライチェーンから取り出す必要がなくなり、コーヒー豆の生産と流通のどの段階でも、品質と味を評価できるようになったことを意味する。

この技術についてCEOであり共同創業者のFelipe Ayerbe氏は

「300年にわたって原始的なサプライチェーンと職人の技に頼ってきた産業全体にとって、ゲームチェンジャーになるものです」

と語っている。

現在はコーヒーに注力しているが、この技術はココアサトウキビなどほかの商品にも適用できるとしている。

パイロット運用は成功

出典:Demetria

プレスリリースによると、DemetriaはCarcafeとのパイロット運用を成功裏に終了している。Carcafeは、世界大手企業ED&Fマンのコーヒー取引事業会社であるボルカフェのコロンビアにおけるコーヒー部門。

同社はこのほか、コロンビアのコーヒー生産者が設立した農業関連NGOであるFNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)と協業し、サプライチェーンにおける豆の品質を制御、追跡し、品質に応じて価格を決めるのに役立つアプリを共同で開発している。

今回のラウンドはCeleritasが主導し、コロンビアの金融セクター大手GrupoColpatriaの投資部門Mercantil Colpatriaのほか、個人投資家が参加した。

Demetriaのサービスにより、生産するコーヒー豆の品質を一定に保つことができるだけでなく、コーヒー生産農家が自分たちの生産物に見合う正当な対価を得られるようになる

 

参考記事

Demetria Raises $3M to Automate Coffee Bean Analysis

Replicating coffee ‘cupping’ with AI: Start-up tracks coffee quality from crop to cup

 

関連記事

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  2. マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNord…
  3. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerToma…
  4. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  5. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  6. フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円…
  7. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  8. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…

おすすめ記事

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を資金調達、2021年の市販化を目指す

このニュースのポイント 香港培養肉企業Avan…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP