Foovo Deep

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

 

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)は昨年12月、寿司バーを運営するSNOWFOXとファストカジュアルレストランを運営するPokéworksとの提携を発表した

2社との提携により、Wildtypeの細胞培養サーモンがFDAの許認可を取得後、消費者に広く提供される準備が整った。

培養サーモンのWildtype、レストラン・小売との提携を発表

出典:Wildtype

2016年にサンフランシスコに設立されたWildtypeは、魚から採取した細胞をバイオリアクターで培養することで、本物のサーモンを開発している。

同社は昨年、サンフランシスコに工場を開設した。この工場は長期的に生産能力を最大90トン(1日あたり約240キログラム)まで増産できる。

国連の2020年の報告によると、世界の魚資源の80%以上が完全に利用または乱獲されていると推定される。一方、シーフードに対する需要は増えており、世界人口と消費の増加により、2030年までにさらに2800万トンのシーフード生産が必要になると予想される

出典:Wildtype

魚を使わない代替魚は、限られた海洋資源の保護につながるだけでなく、水銀汚染、プラスチック汚染、混獲、燃料による温室効果ガス排出など、漁業を取り巻く多くの課題を回避できるため、参入するスタートアップ企業が近年急増している。

プレスリリースによると、より持続可能な水産業の促進を支援するために、Wildtypeはミッションを重視した企業を探していた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wildtype

 

関連記事

  1. バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが…
  2. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  3. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  4. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  5. 規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull…
  6. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  7. Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販…
  8. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…

おすすめ記事

代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年夏の稼働を目指す

代替肉企業ネクストミーツが代替肉の製造に特化した自社工場「NEXT Factor…

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ…

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

植物ベースのチキンナゲットを開発するSIMULATEがシリーズBラウンドで500…

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/06 19:36時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(10/06 13:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/07 05:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(10/06 15:37時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP