Foovo Deep

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

 

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)は昨年12月、寿司バーを運営するSNOWFOXとファストカジュアルレストランを運営するPokéworksとの提携を発表した

2社との提携により、Wildtypeの細胞培養サーモンがFDAの許認可を取得後、消費者に広く提供される準備が整った。

培養サーモンのWildtype、レストラン・小売との提携を発表

出典:Wildtype

2016年にサンフランシスコに設立されたWildtypeは、魚から採取した細胞をバイオリアクターで培養することで、本物のサーモンを開発している。

同社は昨年、サンフランシスコに工場を開設した。この工場は長期的に生産能力を最大90トン(1日あたり約240キログラム)まで増産できる。

国連の2020年の報告によると、世界の魚資源の80%以上が完全に利用または乱獲されていると推定される。一方、シーフードに対する需要は増えており、世界人口と消費の増加により、2030年までにさらに2800万トンのシーフード生産が必要になると予想される

出典:Wildtype

魚を使わない代替魚は、限られた海洋資源の保護につながるだけでなく、水銀汚染、プラスチック汚染、混獲、燃料による温室効果ガス排出など、漁業を取り巻く多くの課題を回避できるため、参入するスタートアップ企業が近年急増している。

プレスリリースによると、より持続可能な水産業の促進を支援するために、Wildtypeはミッションを重視した企業を探していた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wildtype

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  2. 培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表
  3. ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培…
  4. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが…
  5. Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の…
  6. Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達…
  7. 藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Food…
  8. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…

おすすめ記事

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シード…

世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製することに成功

ノースカロライナ州を拠点とするスタートアップ企業Biomilqが、ヒトの母乳を体…

代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を発表

カリフォルニアを拠点とする代表的な代替肉企業ビヨンド・ミートは、マクドナルドとヤ…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

このニュースのポイント●培養肉パイオニアのモサミ…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP